FC2ブログ

Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  未分類

公益財団法人日本郵趣協会 アルプス・ヨーロッパ切手研究会 第23回東京例会 開催のご案内

「世話人が話す時間を短く」をモットーとする例会運営を目指しているALPSヨーロッパ切手の会(公益財団法人日本郵趣協会 アルプス・ヨーロッパ切手研究会)は、外国切手収集を伝統郵趣的もしくは郵便史的に収集されていらっしゃる方であれば、入会に値する切手サークルではないかと思います。電子メールをお持ちであれば会費は無料です。(なお例会参加費は、例会参加時に徴収します) 東京例会を、下記日程で開催しますのでご案内します。

東京例会 
2月9日(日) 
14:40-16:10 
切手の博物館(目白) 
会費 300円

東京例会には、毎回10名前後の会員が参加しています。例会のメインは、ひたすら「最近の一品」の発表です。「最近の一品」は、参加者が自分が最近入手した一品を解説・回覧するコーナーです。外国縛りですが、日本からのoutgoingはOKです。全員参加くらいのおつもりで、積極的にご参加ください。例会終了後は希望者で二次会を行いたいと考えています。

なお、初参加の方は事前にご連絡を頂ければ、急な予定変更がある際にもご連絡が可能ですので、本ブログポストにコメントするか、私のメアドを知っている方はそちらへご連絡ください。

また、東京例会とは別に、第3回大阪例会も、関西メンバーが準備中で、私も参加予定です。

20190812_01.jpg
8月例会の様子
[ 2020年01月24日 00:00 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

単行本2冊+α 準備中

郵便史の単行本2冊を2月以降に発行予定です。ただいま発行に向けて準備中です。それと並行して、マライカタログも3月発行に向けて著者とミーティングを繰り返してます。ちょっと暇な一月に一気に進めている感じです。
[ 2020年01月23日 08:03 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

いずみ研究会例会で買ったもの!

500円でした。こういうの好き。子供の頃に憧れた切手を安く買える今はある意味幸せですよね。

20200120_4.jpg
[ 2020年01月22日 00:01 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

たんぶるぽすと 2020年2月号 到着

20200120_3.jpg掲題の雑誌が到着しました。今号はおまけが満載。フィラテリストマガジン25号に加えて、スタンペックスジャパン2020のチラシとチケットも入っていました。これは良い宣伝効果ですね。山崎さんありがとうございます。

記事の方は、石川さんの金子入り書状についてで、丁度昨年末の鳴美オークションで一通買ったところでしたので、勉強することにしました。これまでにも石川さんのコレクションや郵趣研究、菊田沢の例会で見聞してきたのですが、まだ理解不足な点もあるので、良い機会になりました。 





[ 2020年01月21日 00:00 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

スタンペックスジャパン2020 を切手市場が後援!

郵趣振興協会のHPにて発表されましたが、切手市場が、スタンペックスジャパン2020 [2020年3月6日(金)~10日(火)郵政博物館にて開催]を後援することが発表されました。


これにより、同展覧会の支援の輪はまた一つ広がった事になります。 
協賛:スタンペディアプロジェクト 
後援:カルトールセキュリティプリンティング社、切手市場、(一社)全日本郵趣連合 株式会社鳴美、(公財)日本郵趣協会(50音順) 

今から3月が楽しみです。



[ 2020年01月20日 17:04 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

郵政省発行、郵便線路図

昨日のいずみ切手研究会の定例会で片隅で売られていた書籍にひと目見ただけで欲しくなる物がありました。昭和27年7月改正の郵便線路図です。(1952年、当時の郵便料金は書状10円、葉書5円)

日本全国の地図に図のように郵便線路が描かれており、1952.7月から一定の期間のものではあるものの、その前後も恐らくこうであったろうという推測がしやすい作りとなっています。なかなか良い書籍を買わせていただきました。昨日一番の収穫でした。
20200120_1.jpg
[ 2020年01月20日 08:23 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(11)

一月に5つものフロアオークションを経験できる幸せ

1/7に初買いという記事を書きましたが、日本のオークションにもなんだかんだ参加しています。
1月は下記5つのフロアセールが予定されていますが、

1/18 JPSオークション 第525回セール
1/25 スターオークション 第49回セール

僕は全ての会場に足を運び参加する予定です。というのも、昨年末にベテランフィラテリストの方数名とお話をしたことがきっかけでした。
僕の場合は伝統郵趣はスイスクラシックという古い時代をやっているので、日本の手彫は多くの方に勧められるもののイマイチ食指が動きません。あるテーマの郵便史なら面白いかもな?と昨年末にちょっと感じたのですが、日本のフィラテリーは初心者なので、買う以前にまずは、オークションクラスのマテリアルを一つでも多く目にしておこうというのが参加の目的で、5つもセールがある月がすぐあったのはラッキーでした。

タカハシ 、ジャパンは当然手彫りに強いわけでもちろん今日のタカハシも参加予定ですが、それに加えて今月と3月の日フィラにはすごい手彫りが出品されています。これはまず絶対参加です。幸い1/26開催で、前日の1/25に開催されるスターオークションとは一日ずらしていただけたので、両方に参加することが可能です。

スターのカタログは今朝時点では未着ですが、僕は局留発送なので、おそらく週が明けた明日月曜日には届くのではないかと思います。郵便史に強いオークションハウスなので、ひょっとしたら手彫や小判の使用例があるのではないかと期待しています。

それに加えてJPSオークションには今後、手彫の強い出品物が集まっていると聞いています。同オークションは特に、長野さんがスタッフに関わってから改善されているなぁと思います。昨日のセールでもカタログの並びが切手の順になっていましたが、これって、これまでは大手ではスタンペディアオークション でしかやっていなかったことなのです。新年度は売上も1.5倍くらいに伸びるんだろうなぁと思って見ています。良きスタッフを得て、JPSオークションはこれから史上最盛期を迎えるような気がします。

これら各社の影に隠れていますが、木戸くんのところも一月のセールでは良い手彫りがたくさんありました。下の写真は、先週のスタンペディアオークション の様子です。僕の立場は出資者で、フロアオークション当日の進行には関わっていませんが、12回目にしてようやくちゃんとしたオークションになったなあ、と後ろから見ていて、感心していたところです。とはいえ後発企業が他と同じ水準のサービスを提供しても勝てるわけではないので、これからも顧客満足度を高めるように頑張ってほしいなと思います。

これらのセールに参加させていただいて、日本のフィラテリーはもちろん、競争展の郵便史も僕は初心者ですので、色々なマテリアルを手にして一つずつ勉強していきたいと思います。日本に住みながら外国切手を集めている身からすると、一月の間に5つものオークションセールが開催され、そこそこのレベルのマテリアルの現物を手にとってみることができる上、説明もある程度聴けるような環境というのは、やはり集めやすさを感じます。スイスがある程度ひと段落しないとビッグマテリアルはとても買えないとは思いますが、早めにコレクションの骨格は作っていくことができればと考えています。

20190119_1.png
[ 2020年01月19日 08:12 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

第3回いずみ展の展示作品解説パンフレットが公開されました

郵趣振興協会のホームページで、第3回いずみ展の展示作品解説パンフレットが公開されましたので、ご覧ください。私は長らく同会の会員ですが、会員の皆さんが盛り上がっている中、主催者として黒子に徹しようと考え、過去の展覧会では作品の展示を控えさせて頂いていたのですが、3回目となり盟友の近辻会長より出品のご依頼を頂戴しましたので、熟考して新作「練馬」を出品する事にしました。

このテーマで展示に耐えうる魅力のある作品を作るのはなかなか苦労しますが、近年の私の作品作りとしては、プロイセンや富士鹿並に推敲と改善を施していますので、(まぁtreatment上限界はありますが)現時点でのベストの作品を準備できればなと考えております。

私の場合、2020年代最初の展覧会がこの第3回いずみ展になります。
展覧会をやらないと、切手サークルの活動はどうしても衰退しがちです。
同研究会の活動には敬意を評します。




[ 2020年01月18日 00:01 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

スタンペックスジャパン2020にJPSが後援!

郵趣振興協会のHPにて発表されましたが、公益財団法人 日本郵趣協会が、スタンペックスジャパン2020 [2020年3月6日(金)~10日(火)郵政博物館にて開催]を後援することが発表されました。

これにより、同展覧会の支援の輪はまた一つ広がった事になります。

協賛:スタンペディアプロジェクト
後援:カルトールセキュリティプリンティング社、(一社)全日本郵趣連合
株式会社鳴美、(公財)日本郵趣協会(50音順)

今から3月が楽しみです。

[ 2020年01月17日 14:00 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

スタンペックスジャパン2020の招待券

スタンペックスジャパン2020を含む、今年2−4月の郵政博物館の招待券のサンプルが納品されてきました。スタンペディアはプラチナスポンサーなので、100枚ほど頂ける事になっていますので、有効活用したいと考えております。

それにしても気になるのは「パンダたいそう」です。一体どんなのだろう・・・。

202001016_1.jpg
[ 2020年01月16日 16:23 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(1)
このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索