Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  競争切手展

WSS NY 2016 コミッショナー業務終了の報告

「World stamp show New York 2016 は、2016/5/28から6/4まで米国ニューヨークで開催された国際切手展です。私吉田は、池田健三郎さんと共に、同展覧会の日本コミッショナーに選任され、2015年頭より活動してきており、ほぼすべての活動を無事に完了しました。」と、8/15に書いて以来のWSS NY 2016 コミッショナー業務についてのブログポストとなります。

同日のポストで「ほぼすべての活動を無事に完了」と書いた通り、ほぼすべてのコミッショナーとしての業務は完了していたのですが、一業務だけ本日まで完了しておりませんでしたが、ようやく本日完了し、本日安堵のため息とともに、このブログポストを書くことができ、喜んでおります。

唯一の残存業務は、現地で配布に漏れがあり「後日郵送する」と言われて帰国して以来、何度も何度も電子メールで催促しても届かなかった、3名の出品者の方の表彰状をお渡しする業務でした。

どの切手展でも変わらないと思いますが、切手展終了後の、追加発生業務への対応は、期間前や期間中の対応に比べると、はるかに遅くなります。それはNY2016ですら変わらず、何度も何度も催促してようやく到着したかと思えば、表彰状の表示内容にミスがあり、再度依頼するという有様でした。

NY2016の熱狂が終わり、早半年が経ちますが、これを持って、WSS NY 2016 コミッショナー業務の終了報告とさせていただきます。幾つか重大な問題は生じましたが、私にとってコミッショナー業務は、言われていたほど大変ではありませんでした。これも事前に多大なるアドバイスをくださった佐藤浩一さん、内藤陽介さんのおかげです。お礼申し上げると共に、コミッショナーマニュアルが存在しないために『コミッショナー業務は大変だ』という概念が一人歩きして、コミッショナー候補者の受け皿が広がらず、一部のフィラテリストに過重なご負担が偏る現状を改善するために、この貴重な経験をどこかでまとめて発表できればと思います。

なお最後になりますが、2015年12月より全日本郵趣連合からセカンドコミッショナーとして追加選任された池田健三郎さんの果たした役割は、特に入国から帰国までの現地での行動において大きなもので、感謝しております。彼とは時々ブログを通じて意見の衝突があり議論を何度かしておりましたので、周囲には『呉越同舟』を心配される向きも多かったのですが、お互い理性的に議論できるビジネスマンであることがベースでしたので、とことんまで話をして各種業務に当たることで、むしろ相互理解が深まり順調な業務遂行が可能となりました。

もっとも彼と一緒に働くことを開始せざるをえなかった1年半後に、NPO郵趣振興協会を一緒に設立するところまで関係が進んだのは、私にとっては軽い驚きです。何しろジュニア時代は片や満月印撲滅派、片や満月印コレクターでしたから。お互い丸くなったものです。





(腹が)



[ 2016年12月21日 00:00 ] カテゴリ:WSS NY2016 | TB(0) | CM(2)

WSS NY2016が、ボストン2026実行委員会に対して約1,000万円寄付したことをプレスリリース

World stamp show New York 2016 は、2016/5/28から6/4まで米国ニューヨークで開催された国際切手展です。私吉田は、池田健三郎さんと共に、同展覧会の日本コミッショナーに選任され、2015年頭より活動してきており、ほぼすべての活動を無事に完了しました。その遂行については、本ブログに取りまとめるとともに、各郵趣雑誌の発行元に電子メールでお伝えし、私を含む様々な方により記事やコラムを書いていただく材料としていただきました。

コミッショナーとしての残存業務は、ある一つを除き完了しているのですが、本日未明(米国時間8.14)に、組織委員会より掲題のプレスリリースが送られてまいりました。WSS NY2016の広報は大変上手で、参考にしたいと私も思います。

内容としては、WSS NY2016の収支残高より、最初の寄付を、まずはBoston 2026の実行委員会に行ったというもので、その金額は10万米ドルで、年末までに実行されるとのことです。

同プレスリリースより次のことがわかりました。
  • 米国の国際展実行委員会の間では、収支残高よりある一定の金額を10年後の実行委員会に対して渡すことが慣例である。
  • 米国の連続する二つの国際展実行委員会において、責任者は同一でない。

Boston 2026(2026/5/23-5/30に開催)の責任者は、ナンシークラークさんという方でNY2016のサアジさんよりもご高齢の方に見えますが、とにかく米国は新しい責任者のもとで、Boston2026開催に向けて今から10年を過ごすのでしょう。米国展の規模ともなりますと、1,000万円ではとても足りないと思いますし、郵趣の世界的な傾向から行きますと、少数精鋭化が10年後にはさらに加速している可能性が高いですが、とはいえ今回の展示作品の質と量を消化することができなかった身からすると、またすごい切手展になるのだろうなぁ、と言う期待が大きいです。

願わくば次回の切手展は、今回の私たち同様に「当たり前のことを当たり前にやってくれる」コミッショナーに、作品の行き帰りの運搬及びルーチンワークと突発的事項への対応(2日半の労働)を委託し、私自身は(1)より多くの作品を見て(今回は伝統郵趣のみ、しかもその3/4くらいしか見れなかった)(2)切手商で掘り出しをし、(3)多くのパーティーで交流し、(4)行き帰りは貴重品を一切所持せずに、観光して帰国する日々を過ごしたいと思います。

今回私たちが勤めるまで、コミッショナー業務はブラックボックス(流行語!)でしたが、いろいろな記事でノウハウを執筆したことにより、コミッショナー業務はさほど難しくなく「当たり前のことを当たり前にやる」能力のある人であれば、こなせることが皆さんにわかってきたと思います。また金銭的負担も欧米や大荷物でなければさほどかからないことも分かったのではないかと思います。

もっとも作品の運搬については個人間の業務委託契約に基づくものですから、必要経費を試算してコミッショナーが決定すれば良いことで、必ずしも欧米行きのコミッショナーは、赤字を被るべきと言う意見には与しません。むしろ大事なのは収支報告による会計の透明性と、コミッショナーに委託された者が、出品者の依頼によりすべき有償業務である作品の安全・確実な運搬を遂行することだと思います。

実際、未経験の方でコミッショナーをやりたいと手をあげる方も出てきていると聞きます。喜ばしい限りです。同業務を一部のフィラテリストのご負担に偏在させないために、私どもではNY展のコミッショナー業務のマニュアル化を6月より執筆中です。それを見て、より多くの方にコミッショナー業務の概要を知っていただき、コミッショナーに選任される母集団が一人でも増えれば、先の私の希望も叶えられるな、と思っています。





[ 2016年08月15日 13:13 ] カテゴリ:WSS NY2016 | TB(0) | CM(0)

全日展2016 改善の為の意見

全日展2016が終わり数日経ちました。

二大競争展である、全日展とJAPEXは、フィラテリストにとっては、本当に楽しい三日間です。
コレクションを拝見するのも楽しいですし、全国から集まるフィラテリストの方々との交流も楽しく、あっという間に日程が終了してしまいます。何度も書いていますが、毎年最終日には、あーテーマティクまで見きれなかった、、、と嘆くことを繰り返しており、今年はテーマとワンフレをまず最初に見終えてから、伝統を見ましたが、そうしたら今度は郵便史が見れなくなってしまいました。うーむ。やはり3日間では短い。ブースもいいものをたくさんゲットしましたが、それでもほとんど見切ることができず、それくらい充実した3日間でした。

ところで、私の立場は既存の郵趣団体のいずれにも与せず、独立の立場から郵趣振興に尽くすというものですので、これまでにも様々な建設的な提言をしてきました。その多くは維持会員になり、「郵趣研究」誌に多くの記事を提供していることもあり、JPSさんへの提言が多くなりました。近いところでは、同団体の理事長である福井氏の言動があまりにも郵趣振興上問題があると捉え、その批判をしましたが、ある方から連合に対する記事は書かないのですね、と言われたので、「書かないのではなく、今の所提言すべきことがなかったので書かなかっただけで、かばっているわけでも無視しているわけでもありません」とお答えしてきました。

実際、現在の連合が設立するにあたり、前の連合は人様の意見を聞かない大企業のような印象があったので「折角生まれ変わる機会を得たわけですから、そのあたりは改善されるのですか?」と理事の方に伺ったところ「新しい連合は、会員の建設的な意見をきちんと取り入れる団体になります」とのことでしたので、しかるべき時があれば提言は書こうと思っていました。

そうしたところ、今回の全日展を契機に幾つか提案したい項目が見つかりましたので、ブログに記載することにします。いずれも建設的な意見ですので、前向きにご検討いただければと思います。


1.クリティーク運営に問題がある。
JAPEXと違い、クリティーク内容に問題はないと思います。
審査についても、現在の国際展規則や運用に詳しい方が中心となった審査チームは、正しい審査をされたのではないかと思います。

しかしながら、クリティークを実施する環境について問題を感じました。国内競争展や一部の国際展では通常、クリティークを一般開場時刻の前に実施し、出品者と審査員がじっくりと対話できるようにしており、大変配慮されているのですが、今回ある方のクリティークを拝見していたところ、審査員だけでなく、何人ものギャラリーがその対話に口を挟み、その方向性が一人一人異なる大変なカオスになっていました。私はあのようなクリティークは出品者を混乱させるだけで全く意味がなかったと感じました。そこで、今回審査員をされなかった国際展出品・審査経験の豊富なRDPの方にアドバイスを頂くよう助言差し上げ、ご出品者もようやく今後の道がわかったようです。

個別のマテリアルの知識が多少あっても、国際展ルールとその運用を勉強していないコレクターの意見は、クリティークの場では無用です。

このような問題が生じた理由は、クリティーク時刻の無配慮な設定が原因です。三日目の開場前にやることを通知していた一方で変更があることも伝えてはいましたが、三日目にやることを最優先すると共に、それ以外の時間での前倒しをするのであれば、第三者が口を挟めないように、運営側が静止するなり配慮することが必要です。

私自身は、なるべく他人のクリティークを聞くようにし、それを自分の収集の気づきとするようにしていますが、そこで何か質問をするなり口を挟むことはなるべくゼロにすべきだと思いますし、あってもよほど、配慮した上でなければならないと考えています。クリティークの主役は審査員と出品者だけなのです。


2.弱すぎるプロモーション
全日展の来場者数が少ないという気はしませんでしたが、そう感じるというブログも散見しました。こればかりは実数が発表されない限りわかりませんが、そうなのかもしれません。従って以下の提言は、参観者数を来年増やしたいとお考えの場合のみに有効な提言であり、参観者数が現行のままで、対切手商も含めて問題ない、ということであれば、大きなお世話になるかもしれません。

しかしそのような考え方があるのであれば、開催にあたり寄付を募集することもないでしょう。そこで入場者数も切手商も増やしたいという考えのもとだと判断し、以下の提言を書くことにしました。

さて、開催までまだ3ヶ月もあり、競争出品の申し込み手続きがようやく今日始まったばかりの、JAPEX2016はすでに素晴らしいホームページを開設しています。これは今年に限らず例年そうです。ところが全日展のホームページらしきものは全く見つからず、連合のHPの中に、出品ルールの掲載があるだけです。全日本切手展の欄には、そのルールがテキストで掲載されているだけで、プロモーションとしては全く弱く、企画出品があることが参観者には全く伝わりません。

同欄には閉幕から二日経ったにもかかわらず、審査結果が掲載されておらず、別ドメインで運営されているブログにてようやく結果を見ることができるのですが、一覧表のファイル形式がJPEGという冗談かと言わせるような作りになっており、ソーシャルな情報流通を全く考えていない情報提供になっています。(普通はPDFとexcelの両方をダウンロード可に提供する)

facebookでの宣伝をしていることは知っていますが、facebookを利用しない人はたくさんいるわけですから、是非来年は誰でも見ることができ、ソーシャルに活用しやすいホームページでの情報提供を検討していただけたらと思います。この辺りはプロモーションで協賛しているのに、相談一つないのが寂しいですね。


3.企画出品はこれで良いのか?
実は今回一般出品リストを見て、私は寂しさを予想していました。実際、89点以上を獲得した作品は2つに止まりました。ところが実際に切手展を見ると、それを覆す満足感が得られました。その要因は、企画出品が事前にほとんど知られていなかったからだと思います。

設楽さんの小判、正田さんのブラジル、そして市村さんのギリシャ五輪。
日本だけでなく、世界中でここでしか見ることのできない作品ばかりでした。
ブラジルに関しては正田さんに直々に解説していただくこともできた為、大変勉強になりました。

プロモーションをきちんとやることは一つ前の項目で書いた通りですが、ブラジルと五輪に関してはフィラテリーの立場を上げるために駐日大使館の後援をもらう名目があることは理解しています。ただ、これらについては名目だけで終えるのでは多くのフィラテリストからは理解され難く、もう少し早くに公表しより多くの企画展示を公募すればいいのに、というのは毎年感じていることですが3年目にもかかわらず、改善の兆しが見えません。

もう一つの国内競争展であるJAPEXは、ほぼ1年前には翌年の企画展の企画案内をするとともに声がけを開始しており、毎年多くの力作が集まっているのとは大きな違いです。


4.授賞式でまさかのグダグダ感
授賞式終了後に、実行委員長の内藤さんが、池田氏の方を見ながら、「某ブログで批判されてしまう。。。」と書いていましたが、まさかの僕の方から指摘させていただきます。

これは今年一年だけのことだとは思いますが、今回の授賞式は、実行委員会側も認識の通りグダグダになったと思います。細かいことは書きませんし、内藤さんなら来年には完璧にしてくださるとは思いますが、改善していただきたいと思います。

今回の授賞式では、普段遠方にお住まいで、手紙のやり取りを時々するだけのフィラテリストの友人も何名か参加されておられました。授賞式というものは、誰にとっても、どんな賞であったとしても重要かつ誇らしい場になるべきですが、特に初出品や遠方から久々に出品された方にとってはそうであると思います。三日目でお疲れであることは理解しています。しかしながら全日本切手展の授賞式というのはそれくらい重要なイベントであるということを実行委員会の方に再認識していただきたいと思います。

ちなみにJAPEXの授賞式は、ここ数年本当にひどく、ブログにて指摘した通りです(以下)。ただしこれについては今年のJAPEXは変わるというお返事をいただきましたので、今から楽しみにしています。

(以下引用)
なおマナーの話が出ましたので、最後に一つだけ僕からJAPEXの審査員の皆さんに出品者に対するマナーの事を書かせてもらいたいと思います。

それは授賞式に関することです。ここ数年、JAPEXと全日展の表彰式に出席していますが、圧倒的にJAPEXの表彰式はレベルが低く、出席している出品者の満足度が低いと思います。

その欠点はすべて壇上に上がる受賞者の管理(誰を呼び誰を呼ばないべきか、姓名の振りがなの正確さ)から来ているにもかかわらず一向に改善される向きがありません。あまりにひどいので私はJAPEXの実行委員会に抗議をし、司会者をJPSの会員事務局の人間などに変えるように迫りましたが、その回答として、JAPEXの表彰式はすべてをJAPEXの審査委員会が仕切ることになっており、実行委員会がそのテリトリーに入ることができない、との回答を受けました。

正直言って、一民間組織の中のルールがどうであるかは私はどうでもいいです。

司会者が審査員だからできないということもないでしょうし、いっその事司会者を手慣れた事務局員にしてしまうのも手です。あくまで重要なのは壇上における審査員と受賞者の授賞のところですから、それに至る誰が上がるかのアナウンスというプロセスは些事だとの認識を持った上で、どのような方法を選択すれば本質部分に円滑につなげることができるかについて、メンバー同士で話し合い吟味してもらった上で改善すればよいのではないかと思います。僕が求めているのはあくまで結果なので、この点、今年は改善されている事を期待します。
マナーの話が出ましたので、余談ですが書きました。



[ 2016年07月26日 11:55 ] カテゴリ:競争切手展 | TB(0) | CM(3)

全日展2016審査結果発表

スタンペディアが協賛している全日展2016の審査結果が、全日本郵趣連合のブログで発表されました。
本日夜の小判振舞処の懇親会で、作品一覧が画像でなくてテキストだったらいいのに・・・という声が出ていたので、同展覧会に協賛している当社の方で、テキスト化してみました。御役に立てれば幸いです。タブ区切りになっていますのでダウンロードしてエクセルで読み込むと縦の列は別れて入りますのでご活用ください。

チャンピオン
手彫切手 LG(97) 祖父江 義信
飛脚 1601-1873 LG(93) 山崎 好是
手彫証券印紙1873 -1874 LG(96) 長谷川 純

伝統日本
手彫切手 V(77) 瀧川 忠
旧小判切手 (1876-1879) V(78) 村上 信和
菊切手時代の外地局加刷切手 V(76) 太田 克己
田沢旧大正毛紙切手 G(85) 丹羽 昭夫
第1次昭和切手 V(76) 菊地 恵実
昭和切手と大東亜共栄圏 V(76) 和田 輝洋
第3次昭和切手 SB(63) 濱谷 彰彦
第1次新昭和切手 V(76) 遠藤 浩二
新昭和切手 V(76) 飯澤 達男
第2次動植物国宝切手 LS(71) 矢嶋 秀明
第3次動植物国宝切手 LV(83) 吉田 敬
新動植物国宝10円ニホンジカ・20円マツ B(56) 北野 雅利
切手帳 LV(81) 加藤 秀夫
戦前の記念切手1894-1944 V(78) 田邊 幹夫
第一次国立公園(1949-1956) V(75) 宇佐見 比呂志
Ryukyus Currency Conversion Provisional Series 1958 LS(74) 石澤 司
琉球(1948~58) LS(71) 太田 克己
満州国、1次2次3普通切手 LV(80) 川崎 徹夫
南方占領地切手蘭領東インド ジャワ LV(83) 増山 三郎
国内はがきの外国宛使用 LV(80) 安藤 源成
手彫証券印紙 LS(73) 浅野 周夫

伝統外国
アメリカ合衆国の黎明期から建国200年前夜まで(1935-1973) 佳作(53) 瀬崎 直行
アルゼンチン連合(1858&1860) G(89)+SP 佐藤 浩一
Romania King Ferdinand Series 1920-1926 LV(83) 木戸 裕介
IMPERIAL KOREA G(85)+SP 岩崎 善太
米国自動販売機及び自動貼付機用コイル切手1906-1926 G(86)+SP 奥山 昭彦
Napoléon non lauré-フランス1852~1862- LG(90)+SP 有吉 伸人

郵便史日本
関東大震災直後の郵便 SB(63) 藤岡 靖朝
日清戦争から日露戦争における日本の軍事郵便 LV(84) 志水 正明
日本の軍事・俘虜郵便(大正編) S(66) 森下 幹夫
名古屋局の郵便史 LS(72) 若園 泰三
東京・多摩の郵便印 SB(60) 長野 行洋
越後への鉄郵ルート B(55) 青木 章博
日本局を中心とした中国東北の郵便 LS(73) 小林 富士夫

郵便史外国
Postal History of the Cape of Good Hope LV(84) 池田 健三郎
スロベニア郵便史1809 -1921 LV(84) 人見 敦
ウクライナインフレ1992-1996 V(78) 伊藤 文久

テーマティク
浮世絵 SB(61) 近馬 啓之
ヒトラーとナチス・ドイツの興亡 LV(82) 北村 定従
橋が演じる役割と文化 LS(70) 岡田 三朗
気球の歴史と気球郵便 S(68) 今井 徹


ユース
ふるさと兵庫県 V(76) 千葉 郁美
鳥のい場所 S(67) 村上 和穂
鉄道切手がいっぱい S(67) 津田 賢士郎
ハンガリー S(73) 石本 勇晴
SLの世界 S(65) 上原 海斗

現代郵趣 2000年メモリアル印・年賀印 選外(40) 伊祁 恵琳

ワンフレーム
小判 5厘切手 V(77) 長野 行洋
世界大戦平和記念 S(67) 木下 朋英
小判往復はがき LV(83) 石代 博之
京都と伏見 LS(72) 近辻 喜一
旧暦・年賀状 B(59) 山田 克興
琉球榕樹葉書 LS(73) 石澤 司
うなぎ S(68) 吉田 敬
ジョージ6世戴冠式記念 LS(73) 伊藤 淳
Small OX stamps issued in Grand Duchy of MECKLENBURG-SCHWERIN G(88) 吉田 敬
ルーマニア初期航空郵便の発達 LS(73) 板橋 祐己



[ 2016年07月22日 23:55 ] カテゴリ:競争切手展 | TB(0) | CM(0)

明日から全日展

20160721_01.jpg 

スイスより
普通に~
ゲンコーが好きっ

[ 2016年07月21日 20:00 ] カテゴリ:競争切手展 | TB(0) | CM(0)

NY2016後日談(1)

NY2016のコミッショナー業務もほぼほぼ終了しました。
(まだ3つほど表彰状が届いていないので、それの催促を週一くらいでやっています。)

コミッショナー業務とは別のところで、出版社として進めていた「フィラテリストマガジン」におけるNY2016特集も無事終了。アンケートを見る限りは過半数の方からお喜びの声を頂いており、出版社冥利に尽きます。

そして、一緒に行った仲間ほかの書いた手記や投稿も徐々に、郵趣メディアに登場した模様。
出るたびにリストアップしていきたいと思います。


(1)安藤源成さん

メールで地元紙に投稿された「World Stamp Show NY2016 参観記」をご恵贈いただきました。
安藤さんは今回のNY旅行ならびに国際展を本当に楽しんでくださったのだということがわかり、読んでいて僕も嬉しくなってしまいました。
出展ブースに多数の人が居て寄りつけず何も買えなかったとのこと、それだけがお気の毒です。実は僕も今回は時間の都合で何も買えませんでした。
文末に「NYまではながかった!疲れた!!」と書いてありましたが、安藤さん、あの80歳を前にして、本当にお若いな、と思いました。
「独り旅、今回が最後かな・・・・。」とも書いてありましたが、2年後のプラハ展会場に安藤さんがいる確率は限りなく100%に近いのではないでしょうか。(笑)


(2)木戸裕介さん

「たんぶるぽすと」に参観記を投稿されていました。社会人2年目にして4泊6日でNY行きした木戸君。自分が同じ境遇にいたとして、社会人2年目のことを考えると、多分色々と理由をつけて行かなかったんじゃないかなと思います。そういうフィラテリストが大半の中、若いのに木戸さんのフィラテリーへの情熱は素晴らしいと思いました。

しかし、とはいえ現地で過ごせるのは正味5日間となると、見ることのできる範囲は限られてきます。
実は2年前のマレーシアで開催された半分アジア展/半分世界展という展覧会で木戸さんと僕は全フレームを見るということを達成したのですが、あれはせいぜい1000フレームでしたから、今回の切手展の20-25%に過ぎません。加えて作品の重味はやはり欧米に一日の長があり、流して見ようにも、どんどん切手が勝手にこちらに主張してきます。

案の定、木戸さんが見ることができたのは伝統郵趣だけ。郵便史に入りかけたところで無情にも帰りのフライトでタイムアップ。そこまでの作品参観の真面目なレポートは是非ご一読いただければと思います。


(3)福井和雄さん

「郵趣」7月号目次に掲載の「クローズアップ」にNY展参観のコメントがあって、あれ!と思いました。僕はコミッショナーだったので、毎日会場に居て日本作品のお守りをしていたのですが、JPSの方は玉木さんしかお見かけしなかったので、福井さんもいらしているのを存じ上げませんでした。存じ上げていればご挨拶しておりましたのに失礼いたしました。向う10年で最大とも言われているNY展でしたので、出品者であるか否かにかかわらず、また一人日本からフィラテリストが参加されたことを知り嬉しい限りです。

コラムではNY展に対して若干ネガティブなコメントもお見受けしましたが、人の少ない時期のご訪問だったのかもしれません。というのも日本のスタンプショウ2016が、初日大混雑、二日目・三日目ガラガラだったように、ブース狙いの人はやはり初日に殺到するのが洋の東西を問わず同じだからです。

また会場が広いという米国の規模に僕も圧倒されました。例えば作品数が5分の1程度でフレームの間に人が二人すり抜けられないような昨年の香港アジア展と比べると人口密度は相対的に低くなります。しかしこれはむしろ良いことだったと考えたらいいんじゃないかなと僕は思います。むしろ会場全体の人口は比べ物にならないほど多かったと思います。これに加えて地階では、国際的オークションが連日開催され、さらに100を超える専門例会があり、全部を楽しみ切るのは誰にもできないことでした。確かに同様のものは向う10年はできないと感じました。

国際的なディーラーも含めての200ブースは米国ならではの物量で、知人のフィラテリストは中国関係のマテリアルをかなり掘り出せたと言っていました。ブースが空いていたなら知識のあるフィラテリストにとってはむしろ掘り出しのチャンスで、ブースで購入できなかった僕としては羨ましい限りです。




[ 2016年06月27日 12:00 ] カテゴリ:WSS NY2016 | TB(0) | CM(0)

全日展2016にご出品を計画されていらっしゃる皆様へ

「ザ・フィラテリストマガジン」は以下の号外を発行予定です。

書 名:号外<全日本切手展2016参観ガイド>

発行日:2016.7.15

掲載内容は、出品者による独自解説を掲載した「私の作品の注目ポイント」と出店切手商の販売内容告知で、短期間の編集で昨年同様、100ページを越す媒体を作成予定です。

こちらの号外は、PDFで全会員に配布するほか、フリーダウンロードできるようにする予定です。なお当号外のコピー製本は、通常号のコピー・オプションをお申込みいただいている内容の対象外となりますので、配本を希望される場合は個別にお申込みいただく必要がございます。

同切手展へのご出品を計画されていらっしゃる方は、是非本企画にご参加ください。詳細はPDFにてまとめました。=>全日展2016・ご出品者の皆様へ

[ 2016年06月16日 10:58 ] カテゴリ:競争切手展 | TB(0) | CM(0)

WSS NY2016 コミッショナー活動に係る収支のご報告

World stamp show New York 2016 は、2016/5/28から6/4まで米国ニューヨークで開催された国際切手展です。私吉田は、池田健三郎さんと共に、同展覧会の日本コミッショナーに選任され、本年頭より活動してきており、順次報告を本ブログ並びに国内各団体へ電子メールでお送りしております。
本日、表題の件を取りまとめましたので、報告致します。
20160613_1.jpg 20160613_2.jpg 
なお、カタログ送料に関する事項2つは、6.15並びに6.16に実施の予定です。



[ 2016年06月13日 16:55 ] カテゴリ:WSS NY2016 | TB(0) | CM(0)

New York から(最終号)。フィラテリストマガジン現地号外 2016-06-02

お遊びですが、こんなものを現地で印刷して、不定期で発行しています。本号が最終号となります。画像版をご覧にいれます。
ny2016extra-6.jpg 
[ 2016年06月02日 00:00 ] カテゴリ:WSS NY2016 | TB(0) | CM(2)

New York から(5)。フィラテリストマガジン現地号外 2016-06-01

お遊びですが、こんなものを現地で印刷して、不定期で発行していますので、画像版をご覧にいれます。
ny2016extra-5.jpg 
[ 2016年06月01日 00:00 ] カテゴリ:WSS NY2016 | TB(0) | CM(0)
このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索