Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  日本通常切手

明治16年1月1日の郵便条例

外国切手出品者の会で知り合った、長野の奥山さんは、日本クラシックへの造詣も深く、色々な事をおしえてくださるのですが、先日のブログで書いた、明治16年初期の暫定半銭使用についても、「日本切手名鑑 郵便史」のP.58-59にあると教えてくださいました。いつもありがとうございます。

それによりますと、郵便条例の制定後、施行まで半月をきった、明治15.12.18に「駅逓総官の梓調112号」なるものがでて、「利用者に周知されるまでの明治16.1.31までは、5厘はがきを不足扱いせずにそのまま配達するよう指示があったとのことです。

この解釈をするに、暫定市内便半銭という料金帯があったという解釈よりは、市内便含めて1銭に統一されたけど、運用上、5厘を「料金不足としない扱い」だったと考えた方がよいのかもしれません。(つまり黙認)

また、上記「梓調」の出た9日後の明治15.12.27には、期限を明治16.1.31から2.20に延期する通知がでています。これは一月の猶予では周知が十分徹底しないと考えたからと日本切手名鑑は推測しています。

また、30年も前の出版なので、その後の出現でどう変わったのかは分かりませんが、
・暫定期間中に5厘不足を取られた運用ミスの5厘葉書は見つかっていない。
・暫定期間を過ぎて5厘で差し出された事例は少なく、したがってそのような不足料をとられた葉書は少ない。
・5厘はがき+汚れた5厘切手で、後者を無効とした使用例は多い。
・料金値上げに対する世間の不満を抑えるため、配達回数を明治15年の一日10回から翌年には一日19回に増やした。(東京の場合:イ便〜ツ便)※但し不満は起きずむしろ利用は増えたため、明治17年には一日12回に減らした。
・明治16.1.1の使用例は5厘、1銭葉書とも存在する。
・暫定半銭使用は、決して多くない。
・暫定半銭期間終了後の、不足料を取られていない、5厘はがき使用例は存在する。

こう考えると、この暫定半銭だけで一段(=4リーフ)作る事も可能かもしれません。外国人審査員によく理解してもらえるような希少性のアピールできる英文説明をどう書くかもあわせて研究したいですね。

[ 2013年07月01日 20:29 ] カテゴリ:日本通常切手 | TB(0) | CM(0)

英国、日本切手協会のホームページのリニューアル

日本のフィラテリストが、イギリス切手の会やドイツ切手の会を持つのと同様に、日本以外のフィラテリストが、日本切手の会を運営している事があります。

有名なのは、アメリカ人が運営している日本切手の会ですが、イギリス人が運営している日本切手の会もあります。同会のホームページがリニューアルされたので、ご案内します。

JAPEXへの常連でもある、Kenneth G. Clarkさんらが運営されており、会員募集の為のページではありますが、一度は顔を出してみたいなぁと思います。(でも、僕より圧倒的に彼らの方が知識あるんだろうなぁ。。。日本切手については)

20130624_1.jpg
[ 2013年06月24日 18:48 ] カテゴリ:日本通常切手 | TB(0) | CM(0)

サイパン

20130616_2
サイパンダはご存知でしょうか?僕はサイパンは一度も行ったことがないのですが、行く友人行く友人、お土産に僕にサイパンダ・グッズを買ってきてくれます。このブログの読者様でも先日、shiggyさんが、サイパンダのリュックサックを買ってきてくださいました。ありがたいことです。

米国の海外領土であるサイパンは、第一次大戦まではドイツ領、その後は日本領でしたので、この期間の郵便物があることは、ジュニアの頃から知っていたのですが、高そうな印象があり、なかなか触れられずに来ていましたが、内国葉書の郵便史を作る中で、南洋での葉書使用例を入手するにあたり、最近いくつかマルコフィリーの観点からカバー類を入手しましたので、ご紹介します。

20130616_4.jpg
サイパン発・米国宛てカバー
差出地:サイパン、櫛型印 大正7.2.18 (1918)、C欄「海軍軍用郵便所」
到着地:米国ニューヨーク宛、機械印 1918.6.12 New York Hudson Term. 印が裏面に捺印
検閲され、検閲済みのシールで封緘されたカバーです。

南洋の地名入り印は、野戦郵便局の消印として登場します。
大正4.10.-(1915)〜大正6.1.31(1917)は、C欄「艦舩郵便所」
大正6.2.1(1917)〜大正11.3.-(1922)は、C欄「海軍軍用郵便所」となります。
このカバーは後者で、JPSオークションに出ていて、最低値で落とせたのですが、マルコフィリーとしては印影が悪いので仕方ないかもしれません。ただ米国宛で、かつ検閲シールが貼ってあったので、トータルで入手しました。
改めて、「艦舩郵便所」「海軍軍用郵便所」の両方の綺麗なカバーか葉書が欲しいですね。


20130616_5.jpg
サイパン発・英国宛てカバー
差出地:サイパン海軍郵便局
経由地:横須賀、櫛型印 大正7.4.23 (1918)
到着地:英国オックスフォード
過去の所有者:Milo Rowell
サイパンに海軍軍用郵便所が開設された後にも関わらず、何故か現地で捺印されず、横須賀まで運ばれ、同地で捺印されたカバーです。ISJPの記事を見たところ、切手を貼らない公用便としてサイパンでは引き受けられた物の、横須賀で切手が必要と改められ、横須賀で切手が貼られ、捺印されたのではないかとの推測記事が書かれていました。
スタンプショウ=ヒロシマ2013で入手しました。過去にISJPにも掲載されたカバーで高かった。でも郵便史の観点から言えばよい一品です。


20130616_3.jpg
サイパン発・内地宛て葉書
差出地:サイパン、櫛型印 昭和8.8.2 (1933)、C欄「郵便局」
到着地:熊本宛
第一次大戦後、旧ドイツ領南洋諸島は日本に委任統治されることになり、それを受け、大正11年4月1日(1922)に南洋庁が設置され、その管理下に郵便局が置かれることになります。そこから使用開始されたのが、この消印となります。ちなみに機械印、ローラー印、年賀櫛型印、年賀機械印、櫛型欧文印もあるので、いずれは揃えたいですね。

内国葉書の郵便史作品に必要なのは、やはりなるべく初期・後期の使用例ですので、正直、この使用例では力不足かもしれません。これからも探し続けていきたいと思います。
[ 2013年06月24日 15:27 ] カテゴリ:日本通常切手 | TB(0) | CM(0)

南洋諸島からの封書

南方占領地を集めているにも関わらず、今一持っていなかった南洋諸島のカバーを初ゲットしました。
大正11年(1922)-昭和20年(1945)の7局(サイパン、トラック、ヤップ、パラオ、アンガウル、ポナペ、ヤルート )
追加の5局(テニアン、ロタ、クサイ、ファイス、マラカル)で、C欄郵便局の櫛型印が使用されました。

ところで、ゼネラルコレクターの僕からすると、この地域はスペイン領時代、ドイツ領時代、日本領時代、米国領時代と色々な郵政が存在し、グアムは未だに米国領ということで、郵便史で通史を描くと面白そうだなと思います。特にスペイン領時代の切手が発行された、Mariana islandsは最初が古いだけに面白そうですね。

20130304_1.jpg
[ 2013年03月07日 15:03 ] カテゴリ:日本通常切手 | TB(0) | CM(2)

ブロックによる切手コレクション作りについて

五年前に郵趣を復活した当時は単片未使用にしか興味がなかったのです、製造面収集の面白さについて話を聞くにつれ、ブロック収集の重要性を鑑みるようになりました。
展覧会への出品作品についてもブロックがあるとないとでは見た目の迫力が変わりますし、実際に競争展でクラシックを出品するにあたっては大きなポイントになっていると思います。

日本切手についてゼネラル収集しているなかで気づいたら買いそろえようとしているのは、通常切手の使用済み田型です。最初はばらばらでしたが、かなり集まってきて、和文印、ローラー印、欧文印と揃ってきたシリーズもあります。7円金魚の様に単片では沢山あっても、28円という端数金額になる田型ではなかなか気の利いた使用例の無い切手もありますが、その代表格は第一次動植物国宝の80銭多宝塔でしょう。

Stampedia Philatelic Journal 2012 で山路晴名さんの記事を熟読したのですが、難しい理由が頷けます。私の手元にも昭和29年消しの田型しかなかったのですが、JPSオークションのロットに混在していたブロックを念願かなって入手しました。松戸局の昭和27年4月5日消しなので遅すぎない使用済みブロックだと思います。

ってことで、日本切手もちゃんと収集中です。

080block.jpg
[ 2013年01月21日 09:51 ] カテゴリ:日本通常切手 | TB(0) | CM(0)

手彫や電信切手の水はがし

切手収集を5年前に再開して以来ほとんどやってこなかった水はがし。オフペーパーが安く市場にあるのが怠け者の僕にはありがたいです。しかし時々水はがしをしなければならない場面に遭遇します。German StatesでThurn&Taxisの未使用ブロック同士がくっついていたりとか、日本の古い切手の裏側が糊貼りやヒンジで余りに汚いケースとか。ということで不慣れな中、@千円クラスの水はがしをやるからひやひやものです。

写真は裏側が汚かった日本1885年電信切手15銭です。破れてて二級品なんですが製造面も調べたいので大事にしたいと思ってます。最近手彫切手に興味を持ち始めました。

 

[ 2012年12月13日 11:27 ] カテゴリ:日本通常切手 | TB(0) | CM(0)

箱根のカバーを衝動買い

文通週間・箱根の第三地帯宛て書留国際書状を衝動買いしてしまいました。ゼネラル収集をしているので、さすがにこれが千円だと手が出ちゃいます。ああ。全日展やらなければならないのに。。。どうしても脇にそれちゃう。。

ちなみに昔はヨーロッパは第三地帯だったんですね。北極越えがなかったからかな? 

 

[ 2012年06月15日 10:45 ] カテゴリ:日本通常切手 | TB(0) | CM(0)

戦前記念切手を整理してみた。

先日、当社オフィスで、記念特殊切手研究会の会合をやり、そこで同年代の山本さんのコレクションを拝見して刺激を受けたので、今週は戦前記念を再び触ってみました。カバーもないし、切手のコンディションも消印の珍しさも普通で、トップクラスのコレクションとは雲泥の差ではありますが、サブコレクションとしては楽しいものです。

今週は、ミクスチャーや束売りされたものを切手ごとに、ストックリーフに格納しました。公園・年賀切手と制定小型シートを除くと戦前の記念切手は96種類。それを分類した結果を書きます。

  1. 50枚以上でてきた切手:明治銀婚2銭・大正婚儀
  2. 30枚以上でてきた切手:日清戦争勝利(4種とも)・大正大礼低額2種
  3. 15枚以上でてきた切手:明治銀婚5銭・世界大戦平和低額2種・昭和大礼(4種とも)・愛国切手(3種とも)
  4. 3枚以下の切手:日露戦争凱旋3銭・飛行試行1.5銭・郵便創始高額2種・皇太子帰朝高額2種・大正銀婚高額2種・UPU高額2種・赤十字(4種とも)・紀元2600年高額2種・鉄道70年・大東亜戦争・靖国神社・関東神宮
  5. 1枚もなかった切手:裕仁立太子礼10銭・飛行試行3銭・関東局30年(3種とも)・満州国20銭

戦前の記念切手の内、1000万枚以上発行されたものは13種類ありますが、どれも沢山でてきました。一方でほとんど出てこなかった切手は、飛行試行や立太子礼10銭、それと戦争直前の切手でした。また日本でほとんど発行されず、発行数も少ない関東局始政30年が出てこなかったのはある意味当たり前かもしれません。

とりあえずは各切手の在庫を増やして、その上で製造面などを見ていってみようと考えています。

 

[ 2012年05月17日 15:43 ] カテゴリ:日本通常切手 | TB(0) | CM(0)

封書料金50円時代の記念切手(1)田型・櫛形印

専門収集で使用面を提示するにはカバーが必要ですが、とはいえ、使用済み集め・消印集めは楽しいので、ちょっとハードルをあげて、まずは田型の櫛形印を揃えてみようと思いました。

使用面封書50円時代の記念切手の使用済みなんてありふれていると思っていたのですが、すべてを田型かつ、櫛形印に限定すると、すぐにはコンプリートで来ません。

左は昭和52年発行アマチュア無線50年記念切手です。大垣局、昭和52年11月25日櫛形印。別納使用の可能性も高いのですが、ローラー印に比べると少ない気がします。


 

櫛型印にしぼっていても、ローラー印の田型が目につくとつい買ってしまいます。試行ローラー印や彫刻印をからめると実は面白かったりすると思いますが、まだそこまで調査できていません。

左は昭和53年12月に発行された人権週間切手の初期使用例で、荒川局、昭和53年12月22日の櫛形印消し。記念切手の発売直後には、そこまで別納利用されなかったのでは?という期待も込めて、時期を絡める事は大事な気がします。


 

時期にあわせて、局名で遊ぶ、もしくは珍しい局を取り入れるのも変化が出るかもしれません。

左は昭和55年発行の国際地理学会議・国際地図学会議記念切手ですが、昭和55年9月5日の櫛型印消しで、郵便局は、天王寺郵便局・貯金局内分室です。

まだまだこれだけでは、変化も全然足りていないのですが、まずはコンプリートして、そこから更に面白いものにしていけたらなーと思います。

[ 2012年04月13日 11:05 ] カテゴリ:日本通常切手 | TB(0) | CM(0)

単線目打 みっけ!>菊切手

これ、単線目打ですよね?(中央部に注目!)

明治34年5月20日 下野・市鹿沼郵便電信局

[ 2012年03月08日 12:23 ] カテゴリ:日本通常切手 | TB(0) | CM(0)
このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索