FC2ブログ

Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  > 

「広く浅く買われている昨今の日本切手」について(「現代切手収集家」ブログのご紹介)

フィラテリーに関する論理的で建設的なオピニオンは、昨今あまり多くないというのが私の感じるところです。紙媒体にせよSNSにせよ無難な付き合いを維持する為に、思うところをあまり掲載しない風潮が多いのかもしれません。

これらは、(1)論理破綻した自分の願望する状況が所与のものとして与えられた前提による「意見表明」や、(2)建設的でない自分の感情に赴くがままの「単なる感情の吐露」とは異なるものであり、フィラテリーがより成長する為に欠かせないものであり、多くの方がそのような機会を持ってくれたら良いと常々思っております。

私のブログで常々取り上げている池田健三郎氏のブログ「切手と郵便に親しみ 時代を読み解く」は、これらを満たすものであり、すでに多くの方がご覧になっておられると思います。もっとも私は彼のオピニオン全てに賛成ではありません。賛意を示すオピニオンも多くありますが、疑問を呈するオピニオンも一つや二つではありません。

もっともそれはそれで良いのだと思います。い大人二人がいたら、意見の違いが一つや二つあるのは当たり前のことで、互いの意見の相違を尊重した上で、議論を建設的に行えば良いだけの話で、意見が異なったからといって瞬間湯沸かし器のように、感情を持ち込んでしまうような未成熟な大人になってはダメだと私は思います。

そんな私が以前から注目しているフィラテリーに関するオピニオンを時々掲載しているのが、山崎太郎氏のブログ「現代切手収集家」です。その最新ポストである「広く浅く買われている昨今の日本切手」は、非常に感銘を受けたオピニオンです。

私も何度も書いていますが、我が国でフィラテリーが下火になりつつあり、新規参入者が減っているのは、日本郵便による切手の乱発が原因ではなく、単純に他の趣味に比べてフィラテリーの相対的魅力が減少した為です。日本郵便による多種多様な意匠の切手の発行はフィラテリーへの導入機会の増加と捉えるべきですが、それを活かせていないと言うのが正しい認識ではないかと思います。何しろフィラテリーに関する導入書がないと言う時点で、囲碁・将棋・鉄道・薙刀・百人一首・俳句など全てに負けている訳で「郵政が切手を乱発するから子供が切手に興味を示さなくなっている」「こんな楽しい趣味を何故始めないのか」などと言う、すでに答えが出ている、事態の解決に一切奏功しない疑問を持っても時間の無駄だと思います。

今回の山崎さんのオピニオンは、この点について私と同じ考えに立つものですが、「日本郵便による多種多様な意匠の切手の発行はフィラテリーへの導入機会」である点について、日本郵便の経営や切手発行施策についての考え方を解析したものであり、より深いオピニオンになっています。ぜひご一読いただくことをお勧めいたします。



関連記事
[ 2019年02月10日 10:19 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(1)

国際切手展凱旋展2019 出品作品の発表

来月3月8日から3月10日までの会期にて、郵政博物館で開催されます「国際切手展凱旋展2019」について、郵趣振興協会のホームページにて発表がありましたので、ご報告いたします。














関連記事
[ 2019年02月09日 09:29 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

第2回いずみ展のパンフレットが納品されてきました。

スタンペディアは、郵博特別切手コレクション展を後援していますが、2019年一発目となります「第2回いずみ展」が色々な方のブログで既報の通り、今週末に開催されます。このパンフレット編集もスタンペディアで協力させていただいているのですが、無事納品されてきましたので、ご紹介します。

昨年途中までは一展覧会300部だったのですが、場所柄が良いだけに300部では不足することが続いたため、最近は500部製作しています。当日は展示団体の皆様の晴れ舞台となりますが、盛会を祈念すると共に私も会場にお邪魔したいと考えております。

20180128.jpg
関連記事
[ 2019年01月28日 14:27 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

第2回いずみ展の展示作品解説パンフレットのダウンロードが開始されました。

(特非)郵趣振興協会のホームページで、来週末開催予定の第2回いずみ展の展示作品解説パンフレットのダウンロードが開始されました。どうぞご利用ください。そしてご来場お待ちしております。

2018-07パンフレット表紙
関連記事
[ 2019年01月24日 09:03 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(2)

「追放切手」 納品されてきました

スタンペディアは、1月15日に「(仙台郵趣会叢書2)追放切手 木村勝が残した資料『追放郵便切手関係文書綴』」を発行するとアナウンスしておりましたが、無事に納品されてきました。

予約者への発送は1/15を予定しておりますが、本日の仙台駅近くで開催される「仙台郵趣会・新年会」および明日池袋駅近くで開催される「いずみ切手研究会・新年会」の二つの催事にはそれぞれ20部ずつ持参し、希望者に先行販売を予定しておりますので、ご希望される方はお声がけください。(仙台郵趣会では場所が許せば、スタンペディア のブースを出展予定です)

20190113_1.jpg


書籍名称:追放切手
副  題:木村勝が残した資料「追放切手関係文書綴」
編著者 :横山 裕三 齋 享
書籍体裁:A5判 フルカラー 50ページ
発  行:無料世界切手カタログ・スタンペディア株式会社
書籍価格:1,080円(消費税込)
発売日 :2019年1月15日
関連記事
[ 2019年01月13日 04:02 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

1922年シリーズ 8銭 震災前製造分 二次素版 10TypeのアニメーションGIF

富士鹿8銭第1期アニメ軽量先日ご案内した方法は大変好評でしたので、今度は八銭を作ってみました。

外信葉書用額面である八銭切手の需要は、四銭、二十銭にもまして少なかった為、この切手は日本初のプレミアムのついた現行切手となり、1922年に額面以上の金額で取引されていた逸話が残っています。

そして1923年9月の関東大震災で在庫分が焼失してしまった為、震災前製造分は、未使用/使用済みとも大変少なく、富士鹿・風景切手収集の最難関であると言われています。もっともこのことはあまり知られていない為、1929年シリーズ DIE I(改色旧版)八銭や1937年毛紙二十銭に比べるとまだまだ掘り出すことが可能で、私も色々な使用例を探しているところです。

それよりも難しいのは未使用マルチプルで、銘版付き4枚ブロック以上の未使用はみたことがなかったのですが、数年前に70枚ブロック(シートの上7段)を入手しました。銘版部分がない為、1,3,4期のいずれに該当するかは、シェードや罫線をみて判断したのですが、本調査で版の観点からも第1期であることを明治できれば良いなと考えています。

二次素版の調査でもっとも大変なのは、違いの有無の発見ですが、この方法は、アニメを作った後は、そのパラパラ動画をボーっつみてるだけで済むので、これが本当のズボラさんなのです。本方法は画像認識処理などという高度なものではなく、1995年のインターネット業界でネットスケープの新しいバージョンで試せた枯れた技術ですから、是非一般の方が試せるように、フィラテリストマガジン22号で記事を書いてみようかと思っています。

ちなみに今の所次の点が気づきました。(まだマルチプルの実物には当たっていません)
・Typeにより8の字体に明らかな太い細いがある
・Type IVの菊花紋章左上部が白抜けしていない

関連記事
[ 2019年01月11日 14:51 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

国際展参加資格を狙いたいと思う方にオススメする本の案内(本代:250円)

19767376615b30e1c8d2083614127652_l.jpgご案内

書籍名:外国切手の集め方
提供法:電子書籍
価 格:250円
入手先:http://p.booklog.jp/book/122554


これを読んで、国際展初出品から10年以内に大金銀賞以上に到達した人が、私の知る限り3人います。








関連記事
[ 2019年01月08日 15:37 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

ALPS ヨーロッパ切手研究会

松の内も終わりに近くなってきましたが、今年初ポストになります。年賀挨拶は、フィラテリストマガジンで散々やりましたので割愛して、まずは切手サークルのご案内から。
JPSの内部組織である「 ALPS ヨーロッパ切手研究会」は、所属する会員全員の収集範囲を合わせると全世界に匹敵する外国切手の収集サークルで、隔月で開催される例会を活動の主軸に置いています。
本年の例会開催予定

2/10 切手の博物館
4/?? 切手の博物館もしくはスタンプショウ会場
6/ 9 切手の博物館
8/11 切手の博物館
10/13 郵政博物館
12/?? 切手の博物館
原則として、偶数月・第二日曜日 14:40-16:10に切手の博物館で例会を開催しておりますが、所属会員の多くが出品するヨーロッパ切手展が開催される時は、郵政博物館で例会を開催し、作品解説と懇親会を開催しております。
これに加えて本年は、スタンプショウで特別例会を開催できないかと考えております。(JPSが募集要項を未発表のため、日程は未定)また12月は師走でスケジュールが定まらないため、こちらも日程がまとまっておりません。
会報など
当会の会費は0円です。
例会活動以外のコミュニケーションの大半をインターネットで完結することにより無駄な経費を抑えています。後述するとおり、会報を郵送で受け取りたい場合は年会費3000円(4/1-翌3/31)でご提供いたします。入会するとメーリングリストに加わり、そこで各種連絡や質疑応答・交流が可能です。
会報はこれまでに7号まで発行しました。
当研究会の活動において会報発行は優先順位が劣るものになりますが、JPSの研究会の条件が会報発行ですので、JPSの内部組織にとどまる間は当然その条件を守っており、カラー16ページ立ての会報を年4回発行しております。
ヨーロピアンフィラテリー01ヨーロピアンフィラテリー02ヨーロピアンフィラテリー03ヨーロピアンフィラテリー04ヨーロピアンフィラテリー05ヨーロピアンフィラテリー06ヨーロピアンフィラテリー07
入会希望の方は本ブログのコメント欄等にてご連絡ください。手続きをご案内いたします。
2/10の例会会場へのお越しも歓迎しますが、事前にご一報いただければより快適な初参加が可能になると思います。


入会案内

年会費  メール会員 0円(会報はインターネットで受け取り)
郵送会員  3000円
対象 外国切手を伝統郵趣、郵便史、国別収集の観点から収集しているフィラテリスト、ゼネラルフィラテリスト
(当会は、競争切手展への参加意欲の有無は問いません)
*新規入会にあたり入会審査はありませんが、メーリングリストで管理人の指摘にも関わらず不適切な発言を繰り返された場合は、メーリングリストの利用が停止されます。またメール会員への再入会にあたっては審査を行います。
関連記事
[ 2019年01月07日 15:33 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(5)

スタンペディア発行雑誌のご案内等(雑誌名から各サイトにリンクします)

・ [フィラテリスト・マガジン ] 購読費用 3,980円/年
   A4判フルカラーのPDF総合郵趣情報誌
   毎号100ページ超の本誌 + 5〜10本のコレクション集[付録] + 年数回の号外

・[Philatelic Journal ] 1,000円(税別)/号
   2011年から毎年一度発行されている日本フィラテリー最高峰の雑誌 ( Bilingual )
   国際切手展雑誌部門 評価最高位のLV+SP(88pts)

・[スタンプクラブ ] 無料(フリーペーパー)
   2013年創刊「30年後の郵趣人口の確保」の為に寄付してくださった郵趣家127人の意思で成立している雑誌
   本誌を元に、電子メール会員として入会した、全国の青少年郵趣家も100名になりました。

・[スタンペディアAmazon支店]
   スタンペディアの書籍・ヒンジ・ハウイドマウントなどを取り扱っております


・[主催する勉強会について_]
   スタンペディアでは、製造面勉強会、国際展ルール勉強会を主催しています。



[ 2018年12月31日 00:00 ] カテゴリ:プロモーション | TB(0) | CM(1)

スタンペディアカレンダー

今年から発行を始めたスタンペディアカレンダーですが、来年2019年用も作成しております。

20181226_01.jpg

こちらは「スタンペディア日本版」の会費更新の早期対応促進策の一つとして、実はサプライズプレゼントで先着444名様に発送済み(第21号冊子に同梱)です。祝日の決定が遅く、来年のカレンダー作りはどこも皆大変だった様ですが、当社も同じで、なんとかギリギリ対応できたという感じです。

このカレンダーは愛用してくださる方も少なくなく、催事などでも好評ですので、冬の風物詩として、長く続けていくことができたらと考えています。また表記の改善やコンテンツの充実など、毎年一つでも改善していくことができたらと考えておりますので、ご期待ください。



フィラテリストマガジン について

tpm021.jpg5年前の2013年12月15日に創刊した「フィラテリストマガジン」は今月発行の第21号をもって5周年を迎えました。当初は私の知り合い約30名程度の購読から始まった雑誌ですが、おかげさまで会員数500名を突破し、来年は600名を目指して、現在も毎日ご入会のお問い合わせをいただいております。

寄稿誌ですので内容には元から自信があったのですが、編集や体裁も徐々に整備されてきて、現在は表紙をPP加工した豪華なA5判の冊子を全ての会員にお届けできるまでに成長いたしました。今回も含めて、この間、一度も大きな遅刊なく発行できましたことは、スタッフの皆さんの頑張り、そしてご寄稿者の皆さんの協力のおかげで、改めて感謝したいと思います。

また創刊以来提供しているPDF版は、冊子よりも到着が早く検索性が高いため、多くの会員に愛用されています。今後は検索性をより高めるために記事索引の充実に力を入れたいと考えております。

これからのご入会を検討したい方は以下のホームページへどうぞ。

関連記事
[ 2018年12月26日 17:15 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(1)
このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索