Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  他者の郵趣文献・寄稿

2014年の寄稿一覧

自分で発行する出版物以外に、2014年に寄稿した記事をまとめました。(インタビューや引用は除く)
記事の索引は作っておくと便利なので今後も年末にまとめてみようと思います。
なお、自社で出版物を発行しているにも関わらず他誌に記事提供している理由についてはこちらをご覧下さい。

    伝統・日本
  • 明治初期の日本切手のデザインに影響を与えた外国切手(イオニア諸島そしてスイス等) (最近の情報120号・最近の情報発信10周年記念、小判振舞処)
  • 竜切手のデザインに影響を与えた外国切手 (最近の情報121号、小判振舞処)

    伝統・外国
  • 英領ヘリゴランド (英国切手部会報 202号、イギリス切手部会)
  • カリブ共同体加盟各国・地域初期の切手 1 (英国切手部会報 204号、イギリス切手部会)

    郵便史・日本
  • 内国葉書の郵便史(1) (郵趣研究 117号[2014-2]、日本郵趣協会)
  • 内国葉書の郵便史(2) (郵趣研究 118号[2014-3]、日本郵趣協会)
  • 内国葉書の郵便史(3) (郵趣研究 120号[2014-5]、日本郵趣協会)
  • 内国葉書の郵便史(4) (郵趣研究 121号[2014-6]、日本郵趣協会)
  • 日本内国葉書の郵便史(1) (北陸郵趣 732号[2014.2]、北陸郵趣連盟)
  • 日本内国葉書の郵便史(2) (北陸郵趣 733号[2014.3]、北陸郵趣連盟)
  • 江戸時代の国際郵便物(incoming mail )スイスとの150年前の交流など (郵趣研究 119号[2014-4]、日本郵趣協会)

    郵便史・外国
  • 切手導入時期の特別郵便制度 ースイス・チューリッヒの州内郵便・特別割引制度を見るー (郵便史研究 第37号[2014.3]、郵便史研究会)

    マルコフィリー・日本
  • 新発見相次ぐ、欧文機械印 分類・収集方法から入手方法まで (郵趣研究 116号[2014-1]、日本郵趣協会)

    その他
  • 切手でたどるヨーロッパの小さな山岳国 スイス (郵趣 2014年11月号、日本郵趣協会)


* こうして見ると、本年は掲載雑誌の幅が広がり、取り扱いジャンルに英領が加わる等、バラエティに富んだ執筆活動ができた一年でした。2015年は「郵便史研究」の記念誌が発行されるので、それに掲載できる論文を執筆する事が一つのイベントでもあります。
[ 2014年12月31日 10:47 ] カテゴリ:他者の郵趣文献・寄稿 | TB(0) | CM(0)

他誌への寄稿リスト

2014年上半期に、自分で発行する出版物以外に寄稿した記事をまとめてみました。(インタビューや引用は除く)
記事の索引は作っておくと便利なので年末に再度まとめてみようと思うのと、できれば遡って過去の物もまとめてみようと思います。なお、自社で出版物を発行しているにも関わらず他誌に記事提供している理由についてはこちらをご覧下さい。

    伝統・日本
  • 明治初期の日本切手のデザインに影響を与えた外国切手(イオニア諸島そしてスイス等) (最近の情報120号・最近の情報発信10周年記念、小判振舞処)
  • 竜切手のデザインに影響を与えた外国切手 (最近の情報121号、小判振舞処)

    伝統・外国
  • 英領ヘリゴランド (英国切手部会報 202号、イギリス切手部会)

    郵便史・日本
  • 内国葉書の郵便史(1) (郵趣研究 117号[2014-2]、日本郵趣協会)
  • 内国葉書の郵便史(2) (郵趣研究 118号[2014-3]、日本郵趣協会)
  • 日本内国葉書の郵便史(1) (北陸郵趣 732号[2014.2]、北陸郵趣連盟)
  • 日本内国葉書の郵便史(2) (北陸郵趣 733号[2014.3]、北陸郵趣連盟)
  • 江戸時代の国際郵便物(incoming mail )スイスとの150年前の交流など (郵趣研究 119号[2014-4]、日本郵趣協会)

    郵便史・外国
  • 切手導入時期の特別郵便制度 ースイス・チューリッヒの州内郵便・特別割引制度を見るー (郵便史研究 第37号[2014.3]、郵便史研究会)

    マルコフィリー・日本
  • 新発見相次ぐ、欧文機械印 分類・収集方法から入手方法まで (郵趣研究 116号[2014-1]、日本郵趣協会)


* こう見てみると圧倒的に「内国葉書の郵便史」が多いですね〜。やっぱり葉書は好きなんですね!
[ 2014年08月28日 11:17 ] カテゴリ:他者の郵趣文献・寄稿 | TB(0) | CM(0)

1970年の「郵趣」を読んでみて

20140407_01.jpg
最近、日本の古い郵趣文献を読み始めていますが、ある方から、「郵趣」も昔はすごくいい記事が多かったから見てみたら!とアドバイスを頂き、読んでみることにしました。実は父親が会員だったので、全部残っているのですが、これまであまり見たことも無かったのです。で、とりあえず手に触れたのが1970年の合本。

喫茶店で一時間半くらいかけて読んで見ましたが、郵趣ウィークリーは、昔はトピカル郵趣という名前だったとか、JAPEXでなかなか上位賞がつかない(ある意味厳しく審査していた)事とかすごく新鮮でした。また、今の郵趣にはあまりない、アルバムリーフそのものの掲載や作成法のHow toもあり、今の郵趣とはまた違う感じに驚きました。

また、世界各国の通常切手の解説の不定期連載は不定期連載は、今になって各国の伝統郵趣を考える上ではすごくよい記事であり、連載の最初の方から改めて読んで見たいと思いました。

僕は今の郵趣も好きですが、僕がThe Philatelist Magazineで目指している雑誌は、昔の郵趣の内容も包含しているかと感じました。やはり古典は勉強になります。
[ 2014年05月20日 18:17 ] カテゴリ:他者の郵趣文献・寄稿 | TB(0) | CM(0)

全日本郵趣 No.1-32

一昨年、財団法人日本郵趣連合(旧・日本郵趣連合)より購入したロットの中にあった、同法人が発行した、全日本郵趣を最近読み始めました。郵趣文献の出版元として、歴史を学んでおくのはそれなりに意義のあることだと考えたからですが、それだけでなく、今日当たり前の様に確認されている郵趣事実の研究・発見過程や往事の現行切手に関する話題も豊富でたいへん勉強になっています。

創刊号の市田さん、三井さんの記事を読んだ上で、全日本郵趣連盟初期の歴史を機関誌を中心にまとめると、次の様になります。

昭和27年秋(1952) 全日本郵趣連盟 発足 機関誌「切手」を発行
昭和33年12月(1957) 全日本郵便切手普及協会(全郵普) 創立に伴い、機関誌「切手」を同団体に引き継ぐ。
昭和38年4月(1963)「関西郵趣」「東海郵趣」「KPU」の併合により、新機関誌「全日本郵趣」を発行

昭和30年代には、全日本郵趣連盟の本部を大阪に移転しています。これは後に発刊以来14年の歴史を持ち、2000部の発行をしていた、関西郵趣の購読者をベースにした新雑誌の発行が計画の布石なのではないかと思いますが、ここら辺は、「関西郵趣」を読んでみてまた勉強してみたいと思います。確か揃っていたと思うので。

また、三井さんの記事には「東海郵趣」は当時休刊中である旨が記載されていますが、発行期間はいつなのか、またKPUの概要も勉強したくなりました。

昨年、天野さんが発行された日本郵趣に関わる単行本も合わせて読んだ上でまた細くできればと思います。
[ 2014年05月13日 11:48 ] カテゴリ:他者の郵趣文献・寄稿 | TB(0) | CM(2)

小判振舞処デビューしました

20140429_2.jpg
小判切手の専門収集をしていないにも関わらず、静岡の長田さんが主催される小判振舞処に加えてもらって早一年。長田さんから記念誌だけは投稿する様に依頼され困ったのは何を書けば良いのか?ということでした。

結論としては、ゼネラルコレクターらしく、小判切手に影響を与えた外国切手を紹介する「明治初期の日本切手のデザインに影響を与えた外国切手」という記事を書きました。既に発表されている説の伝聞とりまとめに加えて自分の推測も加えて書いただけの記事なのですが、同記念誌のカラーと言う特性を利用し、外国切手を大きな図版で掲載した他、キョッソーネのキャリアについてもより深く調査しまとめましたので、ご一読頂ければ幸いです。

なお、竜切手のデザインへの影響等については、記事の執筆後に色々と昔の文献を読む中で新たにかける内容がでてきましたので、紙幅が許せば、「最近の情報」誌の通常号にて掲載したいと考えております。

郵趣文献ショップで予約を取り扱っておりました分につきましては、明日発送予定ですので、どうか今暫くお待ちください。
[ 2014年04月29日 17:47 ] カテゴリ:他者の郵趣文献・寄稿 | TB(0) | CM(1)

電子化されている郵趣文献【随時update中】

7/10の投稿のコメントで、中野様から教えて頂いた、APSの雑誌を始めとして、電子化されている郵趣文献をまとめてみたいと思います。
「こんなのもあるよ!」というのをご存知の方は是非コメント欄で教えてください。

APS, American Philatelic Society 機関誌(月刊)
 ホームページから会員番号と暗証番号を入れると、月刊の機関誌が2007年まで遡ってPDFで閲覧できる。
※中野様より情報いただきました

ISJP, international society for Japanese Philately 機関誌
 1946-2012を一枚のCD-Rに納めて販売している。175USD。

The Royal Philatelic Society London
 どなたか情報ご存知ではないでしょうか?

米国China Stamp Society, China Clipper
創刊号より第70巻まで(1936年-2006年)をDVDに収めて販売中です。会員になると割引価格で購入出来ます。PayPal経由の送金も可能です。※重山様より情報いただきました

インターネット版

Google ebooks
朝鮮通信事業沿革小史や郵便創業談等
(中野様、いつもありがとうございます)

官報(30日分無料、それ以前有料)
[ 2013年07月27日 09:09 ] カテゴリ:他者の郵趣文献・寄稿 | TB(0) | CM(7)

郵趣文献(特に雑誌)の整理方法について [ 追記あり ]

最近、月刊の郵趣雑誌の購読を多く始めました。JPSの部会報はもちろん、地方郵趣界ごとの雑誌も購読を始めて困ったのは、紙の雑誌がばらばらありすぎて、うまく保管ができないことです。一冊ごとが薄いので自立させるのが難しいのですが、とはいえクリアファイルに保管すると逆に厚くなりすぎます。

昔ならパンチ穴を空けてファイリングする方法一択だったと思いますが、少部数発行の冊子の中には、パンチ穴が空くことを想定していない作りの雑誌もあるため、大事な文字やデータ部分が欠ける可能性があるのでその方法はとりたくありませんし、また、自炊して電子データに読み込め、という選択肢はここでは一旦考えずに、現物を保管する上でどのような方法があるか是非先駆者の方のやり方を知りたく、ブログに投稿してみました。

いいお考えのあるかた、是非おたすけください。



[ 7/16 追記 ] ================================

と、昨日書いた後に自分の中で閃きがまとまりました。
何かしらをアウトプットする事により、むしろ何をすればよいかが見えてくるというのは、アルバム作りと一緒ですね。
20130716_1

僕の結論は、アスクルでボックスファイルを買うです。
各ボックスファイルにはざっくり名称をつけておきます。僕の場合だと、「英国部会報、ポーランド部会報」「蒐郵会、呉ポスト、名蒐、フィラ関西、たんぶるぽすと、北陸郵趣」「競争切手展、その他切手展、ミニペックス」の三つをまずは作りました。ここにぼんぼん入れてって、そこ以外の場所に放置しない状態を作った上で、いっぱいになったら、そこで初めて製本、電子化を検討する事にしました。

一年後くらいに、このやり方がうまくいったかどうか検証する機会があるといいなぁと思います。
[ 2013年07月15日 18:03 ] カテゴリ:他者の郵趣文献・寄稿 | TB(0) | CM(1)

南米で最も使われている世界切手カタログはイベール

ここ数年、ウルグアイのディーラーでないフィラテリストと仲良くなって、僕のゼネラルコレクションの内、ウルグアイを始めとする南米切手についてウォントリストを渡して手伝ってもらっています。やり取りは英語、支払いはユーロなので、ヨーロッパの人とやり取りするのとさして変わらずにやり取りができているのですが、最近、「スコットカタログはあまり南米では使われてないんで、時々間違えて手配しちゃうんだよな−」とつぶやかれました。

え?南米ってスコット使ってるんじゃなかったの?
答えはNoでみんなYvert(イベール)を使っているとのことでした。
20130605_1.jpeg

ポルトガル語やスペイン語の世界切手カタログがないのはわかるけど、どうしてイベールなの?フランス語は言語的に一番近いわけ?と根掘り葉掘り聞いてはみたものの、正解はいまだ分からず。
一応「一番最初に当地のディーラーが入手して一般の切手屋に置かれたのがイベールだったから」「通販で買いやすかったのが(対応してくれたのが)イベールだけだったから」との答えはもらいましたが、もし皆さんの中で理由をご存知の方がいらっしゃったらコメント欄などで教えてくださいませ。


[ 2013年06月09日 11:12 ] カテゴリ:他者の郵趣文献・寄稿 | TB(0) | CM(0)

日本郵趣史 明治初期から終戦まで 天野 安治 著

日本郵趣協会から昨年出版された、日本郵趣史の本。なかなか手に取る時間が無かったのですが、ヨーロッパ展も終わり、ようやく目を通すことができました。

古今東西、歴史書は勝者の史観で書かれるため事実を必ずしも表していません。フィラテリーの世界においては、そもそも誰でも歴史書を刊行できるので、発行が少部数でも書いた者勝ちという側面もあり、若干懸念していたのですが、副題にあるとおり取扱期間が「明治初期から終戦まで」で、余り興味のない戦後のドタバタが一切描かれておらず、客観的に書かれた論文で、たいへん参考になりました。

単に団体や書籍や収集家を記録するだけでなく、彼らの活動を通じて、初期の日本切手が伝統郵趣の側面から研究されていった歴史が分かる部分は、これまで断片的に知っていた様々な知識が線となりつながったうれしさがあります。日本の郵趣界について語るにあたり、手彫切手についての理解とどのように研究されていったかという部分の理解をすることは大事なのだと改めて思った次第です。

たいへん良著なのですが、心配なのは刊行部数です。なかなか重版できない書籍ですし、あと追加で二部ほど買っておこう、と思った次第です。良著はそうするようにしています。

20130130.jpg

[ 2013年01月30日 10:12 ] カテゴリ:他者の郵趣文献・寄稿 | TB(0) | CM(0)

ビジュアル日本切手カタログ 予想を上回る出来具合!

「今、郵趣出版と一緒に、カラーの記念切手カタログ作りをやってるんですよ。」

記特研でご一緒させていただいている山本知永さんとそんなやり取りをした直後に、彼は急逝されました。同年齢の山本さんは、僕のオフィスにもお越しになられ、これから更に色々と楽しめそうと思っていただけに本当に残念ですが、彼が最後に編集協力した形となった書籍が郵趣出版より発行されました。これがかなり素晴らしい本なのでご紹介します。

2000年までに発行された日本の記念切手すべてをカラーで掲載した本ですが、特印の掲載や、一部シート画像の掲載を始めとして、発行経緯に関するコラム等は、僕ですら知らない話も多く、記念切手専門コレクターでなくとも楽しめる本になりました。

驚くべきは、A5 フルカラー、310ページだてで、価格は1470円という戦略的価格体系で、同内容のギボンズ英国カタログ(コンサイス)が30ポンドすることを考えると、相当勝負にでた価格だと思います。数ヶ月前に、定価は5,000円近い?という噂を聞いていたのですが、ここまで安いとむしろ版元の収益が心配になるほどの安さです。正直、二千部の販売ではペイしないでしょう。勝手な推測ですが、五千部くらい売れないと続かないと思うので、是非皆さんビジュアル日本切手カタログ〈Vol.1〉記念切手編1894‐2000を、買ってください。僕も3冊買って、オフィスと自宅に一冊ずつ、もう一冊は自炊してiPadに入れようと思います。

この本が売れて起きるかな?と思われるムーブメント。

(1)FDCが見直される。:特印がカタログにすべて掲載されたのは大きいです。JAPEXは二足三文で売られているFDCを一気に買うチャンス。

(2)シートが見直される。:古い記念切手のシートや大型ブロックは製造面上からも意味があるのですが、シート収集への誤解はいまだにあると思います。

(3)封書料金50円時代以降の記念切手も見直される。:記特研のメンバーですら熱心に集めているのは、封書料金20円時代迄ですが、今回、このカタログが2000年までを網羅した事が契機になり、1976-2000年の四半世紀の切手についても収集がすすむ事を期待しています。

[ 2012年10月28日 17:19 ] カテゴリ:他者の郵趣文献・寄稿 | TB(0) | CM(0)
このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索