Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  2012年08月

花火大会

今年の東京は残暑が弱いなーと感じます。そして夏の風物詩・花火大会が連日、東京では開催されています。花火を描いた日本切手は僕の大好きな切手の一つなのですが、今年も新たに発行されたので、それの速達使用例です。非常に素早く配達してくれたのはいいんですが、到着局の消印が薄すぎるのが玉に瑕です。

平成24年6月15日発行 ふるさと切手「ふるさとの祭 第八集 天神祭」(2種連刷発行の1枚)

引受印:沼津西 / 24.8.3 / 12-18

到着印:赤坂 / 24.8.4 / 0-8 

 

関連記事
[ 2012年08月12日 17:24 ] カテゴリ:超現行 | TB(0) | CM(0)

九七香港回帰中国記念張・・・こりゃなんじゃ?

先日のイギリス部会で、会長の吉村さんから吉田君これなんだろね?と言われたのが、こちらの切手もどきの記念シート。5枚セットの記念シートで、「香港J97.111」という銘も入っていますが、切手ではありません。画像を写メして自宅に戻ってからしらべてみたところ、中国のいくつかのネットオークションには出ているのを発見しました。15元ってことだとすると、5種セットでも200円しないくらいの価値ですが、大事なのはこれは一体何なのか?ということ。ネットオークションには記念シートという以上のことが書いてなくて困っています。どなたか教えてください!

 

 

 

関連記事
[ 2012年08月11日 21:21 ] カテゴリ:その他外国 | TB(0) | CM(0)

ステーショナリー収集

小中学生の頃、原色日本切手図鑑を穴のあくまでよんだ中でカラフルで気になっていた暑中見舞い葉書やその他のステーショナリー。当時は集めようと思ってもどこにあるのか?分かりませんでした。ネットオークションもなかったし、たまにJAPEX等で見かけてもカタログ値を大幅に越える値付けで手が出ませんでした。

下は、切手市場で先日、一枚50円の束から見つけた日本のステーショナリーです。さくらカタログ評価1200円ですが、8枚なので400円しかかかっていません。日付や年賀印の種類にも関わらず一律50円なので、頭を使えばちゃんとしたコレクションを拾えます。日立型や特別取扱が入ると高くなってしまいますが、一枚50円で買える範囲で、ちょっとコンプリートしてみたくなりました。

関連記事
[ 2012年08月07日 11:00 ] カテゴリ:内国葉書の郵便史 | TB(0) | CM(0)

スタンペディアエキシビションを紹介する動画

昨年PHILANIPPON2012会場で放映したムービーです。お蔵入りするのも勿体ないのでご紹介します。真ん中の△ボタンを押してください。

関連記事
[ 2012年08月06日 20:49 ] カテゴリ:無料世界切手カタログ・スタンペディア | TB(0) | CM(0)

今や、フリーマーケットを活用すれば中学生コレクターでもそれなりのコレクションが作れるだろうになぁーー。

昨日は池袋の切手市場に行ってきました。単価50−100円で数千円分のお買い物をしました。フリーマーケットはお金よりも時間がかかるところで、大量のブツの中から自分のコレクションに加えるものを探すのは楽しくもありますが、そうは集中力が続きません。今回も一時間半程でギブアップ。喫茶店で話する方がむしろ楽しくなっているかもしれません。中学生の頃はこのようなフリーマーケットはなくて、せいぜい盆まわし程度でしたから、物量や割安感が違います。時間さえあれば中学生でもそれなりのコレクションが作れると思いますが、残念ながら少年コレクターは皆無でした。。。

関連記事
[ 2012年08月05日 13:47 ] カテゴリ:ユースへのフィラテリーのプロモーション | TB(0) | CM(2)

スタンペディア・メイキング映像

昨年PHILANIPPON2012会場で放映したムービーです。お蔵入りするのも勿体ないのでご紹介します。真ん中の△ボタンを押してください。

 

関連記事
[ 2012年08月04日 08:03 ] カテゴリ:無料世界切手カタログ・スタンペディア | TB(0) | CM(0)

和欧文機械印の初日印

関西に行っていたので、少しブログを書くのが空いてしまいました。7月は21回もブログを更新できました。継続して書こうと思えば書けるんですね!!7月末は各種原稿の〆切や国際展の出品申込が相次ぎました。国際展はスイスを出す予定ですが、初出品なのでacceptされる可能性は高いと思いますので、作品作りに向けて、色々と研究していこうと思います。プレーティングや紙分類などの製造面とスタンプレスカバーの郵便史が最近楽しいです。という本文とは関係有りませんが、図は私のサブコレクションである和欧文機械印の初日印です。東京中央 1968/12/1 8-12 いつかはこちらも作品を作りたいです。

関連記事
[ 2012年08月03日 08:22 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索