Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  > 

スタンペディア発行雑誌のご案内等(雑誌名から各サイトにリンクします)

・ [フィラテリスト・マガジン ] 購読費用 2,000円/年
   A4判フルカラーのPDF総合郵趣情報誌
   毎号100ページ超の本誌 + 5〜10本のコレクション集[付録] + 年数回の号外

・[Philatelic Journal ] 1,000円(税別)/号
   2011年から毎年一度発行されている日本フィラテリー最高峰の雑誌 ( Bilingual )
   国際切手展雑誌部門 評価最高位のLV+SP(88pts)

・[スタンプクラブ ] 無料(フリーペーパー)
   2013年創刊「30年後の郵趣人口の確保」の為に寄付してくださった郵趣家127人の意思で成立している雑誌
   本誌を元に、電子メール会員として入会した、全国の青少年郵趣家も100名になりました。

・[スタンペディアAmazon支店]
   ヒンジ・ハウイドマウントなどの郵趣文具を即日発送するインフラを作るために赤字で立ち上げたショップです


・[主催する勉強会について_]
   スタンペディアでは、製造面勉強会、国際展ルール勉強会を主催しています。



[ 2018年12月31日 00:00 ] カテゴリ:プロモーション | TB(0) | CM(1)

誕生日の消印

2018年02月04日12時53分18秒

「地元の郵便史の収集はフィラテリストのマナーです」と仰ったのは、日本人唯一のRDPの佐藤浩一さんです。その前にRDPになられた金井宏之さんは誕生日の消印を収集されておられたのをみたことがあります。

その価値が、本人以外の人にとっては下がるマテリアルの双璧が地元フィラテリーと誕生日フィラテリーで、限りなくゼロに近く下落する場合もあるのでしょうが、一般的にフィラテリーの面白さを伝える上では悪くない収集方法だと考えていて、僕も両者に取り組んでいます。先日の第1回いずみ展で冒頭に展示された近辻会長の多摩の郵便印にしても、西武線沿線で中高生時代を過ごした身としては、懐かしい地名ばかりで、(近辻コレクションには京王線沿線・小田急線沿線ももちろん含まれるが)いいなーと思い見ていました。「地元フィラテリーのコレクションは、市役所のホールとかで展示したら、一般人に郵趣振興するのに最適だと思います」という私の意見に近辻さんも大いにうなづいておられました。

さて、そんな中切手市場で見つけた42.12.28の櫛型印。私は1967年生まれなので昭和世代ですが、これは明治の方の42年です。(1909)こんなの買っても意味ないよなー。菊切手なんか興味ないし。。。と思いつついつのまにか買っていました。一般の方にとっては、台湾使用例以上の価値はないでしょう。安井さんなら「年賀状だね」、と言ってくれるかもしれません。こちらは地元フィラテリーと違い、まぁ誰も興味は持たないでしょうねぇ。とはいえ私にとっては大切な収集品としてしまっておこうと思います。


1906 1 1/2 Sen, tied by c.d.s.
TAIWAN ANPENG to Yokohama, 42 12 28 (1909)
1 1/2 Sen correctly paid for internal post card
Taiwan was a Japanese territory then
関連記事
[ 2018年02月18日 12:53 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

耳紙付きチューリッヒ6

ヨーロッパの切手を集めているので、米国のオークションハウスを使うことはあまりないのですが、地域間地域間情報格差の大きいフィラテックオークションの中級品では、時に面白いものが出てくることもあります。スイスクラシックは、世界中の人種から収集価値を認められている切手ですので、アングロサクソンの収集家も多いとは思いますが、それと同じくらい、ドイツ・スイスから移住した収集家も米国には多いことが背景にあります。

20180206_01.jpg

今回のマテリアルはそんな中after-auction-saleで残っていたもので、100USD値引きして購入しました。6ラッペンはリコンストラクションをするくらい集めている切手なのですが残念ながらこれは既に持っているポジション10です。ただ、右マージンがここまで大きい単片はチューリッヒでは珍しく、これがCorinphilaでフィーチャーされたらそれなりのお値段でしょうから、それをunsoldロットの値引きで買えるのでは、やはり定期的な米国オークションハウスのパトロールが必要だということを改めて感じます。(実際にはPhilasearch見ればいいだけですが)

耳紙を見ると、この切手が二色印刷であり、赤い背景線が引かれており、しかもそれは等間隔でないことがよくわかると思います。


1843 ZÜRICH 6 with red vertical background lines, pos.10 with right margin
tied by black ZÜRICH rosette
関連記事
[ 2018年02月12日 06:10 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

30円麻布菩薩(まふぼさつ)葉書の書留使用例

2018年02月04日12時15分27秒先日の切手市場での最大の入手品はこれ。文面は借金の返金催促で、もっともらしく作ってはありますが、600円切手の発行初日カバーで、東京中央引き受けですし、宛名人の大島さんが差出人に依頼して作成したと考えて間違いないフィラテリックカバーです。

葉書料金が20円から40円に上がる間に設けられた70日強だけの30円料金時期の葉書使用例は面白いものがたくさんあり、その筆頭は30円切手はりの選挙郵便でしょう。しかし存在点数の少なさから軍配の上がるのは書留葉書です。

葉書の特殊使用例は、速達にしろ書留にしろ、この時代も多く使われていましたが、葉書料金7円時代以降の書留葉書については借金催促をはじめとするセンシティブな内容が中心となるため、マーケットでの流通量はそれ以前に比べて格段に下がります。ましてや70日間しかなかった30円料金時代については私は寡聞にして知らない為、フィラテリックであれ、求めていた一品です。


30 Yen postalcard uprated by 1981 600 Yen, tied by c.d.s., 56.3.16 (1981)
630 Yen correctly paid for A.R. registered postalcard, 630 = 30+350+250 ,This rate was applied only for 71 days between 1981.1.20 and 1981.3.31




2018年02月04日12時26分55秒私が、この大島さんの書留葉書(配達証明)を欲しかったさらなる理由は、私自身が差し出したこの二番目の葉書にあります。やはり貼り合わせは同一ですが、私は引受時刻証明を30円料金の最終日である3月31日に作成しています。もちろんフィラテリックカバーです。

昭和56年3月31日の私は13歳の中学一年生でした。確かお小遣いは3,000円だった気がします。この頃の私は病気の経過観察で運動を禁止されていたので、後年入部する陸上競技部にも加わらず帰宅部でしたし、この日は春休み期間中でしたので、遊びに出かけていたのだと思います。この葉書を差し出したときは最後まで迷っていた気がします。引受時刻証明郵便を差し出すのも初めてでしたし、何と言っても月間予算の20%を超えるフィラテリックカバーを差し出すのは必要か否か?翌日自宅で、前日自分が差し出した葉書を受け取るもさしたる感動もなく、そのままお蔵入りして長い収集断絶期間に入ることになりましたが、これを作ったことだけは忘れませんでしたから、それくらい630円失ったことが痛かったんでしょうねぇ。笑。今となっては良い思い出とともに得難いマテリアルになりました。


30 Yen postalcard uprated by 1981 600 Yen, tied by c.d.s., 56.3.31 (1981)
630 Yen correctly paid for registered postalcard with certification of time of acceptance, 630 = 30+350+250 ,This rate was applied only for 71 days between 1981.1.20 and 1981.3.31
関連記事
[ 2018年02月10日 12:15 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(2)

世界切手展 THAILAND2018(2018年11月28日から12月3日)の要項が発表されました。

世界切手展 THAILAND2018(2018年11月28日から12月3日)の要項が発表されました。郵趣振興協会のホームページで発表されていますので、どうぞご覧ください。

郵趣振興協会(該当ページ)へ
関連記事
[ 2018年02月08日 15:31 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

関東局始政30年記念切手

2018年02月06日14時50分35秒のコピー

10銭が高嶺の花だった関東局切手も最近はすっかり安くなってきました。昨年のJPSオークションで水谷さんがカバーを購入されたのをみて、いいなーと思っていたのですが、僕はこの時代の切手は富士鹿しかやらないことにしているので、特に探してもいませんでしたが、そんな年末のタカハシスタンプオークションに出たのがこの3枚貼りカバー。

「いやー、ちょうど、富士鹿の新版で変わったカバーを探していたんですよー。なかなかいいのがなくて」と自分を納得させてフロア参戦。8万スタートで9万で落ちました。めでたしめでたし。

5厘過貼の上、オンピースなのも高くならなかった理由でしょうが、ベルギー当て書留書状というのは加点要素も大きいです。大連山縣通の書留印が一度押捺された上で、本局で張り替えられていたり、宛名が美しい筆記体だったりも、最近美観を気にしている僕の収集スタイルにとっては加点要素です。

この作品は富士鹿を8フレームで出せるようになるまでお蔵入りですが、関東局なので展示したくてウズウズしています。
関連記事
[ 2018年02月06日 15:02 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

郵博 特別切手コレクション展「第6回ヨーロッパ切手展」 参加要項(2018/11/3-4)

郵博 特別切手コレクション展「第6回ヨーロッパ切手展」 参加要項(2018/11/3-4)が、郵趣振興協会のホームページで発表されていますので、どうぞご覧ください。

郵趣振興協会(該当ページ)へ
関連記事
[ 2018年02月05日 18:21 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

本日から二日間、第1回いずみ展です。

(特非)郵趣振興協会のホームページ内でもご案内の通り、本日からまた、郵博特別切手コレクション展が始まり、展示団体にいずみ切手研究会をお迎えし、第1回いずみ展でを土日の二日間に渡り開催いたします。

いずみ切手研究会は、現在最も勢いのある地域郵趣サークルの一つで、昨日行った設営作業も多くの方が参加され、迅速に終了いたしました。本日からの二日間、多くの方にお越しいただければと思います。幸い首都圏は天候が回復し、遠出を取り止められた一般客が近場レジャーで多数スカイツリーにお越しいただけると思いますので、一般のお客様の入りには期待が持てると思います。

私も連日訪問予定ですので、皆様とお会いできますことを楽しみにしております。
関連記事
[ 2018年02月03日 01:48 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

第1回いずみ展へお越しください。

私が代表理事を務める郵趣振興協会の主催で、今週末に郵政博物館で切手展が開催されます。今回の展示団体は、これまた私がメンバーに入っている「いずみ切手研究会」です。ダウンロード閲覧も入れると二百人を大幅に超える会員のうち、首都圏に住む20人の会員が展示を行います。

同展覧会の、展示パンフレットは、以下のページでPDFを事前配布しておりますので、どうぞダウンロードの上、ご来場ください。

郵趣振興協会(該当ページ)へ
関連記事
[ 2018年01月31日 18:25 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

今年の一番切手

元旦にフィラサーチで発見した、シュリーゲルのアフターセールでのお買い物が、1月末日の今日到着しました。
1 Sgr.の使用済ブロックとしてSecond Largestの6枚ブロックです。最近は田型ではもう満足しなくなってきました。このマテリアルは多少割高で売れ残ってはいたのですが、僕にとってはラッキーでした。

リプリントと知らずに田型2点を重宝していたため、しばらく前まで1Sgr.のブロックは使用済一つだけというインパクトの弱いものでしたが、12月に入手した未使用ブロックも含めて、これで合計4点になり、国際展でも十分審査員にアピールできる陣容が揃ってきたと思います。

プロシアの6枚ブロックは、リーフのトップラインに一点だけ置くのにちょうど良い大きさで、アピーリングです。他の額面でも揃えられたらと思いますが、2 Sgr.青が最大の難関だと思います。

ところで、シュリーゲルはドイツのオークションのハウスでは中堅だと思うのですが、それらの会社はどこも脆弱な封筒でマテリアルを郵送してくるので、ヒヤヒヤすることがあります。CGやHKWI、Corinphilaなどは顧客も多く、それだけにトラブルへの事前対応の引き出しが豊富で、本当にガチガチの梱包をしてきますが、年間数億円程度の売り上げの中堅では、そこまでのノウハウはたまらないのかもしれません。

5754ssssssssss.jpg

1850 PRUSSIA 1 Sgr. block of six
four ring cancellation 1172 ( Prüm )
関連記事
[ 2018年01月31日 18:20 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索