Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  2013年06月

登録審査員による切手展2013

今週末は忙しく、本日土曜日の朝一の一時間、終了間際の一時間をなんとか確保し、参観してきました。やまれんさんや山口さんといった、日本切手の事をいつも優しく教えてくださる先輩に迎えられ、最初に目がいったのは即売コーナー。

第二次大戦中の中国発スイス宛てカバーを何通か衝動買いしてしまいました。切手の状態は決して良くないのと、フィラテリックカバーである点はマイナスですが、最近スイスをクラシックだけでなく、大戦中のincomingメールにまで広げて集める様になったものですから、それで買ってみました。料金とかは重山さんのご専門なので、いつか教えてもらおうと思っています。
20130629_1.jpg

会場には朝から熱心な郵趣家が何名も訪れていましたが、中でもスタンプショウ=ヒロシマ2013でご挨拶させて頂いた、新潟の菊池様に再会できたのがたいへん嬉しかったです。ほぼ同時期の再開組として話す事は尽きる事がなく、時間が許せばもっとお話ししたかったと思います。今後の郵趣振興についても参考になるご意見をお聞かせ頂く事ができ、とても有意義な時間を過ごす事ができました。

夕方にも通って作品鑑賞を繰り返しましたが、私が朝夕と未時間時間で、何度も見なおしたものだけご紹介いたします。(取り上げていない作品は、既に他のミニペックスで拝見したり、個別に拝見しているため記載していないだけで、他意はございません)

・ 手彫切手の話題(テーマティクワンフレーム)高野さん
 手彫研でお世話になっている高野さんのご出品は事前に存じ上げていたのですが、まさかテーマティクとは思わず、いい意味で会場で口をあんぐりさせました。以前、Philatelic Journalで千葉晋一さんが、桜6銭はIonian islandsの切手を模倣している事を書いていらっしゃいましたが、さらに似ているスイスのホテル切手を展示されたり、切手の製版方法の歴史として、原板をコピーしたPenny Balck方式と、シートのすべての切手を掘った龍切手の様な外国切手を紹介(NSWでしたが、ちなみにZurichも同様です)し、その一例として桜切手のリコンストラクションを展示していました。競争展のテーマティクとしては正直難しいテーマだと思います。しかし、是非この作品が更に展開されるのを見たいなと思っています。

・ 日本ポスタル・ステーショナリー(ステーショナリー)古家さん
 名古屋コレクターズクラブの会報で石代さんの紐枠葉書のコレクションを見て以来、ますます興味を持っている初期の葉書。その内、1898-1908年に発行された物を2フレーム展開されたコレクションで使用例の大半は特殊取扱、製造面も恐らく版番号と思われる記述がされており、コレクションの作り方として参考になりました。

・価格表記-保険扱い-現金書留郵便(郵便史)天野さん
 日本の郵便史を料金から出発して勉強中の僕に取っては、現金書留の郵便料金通史である本作品はとても勉強になりましたし、身を以て理解する為にも同様のコレクションを自分の在庫から作ってみたいと思った次第です。

・米大統領シリーズ郵便史-不足料・手数料納付使用例(郵便史) 柏木さん
 JAPEXではいつもためになるアドバイスをくださる柏木さんが力を入れている不足料切手使用例。そのコレクションを拝見するのは初めての事でした。米国には不足料切手があるにも関わらず、日本みたいな、通常切手の不足税使用例が多数展示されており、勉強になりました。郵便史作品を台切手別にやることは競争展では難しい展開法でしょうが、今年のJAPEXの特別展示もにらみ作られた作品かと思います。たいへん勉強になったので、あわよくばもう一度JAPEXで拝見できればと思っています。

・二重丸印から丸一印(マルコフィリー)やまれんさん
 やまれんさんの新作です。たしか去年はハワイ王国の伝統郵趣作品をご出品されており、今年はその続きを期待してきたのですが、メイン領域の小判切手に近いとはいえ、マルコとは思いませんでした。
今まさに通史として学びたい知識が沢山つまった作品でした。いつもありがとうございます。

・戦後の欧文櫛型印(大阪局)(マルコ)石川さん
 石川さんは郵趣研究の連載で、クラシックステーショナリーの判別のご研究を筆頭に手彫切手を集めておられるイメージしかありませんでしたので、まさか戦後の欧文印のサブコレクションが拝見できるとは思っていませんでした。僕は欧文機械印を集めていますので、欧文印も興味があります。この作品も改めてゆっくり見たいのになー、という後ろ髪を引かれたまま会場を後にした作品の一つです。

・戦後の国内線FFC(エアロ)
 稲葉さんも戦前伝統郵趣のイメージが強く、戦後の国内FFCの大コレクション(5フレーム)を見る事ができるとは思ってもいませんでした。葉書料金の郵便史コレクターからすると、1951.10.24-10.31の間のみ使用された国内航空便葉書使用例が何通も展示されており、垂涎の作品でした。

関連記事
[ 2013年06月29日 20:04 ] カテゴリ:その他の切手展 | TB(0) | CM(2)

明治16年の市内便特例暫定料金

日本の葉書料金の遷移に着目した郵便史作品を作っているのですが、明治16年からの葉書料金1銭時代の冒頭を飾るのは、半銭だった、「市内便特例暫定料金」の使用例です。(明治16.1.1-2.20)

大阪バザールで見つけた大阪の大型拇太印押し明治16.2.15という後期使用例をもっているのですが、初期使用例が欲しいなと思っていたところ、先日のスターオークションに出品されました。東京拇太印の明治16.1.4ですので、並べるには丁度よいアイテムです。

大阪バザールは、掘り出し物でしたので、1000円で入手できたのですが、スターオークションの出品物は最低値8000円。正直落札値が見えなかったので、いつも通りフロアに参加したかったのですが、総選挙@横浜に行っていたため、参加できず不安を抱えながら強気の札をこの一品にだけ入れ、予算上限の22,000円で落札できました。普通に考えたら「高い」のかもしれませんが、僕の郵便史作品は、初日と終日、それが無理ならなるべくそれに近い時期を展示しているので、欠かせないマテリアルです。

ところで、「市内便特例暫定料金」制度がいつ定められたのか、郵政による資料(布告など)にあたって、書込をしっかりしたいなと思っているのですが、お勧めの書籍もしくは雑誌などありましたらアドバイス頂けませんでしょうか?

20130616_1.jpg
関連記事
[ 2013年06月27日 15:15 ] カテゴリ:内国葉書の郵便史 | TB(0) | CM(0)

英国、日本切手協会のホームページのリニューアル

日本のフィラテリストが、イギリス切手の会やドイツ切手の会を持つのと同様に、日本以外のフィラテリストが、日本切手の会を運営している事があります。

有名なのは、アメリカ人が運営している日本切手の会ですが、イギリス人が運営している日本切手の会もあります。同会のホームページがリニューアルされたので、ご案内します。

JAPEXへの常連でもある、Kenneth G. Clarkさんらが運営されており、会員募集の為のページではありますが、一度は顔を出してみたいなぁと思います。(でも、僕より圧倒的に彼らの方が知識あるんだろうなぁ。。。日本切手については)

20130624_1.jpg
関連記事
[ 2013年06月24日 18:48 ] カテゴリ:日本通常切手 | TB(0) | CM(0)

サイパン

20130616_2
サイパンダはご存知でしょうか?僕はサイパンは一度も行ったことがないのですが、行く友人行く友人、お土産に僕にサイパンダ・グッズを買ってきてくれます。このブログの読者様でも先日、shiggyさんが、サイパンダのリュックサックを買ってきてくださいました。ありがたいことです。

米国の海外領土であるサイパンは、第一次大戦まではドイツ領、その後は日本領でしたので、この期間の郵便物があることは、ジュニアの頃から知っていたのですが、高そうな印象があり、なかなか触れられずに来ていましたが、内国葉書の郵便史を作る中で、南洋での葉書使用例を入手するにあたり、最近いくつかマルコフィリーの観点からカバー類を入手しましたので、ご紹介します。

20130616_4.jpg
サイパン発・米国宛てカバー
差出地:サイパン、櫛型印 大正7.2.18 (1918)、C欄「海軍軍用郵便所」
到着地:米国ニューヨーク宛、機械印 1918.6.12 New York Hudson Term. 印が裏面に捺印
検閲され、検閲済みのシールで封緘されたカバーです。

南洋の地名入り印は、野戦郵便局の消印として登場します。
大正4.10.-(1915)〜大正6.1.31(1917)は、C欄「艦舩郵便所」
大正6.2.1(1917)〜大正11.3.-(1922)は、C欄「海軍軍用郵便所」となります。
このカバーは後者で、JPSオークションに出ていて、最低値で落とせたのですが、マルコフィリーとしては印影が悪いので仕方ないかもしれません。ただ米国宛で、かつ検閲シールが貼ってあったので、トータルで入手しました。
改めて、「艦舩郵便所」「海軍軍用郵便所」の両方の綺麗なカバーか葉書が欲しいですね。


20130616_5.jpg
サイパン発・英国宛てカバー
差出地:サイパン海軍郵便局
経由地:横須賀、櫛型印 大正7.4.23 (1918)
到着地:英国オックスフォード
過去の所有者:Milo Rowell
サイパンに海軍軍用郵便所が開設された後にも関わらず、何故か現地で捺印されず、横須賀まで運ばれ、同地で捺印されたカバーです。ISJPの記事を見たところ、切手を貼らない公用便としてサイパンでは引き受けられた物の、横須賀で切手が必要と改められ、横須賀で切手が貼られ、捺印されたのではないかとの推測記事が書かれていました。
スタンプショウ=ヒロシマ2013で入手しました。過去にISJPにも掲載されたカバーで高かった。でも郵便史の観点から言えばよい一品です。


20130616_3.jpg
サイパン発・内地宛て葉書
差出地:サイパン、櫛型印 昭和8.8.2 (1933)、C欄「郵便局」
到着地:熊本宛
第一次大戦後、旧ドイツ領南洋諸島は日本に委任統治されることになり、それを受け、大正11年4月1日(1922)に南洋庁が設置され、その管理下に郵便局が置かれることになります。そこから使用開始されたのが、この消印となります。ちなみに機械印、ローラー印、年賀櫛型印、年賀機械印、櫛型欧文印もあるので、いずれは揃えたいですね。

内国葉書の郵便史作品に必要なのは、やはりなるべく初期・後期の使用例ですので、正直、この使用例では力不足かもしれません。これからも探し続けていきたいと思います。
関連記事
[ 2013年06月24日 15:27 ] カテゴリ:日本通常切手 | TB(0) | CM(0)

スタンプショウ静岡2013に行ってきました。

昨日、スタンプショウ静岡2013を見学する為に、会場の静岡中央郵便局まで行って参りました。
スタンペディアプロジェクトは、ネット上の宣伝という形で同切手展を後援させて頂いております。

最大の目的はこのシール切手を入手すること。
20130621_2.jpg
お城マニアでない方には、どうでもよい話かもしれませんが、駿府城は天守閣が残っていません。
小学生の時に広大な駿府城跡を観光に行きましたが、家康の晩年の居城だったのになんでないんだろう、と思った物です。

それが数年前から駿府城復元について諸説が出始めているらしく、それを元にしたお城が切手に描かれました。切手に駿府城が描かれるのが初めてという以上に、僕は駿府城の絵を初めてみました。考えてみれば信長の安土城も現存しませんが、復元の絵はいくつか見たことがあります。莫大な予算がかかるので、ROIを考えると税金からの建立は難しいのではないかと思いますが、城の復元は夢の一つだなと感じます。

今回の企画展示も、「日本の名城めぐり」という作品でした。
実は僕はサブテーマで日本の城のトピカル収集を始めたばかりです。知識を得るためにも今回の切手展はたいへん勉強になると思っていたのですが、切手や風景印だけでなく、エコー葉書や絵入り葉書、フォルムカード等のステーショナリーに広く題材を求めた展示で、たいへん参考になりました。
また城を描いた切手に風景印を押すだけでなく、お城で捺印できる記念スタンプを押した物もあり、一般への訴求としてはこの上ない、と思いました。

またもう一つ楽しみにしていた作品があります。
最近お話するようになった、長田伊玖雄さんは小判切手の大家でいらっしゃいますが、事前に頂戴した出品目録ではトピカル「世界文化遺産・富士山」という作品を展示されるとありました。どのような作品が展示されるか正直、事前に想像も付かなかったのですが、見てびっくり。これは立派なテーマティク作品ではありませんか。しかも、日本古来の物語や伝来の話を元にした展開(竹取物語、羽衣伝説、徐福伝説)を元にした導入部分は、富士山が好きでなければできない展開で、長田さんの富士山愛に驚きました。僕にとってのパンダと一緒ですね。

その後も富士宮の浅間神社の話がでてきて、「ああ。ここは、焼きそばを食べに行ったところだ!」と思い、関連小型印、桜・小判切手への丸二印、貯金台紙等々、富士山のテーマティク作品に関係することに二度驚きました。

それ以外の作品についても、主催者の小泉さんがご案内してくださり、それぞれの出品者のメインテーマを聞くに付け、(在日本外国郵便局等)以前も書きましたが、全日展や国際展におけるメダリストの数からして、静岡県のフィラテリストの水準は相当高いのではありますが、そういったフィラテリストの方が、頭を切り換えて、一般に訴求する作品を展示されているのだと理解しました。

よくよく見ると、企画展示を除き、長田さんの作品も含めすべての作品がワンフレーム展示でした。
SIZPEXの主催者の皆さんは、この切手展の最大目的を新規会員獲得においているのではないでしょうか。そう考えると、その狙いは見事に実現できており、だから新規会員を毎年獲得できているのだな、と納得できます。

どんなに楽しみにして出かける国際展でも、8フレーム作品を続けて5つも見たら僕はかなり疲労を感じます。
去年、スイスに出かけて、カントンの作品だけ5,6個見たら、もうオーバーヒート気味でした。

ましてや大規模切手展やミニペックスやていぱーくのつどいと違い、一般の郵便局の局舎ロビーで開催する切手展においては、気軽に見れて気軽に理解できる作品を展示しないと、そもそも見てもらうことができないのではと思います。

その点ワンフレーム作品は、パッと見てパッと理解することができる展示方法で、この切手展に適した展示方法だと思いましたし、私が今後主催するミニペックスや展覧会の内、特に一般層に訴求したい内容の時に考慮に入れたいポイントだと感じました。

このスタンプショウ静岡2013は、今週日曜日まで静岡駅前・静岡中央郵便局一階ロビーで開催されております。是非近隣の方はご来場ください。(日曜日だけ郵便局の閉局時刻が12時半ですのでお気を付け下さい)



20130621_1.jpg

関連記事
[ 2013年06月21日 11:21 ] カテゴリ:その他の切手展 | TB(0) | CM(0)

紐枠はがき ワンフレームコレクション

全日展2013の期間中に何度も見に行った、「紐枠はがき」のワンフレームコレクションが、先日入会した名古屋コレクターズクラブ会報「名蒐」の別冊として送られてきました。

この作品はステーショナリー作品であり、僕の「内国葉書の郵便史」作品は郵便史作品と違いはありますが、1銭及び1銭5厘時期の紐枠葉書に絞った使用例としてたいへん勉強になる作品で、心底「コピーが欲しい!」と思っていたのですが、出品者の石代さんのお名前は存じ上げていたのですが、面識がないため諦めてメモを取っていたのですが、まさか作品集を頂けるなんて、名古屋コレクターズクラブに入って本当に良かったです。

この作品には、一年半だけの料金である、書留葉書7銭5厘の使用例が二枚も入っており、僕の作品に欠けているものだったため、垂涎のまなざしでそれを見ていましたが、在中国局発の使用例の書き込み等もあらためて参考になりました。

「内国葉書の郵便史」は、JAPEXに出そうと思っていたのを半年早めて全日展に出した作品ですが、嬉しい誤算で国際展出品資格を得られましたので、次は2015年あたりの国際展にチャレンジしてみたいと考えています。
それまでの間は、各料金時期のキーアイテムを展示すべく、それぞれの時代やステーショナリー・切手ごとのコレクションを一つでも多く拝見して、勉強して行きたいと思います。

20130609_1.jpg

日本のクラシック切手全般の知識は、広島の「蒐郵会」、名古屋コレクターズクラブ、JPSの菊田沢部会の三つから頂いております。私の中での日本郵趣界のベストスリーです。



関連記事
[ 2013年06月18日 12:30 ] カテゴリ:内国葉書の郵便史 | TB(0) | CM(2)

速達葉書料金最終日

料金に着目した郵便史作品を作っているので、料金改正日を覚えては、初日・終日印を狙っています。
しかし、オークションマテリアルではないものが多いので、大半の入手は一束50-100円からになりますが、速達になるとさすがにオークションにでてきました。

これは、先日のジャパンスタンプオークションで入手できた一品で、葉書料金2銭時代の途中で特殊取扱料金が変更になった時の最終使用例です。(静岡・焼津 17.3.31 => 京都市下京区 到着印:七条局)

切手の貼り合わせも、ルートも消印も普通なので落札価格は3,200円と安かったのですが、料金に着目した郵便史作品を作っている僕からすると、アピールできる歓喜のマテリアルです!!


20130610_2.jpg
関連記事
[ 2013年06月15日 02:05 ] カテゴリ:内国葉書の郵便史 | TB(0) | CM(3)

スタンプショウ静岡2013を後援することになりました。

来週一週間、静岡中央郵便局一階で、第43回静岡切手展が開催されますが、スタンペディア・プロジェクトはこの切手展を後援し、インターネット上の宣伝を担うことになりました。日本の城郭を見に行くのが大好きな私にとっては、特別展示の「日本名城めぐり」はたいへん楽しみな作品であり、できれば来週前半に静岡まで足を伸ばして見てこようと考えています。

ところで、この切手展を後援する事になったきっかけは、切手商・切手サークル主催者への、フリーペーパー「stamp club」の無償一括提供でした。お申し込み頂いた、日本郵趣協会 静岡支部・支部長の小泉文明様から同切手展のご案内を頂き、私がお城マニアというご縁で、とんとん拍子に話がまとまりました。

全日本切手展・授賞式に静岡県在住のフィラテリストが多数ご参加されていた事からも、静岡県の郵趣の水準が高いことは感じておりましたので、スタンプショウ=ヒロシマの30回を越える独自地方切手展の開催もうなずけます。トピカル作品が多いのですが、その中には、小判振舞処の長田さんのお名前も。今から参観が楽しみです。

実行委員会の皆様のご依頼で、当日配布されるパンフレットを事前にお送り頂き、今回ブログに掲載できることとなりましたので、以下是非ご覧下さい。(なお、実際に配布されるパンフレットはカラーではなくモノクロですのでご了解ください)


20130614_1.jpeg
20130614_2.jpeg
20130614_3.jpeg
20130614_4.jpeg
20130614_5.jpeg
20130614_6.jpeg
20130614_7.jpeg
20130614_8.jpeg
関連記事
[ 2013年06月13日 00:17 ] カテゴリ:その他の切手展 | TB(0) | CM(2)

往復葉書の整理方法

往復葉書の開き使用がだいぶ集まってきたので、整理方法を考えてみました。
返信部分の使用・未使用に関わらず、やはりここは裏面も示したいもの。
ということで、カラーコピーで70%縮小した裏面と共にクリアポケットに入れることにしました。(無印良品 557円)

20130605_2.jpg

これらの往復葉書は全日展で@100-300円で買ったものなのですが、購入時には、ボストークリーフに表面だけがヒンジで貼り付けられる形で整理されていました。昔はなんでもアルバムリーフに整理しないとダメという指導がされていた事が影響しているのかと思いますが、整理先をアルバムにするかストックリーフにするか、クリアフォルダーにするかが大事なのではなく、情報をどのようにぱっと分かるように示せるかの方が整理においては大事かと考えています。



往信と返信の料額印面の色違いも同一ページで示す事ができます。

20130605_3.jpg

関連記事
[ 2013年06月12日 11:33 ] カテゴリ:内国葉書の郵便史 | TB(0) | CM(0)

南米で最も使われている世界切手カタログはイベール

ここ数年、ウルグアイのディーラーでないフィラテリストと仲良くなって、僕のゼネラルコレクションの内、ウルグアイを始めとする南米切手についてウォントリストを渡して手伝ってもらっています。やり取りは英語、支払いはユーロなので、ヨーロッパの人とやり取りするのとさして変わらずにやり取りができているのですが、最近、「スコットカタログはあまり南米では使われてないんで、時々間違えて手配しちゃうんだよな−」とつぶやかれました。

え?南米ってスコット使ってるんじゃなかったの?
答えはNoでみんなYvert(イベール)を使っているとのことでした。
20130605_1.jpeg

ポルトガル語やスペイン語の世界切手カタログがないのはわかるけど、どうしてイベールなの?フランス語は言語的に一番近いわけ?と根掘り葉掘り聞いてはみたものの、正解はいまだ分からず。
一応「一番最初に当地のディーラーが入手して一般の切手屋に置かれたのがイベールだったから」「通販で買いやすかったのが(対応してくれたのが)イベールだけだったから」との答えはもらいましたが、もし皆さんの中で理由をご存知の方がいらっしゃったらコメント欄などで教えてくださいませ。


関連記事
[ 2013年06月09日 11:12 ] カテゴリ:他者の郵趣文献・寄稿 | TB(0) | CM(0)
このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索