Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  未分類

ダブルジュネーブ初期?

20180220_1.jpg私のスイスクラシックで、チューリッヒやバーゼルに比べて格段に弱いと言われていたジュネーブですが、韓国世界展以来の4年間でそれなりに補強し、Wrong Cut二点や重量便、過渡期のカバー、珍しい消印など、それなりにそろってきました。

加えてオンピースでも良いので初期の使用例を入手するように心がけています。初期に該当するか否かについては、Schäferの書籍にまとめられているので、実は日本切手よりも簡単明瞭です。そんな中ある日ドイツのローカルオークションに出ていたのが、このきったないオンピース。カットインもしていて、普通なら手を出さないマテリアルです。

記述は下記の通り。
5 C. schwarz auf gelbgrün, linke Hälfte der "DOPPELGENF", farbfrisch, oben berührt, links teilweise Lupenrand mit besonders schön zentrisch aufgesetzter roter Genfer Rosette auf Briefstück mit beigesetztem K2 "GENEVE 1.NOV.58.". Eine frühe Verwendung dieser Ausgabe! Fotoattest Alain von der Weid/SBPV. SBK 12000,- Sfr.
ダブルジュネーブ左側5c 緑紙に黒で印刷・・・ふむふむと読んでいって、最後の部分で目が点になりました。1858.11.1のジュネーブ印。

この切手は、1843年9月30日発行で、1849年には統一郵政の切手が登場しますから、仮に1858年の使用例などがあれば、大変なことで、少なくともこれまでには知られていませんから新発見ですが、私はディスクライバーの読み間違いもしくは誤植を疑いました。なぜなら、消印が1843年当時に使用されていたものだったからです。案の定、年号の下2桁は58ではなく、43でした。カントン収集家ならわかるのですが、ジュネーブの4の数字は4に見えづらいので、その点もポイントです。

そもそもダブルジュネーブの初年度使用例は、カバーの状態では9通しか発見されていませんし、その大半が11月、12月使用例で、10月は確か1通だったはずというデータが頭の中にあったので、このオンピースは暫定二位という古い使用例になります。

実はペア(市外便)よりも単片(市内便)の方が珍しいので、もう少し大きなオンピースで宛先まで読めればさらに珍しさを訴求できますが、さすがに、これだけでは2枚貼りの部分である可能性を否定できません。とはいえ知識のある収集家にとっては説明のしどころ満点のマテリアルですし、熟練のエグジビターにとっては、いかに魅力的なピースであると審査員に思わせるかという点も楽しみな使用例です。

スイスクラシックの入手先の大半は、スイス国内のディーラー及びオークションハウスになりますが、丹念に米国やドイツなど外国のオークションハウスを当たっていると、時々こうしたラッキーに出会います。スイスカントンの大物コレクターのハッカメイさんやゴゲールさんは、このような地道なネット活動をやるはずもないので、このあたりで頑張ることは差別化の一つです。まぁ気長にやります。





[ 2018年02月20日 14:34 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

「安藤源成展」まであと十日余り

郵博 特別切手コレクション展「安藤源成展」のご案内が、郵趣振興協会のホームページで発表されていますので、どうぞご覧ください。

郵趣振興協会(該当ページ)へ
[ 2018年02月19日 08:49 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

誕生日の消印

2018年02月04日12時53分18秒

「地元の郵便史の収集はフィラテリストのマナーです」と仰ったのは、日本人唯一のRDPの佐藤浩一さんです。その前にRDPになられた金井宏之さんは誕生日の消印を収集されておられたのをみたことがあります。

その価値が、本人以外の人にとっては下がるマテリアルの双璧が地元フィラテリーと誕生日フィラテリーで、限りなくゼロに近く下落する場合もあるのでしょうが、一般的にフィラテリーの面白さを伝える上では悪くない収集方法だと考えていて、僕も両者に取り組んでいます。先日の第1回いずみ展で冒頭に展示された近辻会長の多摩の郵便印にしても、西武線沿線で中高生時代を過ごした身としては、懐かしい地名ばかりで、(近辻コレクションには京王線沿線・小田急線沿線ももちろん含まれるが)いいなーと思い見ていました。「地元フィラテリーのコレクションは、市役所のホールとかで展示したら、一般人に郵趣振興するのに最適だと思います」という私の意見に近辻さんも大いにうなづいておられました。

さて、そんな中切手市場で見つけた42.12.28の櫛型印。私は1967年生まれなので昭和世代ですが、これは明治の方の42年です。(1909)こんなの買っても意味ないよなー。菊切手なんか興味ないし。。。と思いつついつのまにか買っていました。一般の方にとっては、台湾使用例以上の価値はないでしょう。安井さんなら「年賀状だね」、と言ってくれるかもしれません。こちらは地元フィラテリーと違い、まぁ誰も興味は持たないでしょうねぇ。とはいえ私にとっては大切な収集品としてしまっておこうと思います。


1906 1 1/2 Sen, tied by c.d.s.
TAIWAN ANPENG to Yokohama, 42 12 28 (1909)
1 1/2 Sen correctly paid for internal post card
Taiwan was a Japanese territory then
[ 2018年02月18日 12:53 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

耳紙付きチューリッヒ6

ヨーロッパの切手を集めているので、米国のオークションハウスを使うことはあまりないのですが、地域間地域間情報格差の大きいフィラテックオークションの中級品では、時に面白いものが出てくることもあります。スイスクラシックは、世界中の人種から収集価値を認められている切手ですので、アングロサクソンの収集家も多いとは思いますが、それと同じくらい、ドイツ・スイスから移住した収集家も米国には多いことが背景にあります。

20180206_01.jpg

今回のマテリアルはそんな中after-auction-saleで残っていたもので、100USD値引きして購入しました。6ラッペンはリコンストラクションをするくらい集めている切手なのですが残念ながらこれは既に持っているポジション10です。ただ、右マージンがここまで大きい単片はチューリッヒでは珍しく、これがCorinphilaでフィーチャーされたらそれなりのお値段でしょうから、それをunsoldロットの値引きで買えるのでは、やはり定期的な米国オークションハウスのパトロールが必要だということを改めて感じます。(実際にはPhilasearch見ればいいだけですが)

耳紙を見ると、この切手が二色印刷であり、赤い背景線が引かれており、しかもそれは等間隔でないことがよくわかると思います。


1843 ZÜRICH 6 with red vertical background lines, pos.10 with right margin
tied by black ZÜRICH rosette
[ 2018年02月12日 06:10 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

30円麻布菩薩(まふぼさつ)葉書の書留使用例

2018年02月04日12時15分27秒先日の切手市場での最大の入手品はこれ。文面は借金の返金催促で、もっともらしく作ってはありますが、600円切手の発行初日カバーで、東京中央引き受けですし、宛名人の大島さんが差出人に依頼して作成したと考えて間違いないフィラテリックカバーです。

葉書料金が20円から40円に上がる間に設けられた70日強だけの30円料金時期の葉書使用例は面白いものがたくさんあり、その筆頭は30円切手はりの選挙郵便でしょう。しかし存在点数の少なさから軍配の上がるのは書留葉書です。

葉書の特殊使用例は、速達にしろ書留にしろ、この時代も多く使われていましたが、葉書料金7円時代以降の書留葉書については借金催促をはじめとするセンシティブな内容が中心となるため、マーケットでの流通量はそれ以前に比べて格段に下がります。ましてや70日間しかなかった30円料金時代については私は寡聞にして知らない為、フィラテリックであれ、求めていた一品です。


30 Yen postalcard uprated by 1981 600 Yen, tied by c.d.s., 56.3.16 (1981)
630 Yen correctly paid for A.R. registered postalcard, 630 = 30+350+250 ,This rate was applied only for 71 days between 1981.1.20 and 1981.3.31




2018年02月04日12時26分55秒私が、この大島さんの書留葉書(配達証明)を欲しかったさらなる理由は、私自身が差し出したこの二番目の葉書にあります。やはり貼り合わせは同一ですが、私は引受時刻証明を30円料金の最終日である3月31日に作成しています。もちろんフィラテリックカバーです。

昭和56年3月31日の私は13歳の中学一年生でした。確かお小遣いは3,000円だった気がします。この頃の私は病気の経過観察で運動を禁止されていたので、後年入部する陸上競技部にも加わらず帰宅部でしたし、この日は春休み期間中でしたので、遊びに出かけていたのだと思います。この葉書を差し出したときは最後まで迷っていた気がします。引受時刻証明郵便を差し出すのも初めてでしたし、何と言っても月間予算の20%を超えるフィラテリックカバーを差し出すのは必要か否か?翌日自宅で、前日自分が差し出した葉書を受け取るもさしたる感動もなく、そのままお蔵入りして長い収集断絶期間に入ることになりましたが、これを作ったことだけは忘れませんでしたから、それくらい630円失ったことが痛かったんでしょうねぇ。笑。今となっては良い思い出とともに得難いマテリアルになりました。


30 Yen postalcard uprated by 1981 600 Yen, tied by c.d.s., 56.3.31 (1981)
630 Yen correctly paid for registered postalcard with certification of time of acceptance, 630 = 30+350+250 ,This rate was applied only for 71 days between 1981.1.20 and 1981.3.31
[ 2018年02月10日 12:15 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(2)

世界切手展 THAILAND2018(2018年11月28日から12月3日)の要項が発表されました。

世界切手展 THAILAND2018(2018年11月28日から12月3日)の要項が発表されました。郵趣振興協会のホームページで発表されていますので、どうぞご覧ください。

郵趣振興協会(該当ページ)へ
[ 2018年02月08日 15:31 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

関東局始政30年記念切手

2018年02月06日14時50分35秒のコピー

10銭が高嶺の花だった関東局切手も最近はすっかり安くなってきました。昨年のJPSオークションで水谷さんがカバーを購入されたのをみて、いいなーと思っていたのですが、僕はこの時代の切手は富士鹿しかやらないことにしているので、特に探してもいませんでしたが、そんな年末のタカハシスタンプオークションに出たのがこの3枚貼りカバー。

「いやー、ちょうど、富士鹿の新版で変わったカバーを探していたんですよー。なかなかいいのがなくて」と自分を納得させてフロア参戦。8万スタートで9万で落ちました。めでたしめでたし。

5厘過貼の上、オンピースなのも高くならなかった理由でしょうが、ベルギー当て書留書状というのは加点要素も大きいです。大連山縣通の書留印が一度押捺された上で、本局で張り替えられていたり、宛名が美しい筆記体だったりも、最近美観を気にしている僕の収集スタイルにとっては加点要素です。

この作品は富士鹿を8フレームで出せるようになるまでお蔵入りですが、関東局なので展示したくてウズウズしています。
[ 2018年02月06日 15:02 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

郵博 特別切手コレクション展「第6回ヨーロッパ切手展」 参加要項(2018/11/3-4)

郵博 特別切手コレクション展「第6回ヨーロッパ切手展」 参加要項(2018/11/3-4)が、郵趣振興協会のホームページで発表されていますので、どうぞご覧ください。

郵趣振興協会(該当ページ)へ
[ 2018年02月05日 18:21 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

本日から二日間、第1回いずみ展です。

(特非)郵趣振興協会のホームページ内でもご案内の通り、本日からまた、郵博特別切手コレクション展が始まり、展示団体にいずみ切手研究会をお迎えし、第1回いずみ展でを土日の二日間に渡り開催いたします。

いずみ切手研究会は、現在最も勢いのある地域郵趣サークルの一つで、昨日行った設営作業も多くの方が参加され、迅速に終了いたしました。本日からの二日間、多くの方にお越しいただければと思います。幸い首都圏は天候が回復し、遠出を取り止められた一般客が近場レジャーで多数スカイツリーにお越しいただけると思いますので、一般のお客様の入りには期待が持てると思います。

私も連日訪問予定ですので、皆様とお会いできますことを楽しみにしております。
[ 2018年02月03日 01:48 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

第1回いずみ展へお越しください。

私が代表理事を務める郵趣振興協会の主催で、今週末に郵政博物館で切手展が開催されます。今回の展示団体は、これまた私がメンバーに入っている「いずみ切手研究会」です。ダウンロード閲覧も入れると二百人を大幅に超える会員のうち、首都圏に住む20人の会員が展示を行います。

同展覧会の、展示パンフレットは、以下のページでPDFを事前配布しておりますので、どうぞダウンロードの上、ご来場ください。

郵趣振興協会(該当ページ)へ
[ 2018年01月31日 18:25 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索