Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  無料世界切手カタログ・スタンペディア

フィラテリストマガジンをブログでお取り上げ下さいましてありがとうございます。

フィラテリストマガジンのホームページにて、ご紹介くださったブログの抜粋(部分文章及びリンクあり)を掲載しておりますので、どうぞご覧ください。





[ 2016年06月21日 20:21 ] カテゴリ:フィラテリスト・マガジン | TB(0) | CM(0)

フィラテリストマガジン第11号発行業務が完了しました。

フィラテリストマガジンの公式ページではすでにお知らせ済みですが、第11号は、6.15発行のPDF版はもちろん、紙に印刷し天のり製本するモノクロ・オプションとカラー・オプションの発送も昨日までに完了しておりますので、お伝えいたします。

お次は、全日展2016の号外です。ご出品者の皆様のご参加をお待ちしております。

リンク
[ 2016年06月21日 00:00 ] カテゴリ:フィラテリスト・マガジン | TB(0) | CM(0)

<スタンプショウ会場内での特別配布を行います!> stamp club 2016 が納品されました!

SC2016_thum.jpg

ジュニアのための切手収集雑誌 stamp club 2016が、多くのサポーターの皆様のご支援のもと、本日印刷会社より納品されて参りました。明後日4月29日より各地で配布が開始される予定ですので、ご一読の上、ジュニア・ユースの皆さんにご紹介いただければ幸いです。


stamp club 2016 の配布場所
郵政博物館(東京・墨田区) 切手の博物館(東京・豊島区)切手市場(東京・中央区)大阪駅前第三ビルバザール(大阪市)エージェントスタンプ(東京・練馬区)ユキオスタンプ(名古屋市)川口スタンプ(埼玉・川口市)*各配布場所での配布開始予定日、数量につきましては各博物館、企業にお問い合わせください。


スタンプショウ2016 エージェントスタンプ様 ブースにおける配布の実施<NEW>
エージェントスタンプ(渡会一裕様)のご好意により、昨年よりスタンプショウ会場における配布が実質的に復活しておりますが、本年もご継続いただけるとのお話をいただきました。

日 時:2016.4.29 - 5.1 10:00-17:00(但し最終日は15:00まで)
場 所:東京都立産業貿易センター台東館 スタンプショウ2016 エージェントスタンプブース(渡会一裕様)
配布者:エージェントスタンプ(渡会一裕様)
配布数:4,000
* 一般来場客に向けて一部ずつの配布を行うほか、完封(50部入り)を切手サークル及び切手展運営団体の主催グループの皆様向けに行います。ご希望の方はどうぞ同社ブースまで足をお運びください。


5月切手市場における特別配布の実施
エージェントスタンプ様の特別配布に続き、5.7の切手市場における特別配布を実施いたします。

日 時:2016.5.7 10:30-14:00
場 所:切手市場スタンペディアブース
配布者:スタンペディアプロジェクト

申込方法:電子メール info@stampedia.net で事前に以下の連絡事項をお知らせください。

連絡事項:お名前、ご住所、希望部数、使途(展覧会名や郵趣会名など)

申込締切:2016.5.5


注意事項

1)完封(50冊)単位で配布いたします。

2)手提袋などは用意しておりませんので、各自でご持参ください。

3)完封の重量は約2kgです。

4)もちろん、それとは別に1冊ずつ受け取れるコーナーも出入り口に用意されています。



stamp club 2016 の配送受付
切手展を開催する郵趣会の皆様や切手のフリマや学校で配布したい皆様に向けて、完封(50部)単位でstamp clubを、残部のある限り無償で提供いたします。なお、stamp club 2015も在庫がありますので、合わせてお送りすることが可能です。

[お申し込み方法]
① 50部単位で無償で提供します。2015年版何冊、2016年版何冊か明記の上、お申し込みください。

  申込方法:電子メール info@stampedia.net
  連絡事項:お名前、ご住所、使途(展覧会名や郵趣会名など)

② 到着払いのゆうパック等でお送りいたしますので、到着時に送料のみご負担ください。
③ 発送は月に二度、集中処理しています。半月お待たせすることもありますので、催事の直前ではなくお早めにお申し込みください。



[ 2016年04月27日 10:01 ] カテゴリ:stamp club | TB(0) | CM(0)

stamp club 2016 の配布について

SC2016_thum.jpg

先日のブログにも掲載いたしましたが、ジュニアのための切手収集雑誌 stamp club を、多くのサポーターの皆様のご支援のもと、今月末(2016/4/29)に発行いたします。本日ようやく色校正が終了し、あとは発行を待つばかりとなりました。もっともマーケティングの積み残しが多々ありますので、明日より順次処理してまいります。


同紙には一口2,000円で、127名様 242口 48万4千円ものご支援を頂戴しており、本年は引き続きフリーペーパーの無料配布、並びに公立・私立図書館500館への献本、一年間のネットサービス(ホームページ運営及び月刊電子メールマガジンの発行)を継続して運営してまいります。ありがとうございます。

ご支援くださった皆様には最優先で見本誌(5部)をお送りいたしますので、どうぞお楽しみになさっていてください。5部を越えての配布を希望されるサポーターの皆様、サポーター以外の皆様への配布につきましては、以下の通りとなっておりますので、ご案内申し上げます。


stamp club 2016 の配布場所
郵政博物館(東京・墨田区) 切手の博物館(東京・豊島区)切手市場(東京・中央区)大阪駅前第三ビルバザール(大阪市)エージェントスタンプ(東京・練馬区)ユキオスタンプ(名古屋市)川口スタンプ(埼玉・川口市)
*各配布場所での配布開始予定日、数量につきましては各博物館、企業にお問い合わせください。


stamp club 2016 の配送受付
切手展を開催する郵趣会の皆様や切手のフリマや学校で配布したい皆様に向けて、50部単位でstamp clubを、残部のある限り無償で提供いたします。
なお、stamp club 2015も在庫がありますので、合わせてお送りすることが可能です。

[お申し込み方法]
① 50部単位で無償で提供します。2015年版何冊、2016年版何冊か明記の上、お申し込みください。

  申込方法:電子メール info@stampedia.net
  連絡事項:お名前、ご住所、使途(展覧会名や郵趣会名など)


② 到着払いのゆうパック等でお送りいたしますので、到着時に送料のみご負担ください。
③ 発送は月に二度、集中処理しています。半月お待たせすることもありますので、催事の直前ではなくお早めにお申し込みください。



5月切手市場における特別配布の実施
上記の50部単位の stamp club の提供は、従来は郵送のみをお受けしていましたが、本年は試験的に特別配布を実施することにいたします。

申込方法:電子メール info@stampedia.net
連絡事項:お名前、ご住所、希望部数、使途(展覧会名や郵趣会名など)

締め切り:2016.5.5

引取日時:2016.5.7 10:30 - 14:00

引取方法:切手市場内スタンペディアブースにお越しください。


注意事項

1)50冊で一梱包です。配布希望部数はその倍数になるようにお願いします。

2)手提袋などは用意しておりませんので、各自でご持参ください。

3)重量は一梱包(50冊)で約2kgです。


[ 2016年04月19日 22:00 ] カテゴリ:stamp club | TB(0) | CM(0)

stamp club 2016 の発行について

stamp club は日本で最も発行数の多いジュニアのための切手収集雑誌で、その最大の特徴は無料のフリーペーパーであるということです。
2013年の創刊以来一年に一度の発行を継続してきていますが、第4巻となるstamp club 2016の発行日が4/29に決まりましたのでご報告申し上げます。

当雑誌が無料で発行できている理由は、発行にあたり日本全国のフィラテリスト及び切手収集団体の皆様が一口2,000円からのお金を出してくださっているからです。また愛読者プレゼントが充実しているのは、同様の気持ちを切手商やオークションハウスの皆様が持ってくださっているからです。


まずはご支援くださった皆様のご芳名を掲載させていただきます。
127名様 242口 48万4千円のご支援を頂戴しました。
お名前をご紹介すると共に御礼申し上げます。(順不同)
※名前の後の丸囲みの数字は3口以上のご支援を頂いた場合の口数です。


3口以上のご支援(22名様)

冨樫敏郎様 20口 野崎進様10口 森下幹夫様⑤ 正田幸弘様⑤ 岩崎朋之様⑤ 小林彰様⑤

中野健司様⑤ 近辻喜一様⑤ 設楽光弘様⑤ 長野行洋様⑤ 小林彰様⑤ 手嶋康様⑤

桝井健右様⑤ 山田はるか様⑤ 菊池達哉様⑤ 内田雄二様④ 斧田健一郎様③ 山本義和様③ 

鎌倉達敏様③ 行徳国宏様③ 外国切手出品者の会様③ 市川郵趣会様③



2口のご支援(20名様)

新井理様 平尾勉様 島田茂様 伊藤文久様 加藤茂樹様 西海隆夫様

佐藤浩一様 藤田容弘様 菊地恵実様 豊田陽則様 久野徹様 天野安治様 牧野周一様

山田良一様 城野隆三様 手塚栄次様 李家彰様 うさぎのあしあと様 匿名希望2名



1口のご支援(85名様)

池田健三郎様 茂木伸治様 佐藤明夫様 三宅広和様 寺本尚史様 山本勉様 

米田元様 柏谷雅信様 山本亮様 加瀬嘉文様 新谷嘉浩様 北野雅利様 齊藤智様 山田廉一様

堂前福太郎様 増川光広様 荒木寛隆様 飯塚博正様 柏木崇人様 加藤純様 千代秀樹様

福田達也様 山本誠之様 長田伊玖雄様 有吉伸人様 宮崎幸二様 比留間晴久様 田村邦彦様

石川勝己様 槇原晃二様 藤原和正様 横山裕三様 須藤真様 深見英夫様 岡藤政人様

小藤田紘様 伊藤昭彦様 望月治様 水村伸行様 山﨑文雄様 白鳥信行様 横矢仁様

奥山昭彦様 神宝浩様 斎享様 多田由一様 石代博之様 大久保幸夫様 石田徹様 上田勝久様 

大越紳一郎様 米津武志様 須谷伸宏様 赤塚東司雄様 祖父江義信様 大嶋篤二様 中村幸隆様

池田正宏様 木戸裕介様 稲葉良一様 稗田健様 五十嵐伸哉様 宍戸俊介様 鎌田晋様

里見孝弘様 水谷行秀様 柳川裕文様 大沼幸雄様 縄幸市様 松井晃様 原和生様 林享様

大村公作様 永吉秀夫様 KURODANI様 Mガレージ様 dotechan様 Dad Philatelist様

JPS静岡支部様 JPS鹿児島支部様 JPS沼津支部様 姫路郵趣会様 吉田敬様 匿名希望2名



愛読者プレゼントをご支援くださった切手商の皆様

川口スタンプ社、ユキオスタンプ、ジャパンスタンプ商会、エージェントスタンプ




発行者としてまず最初にご支援くださいました皆様に厚く御礼申し上げます。特に一口2,000円のサポーターになっていただいた方は、昨年度の79名153口をはるかに上回るご支援となりました。これにより、雑誌の発行(印刷)はもちろん、公立・私立図書館500館への贈呈、2016年1年間のインターネットサービスの提供など全てを賄うことができるようになりました。改めて御礼申し上げます。


サポーターの裾野は毎年広がっており、本年127名もの皆様に広がりましたこと、皆様の当誌に対する期待をひしひしと感じます。これからも、結果の出なかった過去のジュニア収集家の育成方法に引っ張られることなく、インターネットを活用し、結果を出してまいりたいと思います。


なお当誌の配布につきましては来週中頃に、本ホームページ等で告知予定です。


SC2016_thum.jpg 


[ 2016年04月16日 08:55 ] カテゴリ:stamp club | TB(0) | CM(0)

フィラテリストマガジン第10号を発行しました。

tpm010.jpg
フィラテリスト マガジン 第10号を発行いたしました。購読会員の皆様には電子メールで発行連絡をいたしますので、マイ・スタンペディアよりダウンロードしていただければと思います。今号は、本誌140ページ。付録129ページです。どうぞお楽しみに。
[ 2016年03月15日 16:00 ] カテゴリ:フィラテリスト・マガジン | TB(0) | CM(0)

The Philatelist Magazine 2015号外 の発行について

20141231_1.jpgあけましておめでとうございます。

早速ですが「スタンペディア日本版」の機関誌として、本年より発行する事になりました「The Philatelist Magazine」は「2015迎春特集」として、執筆者からの年賀メッセージを中心とする約40ページの号外を発行いたします。こちら一般購読者の方には発売までお知らせせずサプライズとさせて頂きました。どうぞお楽しみ下さい。これに限らず、本年も色々なサプライズを会員の方には提供して参りたいと思います。

ちなみに本年から有料となりました「The Philatelist Magazine」の講読申込は12/28時点で約180名と、目標とする200名を正月にも突破する勢いです。同日迄に入金の確認できた方には、ダウンロード用のホームページ「マイ・スタンペディア」のID,Passwordをお送りしておりますのでご確認下さい。

The Philatelist Magazineの講読申込はこちらからどうぞ。
今からのお申し込みでも、2015迎春特集の号外をご覧頂けます。

迎春メッセージをお寄せ下さった方のお名前(敬称略)
大場光博、伊藤文久、木戸裕介、野々下厚司、内藤陽介、高崎真一、近辻喜一
行徳国宏、重山優、山崎文雄、鏑木顕、水谷行秀、江村清、町屋安男、岡藤政人
鈴木盛雄、永吉秀夫、鯛道治、水村伸行




[ 2015年01月01日 05:00 ] カテゴリ:フィラテリスト・マガジン | TB(0) | CM(0)

The Philatelist Magazine 創刊のお知らせ

20141218_01.jpg 今月15日に The Philatelist Magazine 試験発行の最終号となる、第5号を発行しました。
今号冒頭で発表させて頂きましたが、無料での試験発行は本号をもって終了となり、第6号からは本発行を行う事を発表いたしました。年会費2000円という価格は、郵趣メディアとしては格安ではありますが、無料と有料の間には2000円をはるかに超える壁があると分かっていたので、本発行にあたっては、進むか止めるか私なりに迷いました。折角600人にまで増えたご購読者も弱気に考えれば一割の60人にまで減ってしまうのではないか?そう思ったのです。

しかし一年間の実績があったためか、現時点で購読申込はたいへん順調です。
第5号の発送は12/16深夜でしたが、その直後から、お申し込みが断続的に入り、約30時間で73名の皆様からのお申し込みを頂戴しております。またその会費もPaypalの方中心に既に半数以上がお振り込み頂いております。紙版の購読者35名は恐らくそのままご購読継続になると思いますので、現時点では、絶望目標の一割、そして最低目標の100人ともに越えることは確実となりました。

もちろん、これで満足しているわけではなく、引き続きマーケティングを行っていこうと考えており、それに先だち、目標購読者数を200人に引き上げることにしました。こうやって目標数値を設定していると、10年前の現役時代の事を想いだしてちょっと楽しんでいる自分がいます。

おまけの特典もたくさんついた、The Philatelist Magazineのご購読はこちらからどうぞ。(1分で終わります!)
[ 2014年12月18日 16:04 ] カテゴリ:フィラテリスト・マガジン | TB(0) | CM(0)

当社発行雑誌のご案内

とある方から、当社で発行する雑誌が分かりにくいとのご指摘をうけました。
何ですって!
自分でもそう思っていたところです(苦笑)。

そこでちょっとまとめてみました。

1)Stampedia Philatelic Journal
 2011年創刊、年一回発行、バイリンガル、A4フルカラー印刷120-150ページで高そうに見えるけれど千円ポッキリの雑誌

2)The Philatelist Magazine
 2013年創刊、年四回発行、PDF、ただ今無料で第4号迄発行済で2015年より有料化の予定の最も素人っぽい趣味誌的な体裁の雑誌

3)stamp club
 2013年創刊、年一回発行、ジュニア向け、青いA5冊子で32ページ(無料配布)

画像があるともっと分かりやすいでしょう。
左から順に、1)2)3)です。
20141105_12.jpg 20140920_1.jpg 20141105_11.jpg

The Philatelist Magazineは12/15で試験発行期間が終了します。
来年から本発行に踏み切るか試験発行で終わりとするか、そろそろ意思決定しなければならない時期が参りました。
[ 2014年11月07日 02:28 ] カテゴリ:その他の郵趣文献 | TB(0) | CM(0)

書籍最終案内

20141104_01.jpg 郵趣文献ショップで取扱中の雑誌類の内、〆切間際の物、在庫僅少の物の宣伝です。

第2回ヨーロッパ切手展公式記録集
スイス大使館の記念事業認定のミニペックスの全リーフを収容する作品集
A4版160ページに4in1で収録しています。

残念ながら当日参観できなかった方へ見てもらいたいだけでなく、同展覧会を見た方にも思い出すために是非お買い上げ頂きたい一冊です。スイスカントンから現代までの切手を網羅した伝統郵趣、赤十字が揃ったテーマティク、プレスタンプやインフレ期が並ぶ郵便史と見どころ満載です。

ちなみに同書は予約受付・入金済み分以外の在庫はほとんど製作しません。第1回製作分30部は現在ではたいへん入手難となっております。申込〆切は明日正午となっております。

モノクロ2000円、カラー6000円

Predecimal Machins by Anthony Walker, FRPSL
本年のフィラテリックジャーナルの目玉記事であるエジンバラ在住の英国人ウォーカーさんが一年前に出版した書籍で、日本に11部輸入しましたが遂に最後の一冊となりました。
マーチンで国際展ゴールド!
英国切手収集家はもちろん、モダン切手収集家にとっても教示の多い本です。
8229円

国際郵趣サミット講演録第1巻〜第8巻
スウェーデンのマルモ市で開催のサミットの講義を収録した書籍です。
一部の号は版元完売。国内でこれを完揃いで持っているのは、私以外には私を通して揃えられた数人しかいないでしょう。直販でも買えますが送金手数料、為替交換手数料、郵送料などを考えますと在庫があれば是非当社でお求めになられるとお得です。
各巻 4860円

すべての書籍は、郵趣文献ショップで販売中です。

[ 2014年11月04日 10:38 ] カテゴリ:その他の郵趣文献 | TB(0) | CM(3)
このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索