Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  2012年04月

封書料金50円時代の記念切手(1)田型・櫛形印

専門収集で使用面を提示するにはカバーが必要ですが、とはいえ、使用済み集め・消印集めは楽しいので、ちょっとハードルをあげて、まずは田型の櫛形印を揃えてみようと思いました。

使用面封書50円時代の記念切手の使用済みなんてありふれていると思っていたのですが、すべてを田型かつ、櫛形印に限定すると、すぐにはコンプリートで来ません。

左は昭和52年発行アマチュア無線50年記念切手です。大垣局、昭和52年11月25日櫛形印。別納使用の可能性も高いのですが、ローラー印に比べると少ない気がします。


 

櫛型印にしぼっていても、ローラー印の田型が目につくとつい買ってしまいます。試行ローラー印や彫刻印をからめると実は面白かったりすると思いますが、まだそこまで調査できていません。

左は昭和53年12月に発行された人権週間切手の初期使用例で、荒川局、昭和53年12月22日の櫛形印消し。記念切手の発売直後には、そこまで別納利用されなかったのでは?という期待も込めて、時期を絡める事は大事な気がします。


 

時期にあわせて、局名で遊ぶ、もしくは珍しい局を取り入れるのも変化が出るかもしれません。

左は昭和55年発行の国際地理学会議・国際地図学会議記念切手ですが、昭和55年9月5日の櫛型印消しで、郵便局は、天王寺郵便局・貯金局内分室です。

まだまだこれだけでは、変化も全然足りていないのですが、まずはコンプリートして、そこから更に面白いものにしていけたらなーと思います。

関連記事
[ 2012年04月13日 11:05 ] カテゴリ:日本通常切手 | TB(0) | CM(0)

切手収集を始めた頃のカバーを入手

先月一ヶ月、日本切手の整理をしましたが、その中で、自分が切手収集を始めた頃に発行された切手のカバーも出てきました。
下に示すのは、昭和52年に発行された新国宝シリーズ2集・低額面の国内宛簡易書留使用例です。単貼りでないし、封筒も大型で一昔前だったら見向きもされなかった存在だったでしょうが、記特研の友人の横山さんもなかなかいいカバーだねーとおっしゃってくれた一品です。

ゼネラルコレクターなので、日本の記念切手は一応すべて集めていますが、深く収集するのは封書料金50円時代にしようかと考えています。メイン収集はあくまで旧ドイツとスイスという超クラシックなので、この分野については、むしろ新しい所を集めてみたいと思います。ほかにやってる人も少ないようですし。

新国宝2集50円切手4枚ブロック+通常75円切手ペア貼り=350円、静岡県宛て簡易書留書状。

柏局、昭和53年4月16日引き受け、櫛形印

 

 

関連記事
[ 2012年04月12日 14:57 ] カテゴリ:超現行 | TB(0) | CM(0)

日本切手の整理を一月やってみて。。。

2/28のブログで書きましたとおり、外国切手収集を一ヶ月中断して、日本切手の整理をしてきました。手彫切手から始まる通常切手、記念切手、その他の切手について使用済みとカバーを中心に倉庫にあった何十箱もの段ボールを開けて、分類を終えました。

 

特に使用済みについては、数量も多いので、中分類くらいまでしかできていませんが、カバーについては、何をもっているかが大体分かってきました。カバーの整理については前回のブログでも書きましたが、皆さん頭を悩ませていると思いますが、僕はあれに加えて、文房具屋でよく売っている、A4書類収納ケースをダストケースとして利用する、A4クリアファイルでの収納方法を併用しています。

一軍=>展示用リーフ
二軍=>A4クリアファイル+書類収納ケース
三軍=>大型プラスティックケース
四軍=>段ボールにまとめて倉庫へ

こんな感じでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、日本切手づけの一月でしたが、これがなかなか楽しかったです。ブログでも報告しましたが、通常切手では初めて菊切手を勉強してみましたが、目打を中心に製造面の理解が深まり、これからも続けて行ければと思っています。

上のクリアファイルに「航空切手カバー」とあるのですが、本当に偏って所有していました。小中学生の時のイメージがあるから航空切手なんてなんでもありがたがってしまうたちなのですが、五重塔の25円以上の額面のもの、大仏航空の大半って、カバーは結構駄物なのだと初めて理解しました。でもそんななかにも消印や宛先で面白いものが色々ありますから、安くてもいくらでも楽しめます。

僕の航空カバーの中で一番古いのは下記で、18銭ペア+富士鹿4銭=合計40銭オーストリア宛。(??)松川局・昭和12年8月(26)日の櫛形印消しです。 左上に差出人が書いてありますが、住所は現在の北朝鮮・平壌のようですので、気に入っています。

 

 

関連記事
[ 2012年04月11日 17:08 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索