FC2ブログ

Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  > 

スタンペディア発行雑誌のご案内等(雑誌名から各サイトにリンクします)

・ [フィラテリスト・マガジン ] 購読費用 2,000円/年
   A4判フルカラーのPDF総合郵趣情報誌
   毎号100ページ超の本誌 + 5〜10本のコレクション集[付録] + 年数回の号外

・[Philatelic Journal ] 1,000円(税別)/号
   2011年から毎年一度発行されている日本フィラテリー最高峰の雑誌 ( Bilingual )
   国際切手展雑誌部門 評価最高位のLV+SP(88pts)

・[スタンプクラブ ] 無料(フリーペーパー)
   2013年創刊「30年後の郵趣人口の確保」の為に寄付してくださった郵趣家127人の意思で成立している雑誌
   本誌を元に、電子メール会員として入会した、全国の青少年郵趣家も100名になりました。

・[スタンペディアAmazon支店]
   スタンペディアの書籍・ヒンジ・ハウイドマウントなどを取り扱っております


・[主催する勉強会について_]
   スタンペディアでは、製造面勉強会、国際展ルール勉強会を主催しています。



[ 2018年12月31日 00:00 ] カテゴリ:プロモーション | TB(0) | CM(1)

高松塚寄付金付き切手の使用例

子供の頃に未使用で後生大切に保管していた高松塚50+10円切手。今となっては未使用は50円の有価証券としての価値しかありませんし、残念ながら子供の頃の私にはその使用例を作ろうという意識も徹底されてはいませんでした。

昭和の寄付金付き切手の使用例は難しいのが定説で、熱心に収集してきたとは言えないのですが、たまたま良い使用例が入手できました。一応私も記特研メンバーなので、機会があれば、これからも拾っていこうと思います。

20180808_01.jpg

1973 50+10 Yen, a vertical pair franked with 20 Yen, tied by c.d.s.
TOKYO OSAKI STATION to Chiba, 48 8 17 (1973)
120 Yen correctly paid for registered letter sending cash,
20 for letter and 100 for registration fee

関連記事
[ 2018年08月08日 12:21 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

講演「国際切手展での審査実務」

全日展が終わりしばらく経ちます。
会期中のイベントでもっとも為になったのは間違いなく「国際切手展での審査実務」(佐藤浩一さん)という講演でした。

国内外の競争展の審査員をボランティアでしてくださる方に感謝していますが、正直、分野がどれであれど、現在の国際展でのリーダークラスでの審査実務経験が豊富な方からのアドバイスでないと、なかなか活かせないなというのがしばらく前から感じていた感想です。

そして「国際展でのリーダークラスでの審査実務経験」が豊富な日本人は、私を含めて限りなく誰もいないわけですから、国際展の審査について語りたいのであれば、この講演を聞かないという選択肢はなかったと思います。聴衆は22名。出品者もいれば国内展の審査員もいました。良い学びをした出品者は作品の改善に繋げられるでしょう。また良い学びをした審査員はより適切な審査ができる様に成長できたものと思います。

競争切手展は国際郵趣連盟が決めたルールに準拠して審査される競技です。詳細な審査規則が存在する欧米発祥のゲームに、出品者もしくは審査員として参加する事を理解した上で規則と運用を理解することが成果を最大化する出発点です。この原則を通過せずに、「自分オリジナルの〜」とか「日本独自の〜」を多用しても、出品者として良い作品は作れませんし、また審査員として適切な審査をできません。

国内審査員の評価は、同一作品を国際展に出した時にどれだけ近い点が取れるかだと私は思います。甘くつければ良いものではありませんし、厳しすぎるのも適切ではありません。大変難しい作業だと思いますからボランティアで審査員をしてくださる方には感謝しております。ただ高校野球の審判をやってるおっちゃんも、規則やその運用を知らなければ野次られるのは当然です。彼らの大半はきちんと勉強しています。国際切手展に準拠すると宣言している展覧会の審査員を引き受ける方も同様であり、規則と運用の理解を知っているのが前提です。その準備ができない間は引き受けない方が本人の為になると思いますが、そうするとJAPEXとかはテーマティク以外の分野は審査員が2,3人しかいなくなってしまうか・・・。

ちなみに全日展の審査も結果やクリティーク内容だけを見聞していると首を傾げるところがまだまだゼロにならないのですが、そもそも審査競技では誤審がある前提で競技者は競技に取り組むべきと私は考えていますし、彼らは第一に国際展規則とその運用を尊重している(様に私には見える)ので、これらの前提で見ればOKの範囲内かと捉えています。

少々脱線しましたが、本公演で配布された資料は、なんども読み返していますが、まだ自分のものにすることができていません。それだけ考えることが出てきましたし、国際展の審査規則と運用の理解について無知な点がまだまだ多い事を実感させられました。まぁこのルールを勉強することがまた競争展の楽しみの一つでもあるわけですが。大学まで部活をやっていた陸上競技のルールのことを思い出します。

関連記事
[ 2018年07月30日 23:28 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

告知:JPSアルプス・ヨーロッパ切手研究会

公益財団法人日本郵趣協会 アルプス・ヨーロッパ切手研究会は、隔月開催の例会活動を中心とするJPSの内部組織です。毎回10名ほどの参加で盛り上がっておりますが、8月の例会が近づいてまいりましたので告知します。

回数 第14回例会
日程 2018. 8.12(日曜日)
時間 14:40-16:10
場所 切手の博物館3階会議室(目白)
会費 300円

内容
発表:
・イタリア・フィラテリー
・「最近の一品」
・新人さんいらっしゃいコーナー

初めて参加される方、久しぶりに参加される方を歓迎する雰囲気の会です。
古くからの常連だけが楽しむような封建的な雰囲気を排除する様につとめておりますので、これまで参加されていない方も是非ご心配なさらずに参加してみてください。
毎回新人さんが参加されていますが、今回も早くも新人さんから参加予定のご連絡を頂いており、楽しみにしています。

「最近の一品」は、参加者が自分が最近入手した一品を解説・回覧するコーナーです。外国縛りですが、日本からのoutgoingはOKです。これは是非全員参加くらいのおつもりで、積極的にご参加ください。

入会や見学を希望される方は連絡担当世話人の吉田敬まで電子メールもしくはブログ経由のメッセージでご連絡ください。なお会の名称はアルプス・ヨーロッパですが、当会の所属会員の収集範囲は欧米全ての国を含む全世界をカバーしておりますので、次の様な方もご満足いただけるでしょう。会員数:45名。

・外国切手1カ国の専門収集家
・ゼネラルコレクター
・競争切手展参加者
・図入りリーフ愛用者
・復活組の収集家
・日本切手収集家で外国切手をサブ収集している人


20180723_01.jpg

関連記事
[ 2018年07月23日 10:10 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(1)

フィラテリストマガジンの発行について(号外「全日本切手展2018参観ガイド」)

tpmex014.jpg
フィラテリストマガジンのホームページにも掲載しましたが、号外「全日本切手展2018参観ガイド」を発行しました。(156ページだて)

皆様、ご寄稿ありがとうございました。今回の展覧会における注目の作品がかなり掲載されておりますので、どうぞお楽しみください。






関連記事
[ 2018年07月17日 09:18 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

NABA LUGANO 2018 の記録

少し前の事になりますが、5月の17日から20日にかけてスイス南部のルガーノ市で開催された国内競争展NABA LUGANO2018に参加した時の参加証明書が出てきたので、ご紹介します。

20180710_01.jpg


スイスの国内競争展は3レベルに分かれていて、トップクラスのレベル1がNABAですが、6年に一回しか開催されません。レベル1に展示できるのは、レベル2で金銀賞以上を獲得した作品のみ、レベル2に展示できるのは、レベル3で金銀賞以上を獲得した作品のみなので、スイスで国際展出品資格を獲得するのは簡単なことではありません。なお、全ての切手展が国際郵趣連盟の規則にしたがって審査を行うことを宣言しています。

私は当然レベル1の資格を持っていませんので、競争部門に展示することはできないのですが、友人経由でコートオブオナーに展示しないかというお誘いを頂戴し、喜んで参加させていただき、展示証明書をいただいたというわけです。これに副賞のアルコールがついていたのですが、その後空路で移動することと、そもそも飲酒の習慣がないことから、そのアルコールはお世話になっているディーラーにあげてしまいましたが。

このようなお誘いを通じてフィラテリーの友人の輪が広がるのは、クラブ・ドゥ・モンテカルロやフィラテリック サミットを通じて積極的に欧州のフィラテリーに関わってきた数年来の成果なのかな、と思います。以前から知っている友人を通じて新しい友人を何人も紹介してもらい、作品を展示している人とはPDFの交換の約束をし、さらに知識を高めることができます。これが欧州のフィラテリーの醍醐味なんだ、と大先輩のフィラテリストが語っていたことがようやく少しずつわかってきた気がします。

証明書の右のカバーは、国際連盟事務局の切手が貼られたカバーで、バーゼル宛です。GENEVE 国際連盟事務局 -8 X 42の差し出しです。台切手は1938年発行の風景切手ですが、描かれているのはルガーノ湖。まさにこの光景の見えるテラスで、各種パーティーは開催されていました。

20180710_02.jpg
この中では二番目に年寄りなのですが・・・
緑のパンツを履きこなすTillは古くからの友人なのですが、いつもオシャレで勉強になります。
この場では一番右のマイエルホッフさんを紹介してもらい仲良くなることができ、その後もメールのやり取りをしています。
関連記事
[ 2018年07月13日 13:37 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

富士鹿8銭赤(第1期製造分)発行年4月カバーが5.5万円で落札

第517回 JPSオークション(2018/7/7)のロット44「富士鹿 旧版8銭(187)貼、米国宛はがき、櫛欧 YOKOHAMA 28.4.22、この切手の発行年使用は意外な珍品」の結果を知りました。

最低値4,000円スタート値20,000円 落札値 55,000円(メール)

20180709_1.png

このブログでも何度か取り上げている、富士鹿8銭赤(第1期製造分)の使用例は珍しい件ですが、遂に単貼り葉書で6万越えのものが出てきたので、改めて珍しいんだなぁ、と実感しました。スタート値2万円でもすごいですが、フロアでひときざみまえの5万円まで追っかけた人がいたということですから、複数の人がこの使用例を5万円以上に評価したことになります。

以前、富士鹿赤8銭:第1期(震災前製造分)の発売局は?にて書きましたが、初期発売局は3局しか確認できておらず、長崎(1922.3月)京橋(1922.3月)横浜(1922.5月)だけでした。今回の使用例はこの横浜局の最初期使用例となります。

富士鹿切手を真剣に集めると、お金でなんとでもなる旧版改色や毛紙20銭と異なり、1922年シリーズ8銭赤の第1期製造分がなんともならないことがわかります。競争展伝統郵趣部門では最初のシリーズの充実こそが最重要ですので、この点が収集の難しさと共に収集の奥深さを見せるポイントかなと思います。


関連記事
[ 2018年07月09日 19:23 ] カテゴリ:富士鹿・風景 | TB(0) | CM(0)

電子書籍「ガイコクキッテノアツメカタ」

http://p.booklog.jp/book/122554(有料:250円)
これはいわゆる、おおたブログだな。。。
関連記事
[ 2018年07月07日 21:45 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(3)

「競争切手展に出品するリーフの作り方 テーマティクコレクション編」が入荷しました

スタンペディアは、7月1日に三冊の単行本を発行しますが、そのうちの一冊「競争切手展に出品するリーフの作り方 テーマティクコレクション編」(榎沢祐一 著)が本日入荷されてきました。製本上の問題もなく、図版写真も概して鮮明で、なかなかの出来栄えとなりました。A4カラー150ページで2,500円です。(天とじ。発行部数200部)

これにて7月1日発行予定の書籍全てが入荷しましたので、本日・明日で予約購入のお申し込みをいただいた方に発送いたします。
20180704_01.jpg
関連記事
[ 2018年07月04日 12:01 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

和欧文機械印の研究 第1期 1968-1979 納品されました

スタンペディアは、7月1日に三冊の単行本を発行しますが、そのうちの一冊「和欧文機械印の研究 第1期 1968-1979」が本日入荷されてきました。製本上の問題もなく、図版写真も概して鮮明で、なかなかの出来栄えとなりました。

こちらは、6月30日ー7/1日の第3回郵博特別切手コレクション展にて先行販売したのち、7月2日の週前半に予約販売された方への発送を開始する予定です。A5カラー110ページで1500円です。(発行部数100部)

20180629_01.jpg
関連記事
[ 2018年06月29日 10:52 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索