Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  2014年10月

Stampedia Philatelic Journal 2014 が納品されました!

20141030_09.jpg年刊郵趣雑誌「スタンペディア・フィラテリックジャーナル」4年目となります2014年号が本日朝08:00に印刷所より納品されてきました。今のところ、大きなミスもなく一安心です。

広告スポンサー各社・ご寄稿者・ご予約ご入金済み購読者に少しでも早く到着するよう、至近のポストの一便収集時刻の9:30に間に合わせるべく小一時間汗を流しましたが、ポストと二往復してようやく作業が完了しました。大半の宛先に明日到着すると思います。どうぞお楽しみになさってください。

JAPEX2014会場では、郵趣サービス社、ユキオスタンプ、ジャパンスタンプ各社にてお取り扱い頂いておりますので、会場でのお求めをご希望の方は各社までお越し下さい。

会期後のお求めは、上記三社に加えて埼玉の川口スタンプ社の店頭と、当社のECサイト「郵趣文献ショップ」がお取り扱いしております。

本年の寄稿記事
・旧小判切手 設楽 光弘(40ページ)
・戦後の切手で国際展を戦えるか? アンソニー ウォーカー(20ページ)
・10円日本鹿切手・図案完成の経緯 斎 享(19ページ)
・初期の記念はがきの使用例 天野 安治(23ページ)
・日清戦争の軍事郵便の収集ポイント 玉木 淳一(11ページ)
・テーマティク作品 A History of Hong Kongに関するメモランダム 内藤 陽介(25ページ)

フィラテリックジャーナル史上最多ページ数の152ページ、オールカラーながら本年も販売価格 1,000円 を継続しております。発行部数:1,500
関連記事
[ 2014年10月30日 09:20 ] カテゴリ:Philatelic Journal | TB(0) | CM(3)

JPS部会ラウンジ「アルプス・ヨーロッパ切手の会」にお越し下さい。

20141030_1.jpg今週末はJAPEXですね!

ところで三日間開催されるJAPEX2014を契機に、JPS系の外国切手部会を一つ作る事になりました。

会の名称は「アルプス・ヨーロッパ切手の会」で、フランス, イタリア, スイス, オーストリー, スロベニア, モナコ, リヒテンシュタイン, バチカン, サンマリノ切手の伝統収集や郵便史収集をする収集家を対象にしていますが、参加者の顔ぶれからこの地域を越えて、(既存部会で取り扱わない)世界中の国のフィラテリーを話題にしてもいいかなと考えています。

JAPEX会場では、JPSの部会ラウンジにブースも出しますので、是非遊びにきてください。
できたての会ですので、他の部会の様に売り物が充実しているわけではないのですが、先日の「第二回ヨーロッパ切手展の公式記録集」の予約販売等を行う予定です。

なお普段の活動はメーリングリストですので、メールアドレスをお知らせ頂ければご入会頂けます。
二年目以降はまだ決定していませんが、とりあえず来年3月末までは会費無料です。

関連記事
[ 2014年10月27日 20:29 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(3)

震災切手展の参観

毎年開催されている震災切手展を今年も参観してきました。

主催されている方とも知り合えた後ですので、あえて本音を告白しますと過去の同切手展への感想としては実は余りよい印象を持っていませんでした。というのも展示フレーム数が少ない上に、1フレームにシートが1,2点展示という内容で、ミニペックスを行う規模としてどうなんだろう?と感じていた時期もあったからです。

ただ今日、主催者の皆さんから解説を聞き、シートの珍しさもうかがい毎年連続して開催されている同ミニペックスの意義が改めて理解できました。そして震災切手の面白さを更に理解する事ができました。

そもそも論になりますが、ミニペックスは別に40フレームをフルに展示する事が目的ではありませんし、来場者を多く獲得する事が唯一の目的でもありません。私が主催者の一人でもある「ヨーロッパ切手展」は、まだ始まったばかりの切手展という事もあり、どうしてもフレーム数をフルに行う事や来場者数を気にしてしまいますが、展示される切手に興味のある人を少しでも掘り起こすという観点は欠かせないポイントの一つです。

この点、震災切手はとっつきにくい点もありますが、特に展示されている方々が解説してくれるとよりよく分かる部分もあり「震災切手の集め方を知りたい人」にとっては非常によい切手展として運営されており、またそのような参観者こそが主催者の求める参観者像で、震災切手収集家の増加により同切手の研究を進めようとしていると感じました。

このような観点でヨーロッパ切手展を考えると「ヨーロッパのある国の切手を伝統郵趣、郵便史的に集めたい」と考えている収集家に答えを与えるような展示や企画はされておらず、今後の改善の一ポイントとして考えてみたいと気付きました。

運営面でもたいへん勉強になり、震災切手自身についてもたいへん勉強になり、二時間程過ごしましたが、たいへん有意義な時間を過ごす事ができました。主催者の皆様、どうもありがとうございました。



関連記事
[ 2014年10月26日 19:21 ] カテゴリ:その他の切手展 | TB(0) | CM(2)

Stampedia Philatelic Journal 2014 のご案内 その6

20141016_01.jpg毎年一回秋に発行している、フィラテリックジャーナルについて6回連載で見所をおつたえしたいと思います。
(2014年版はJAPEX初日に発行予定です。ネットの予約注文はこちらへどうぞ



最終回となる今回紹介する記事は「テーマティク作品 A History of Hong Kongに関するメモランダム」です。
ご執筆頂いたのは、当誌創刊号にあたる2011年版でも一度ご執筆頂いた内藤陽介さんで、テーマティク収集家としてだけでなく、国際展審査員としても活躍されている方です。

郵趣振興を促進したい立場のフィラテリックジャーナルでは伝統郵趣、郵便史、テーマティクといった主要三分野については各分野とも一本以上の記事を毎号掲載する事にしていますが、どのようなテーマティクの記事を依頼するかについては毎回頭を悩ませています。

優れたテーマティク作品は、仮にそれが馴染みの薄いテーマであったとしても勉強になる事が多いのは事実ですが、一方でテーマティク収集していない収集家にはスルーされてしまいがちです。折角執筆者のお忙しい時間をお願いしてご寄稿頂き、翻訳や編集の労をかけて出版するわけですから、より多くの方の目に付き、参考になる記事を世の中に出したいと考えるのは当然です。

そこでテーマティクでは、もちろん各執筆者の作成コレクションをベースとし、事例はそこから出すものの、記事の内容は、競争展を勝ち抜く観点からの工夫に主眼を置く事にしました。そして、今回の内藤さんの記事については「テーマティク作品形成における郵趣マテリアルの選定」を大きな課題として書き下ろしをお願い致しました。実は「郵趣マテリアルの選定」は、今年4月にスウェーデンのマルモで開催された世界郵趣サミットでも三日間を通じて勉強した内容であり、私の中ではもちろん世界的にも関心の高いポイントだと思います。その点では非常にタイムリーな記事になったのではないかと思います。

こんなStampedia Philatelic Jounral 2014ですが、今の所11/1発行予定で、価格は今年も我慢の千円据え置きです。どうぞお楽しみになさってください。


20141016_04.jpg
関連記事
[ 2014年10月24日 03:49 ] カテゴリ:Philatelic Journal | TB(0) | CM(0)

Stampedia Philatelic Journal 2014 のご案内 その5

20141016_01.jpg毎年一回秋に発行している、フィラテリックジャーナルについて6回連載で見所をおつたえしたいと思います。
(2014年版はJAPEX初日に発行予定です。ネットの予約注文はこちらへどうぞ



第5回目となる今回紹介する記事は「日清戦争の軍事郵便の収集ポイント」です。
ご執筆頂いたのは、この分野で国際展金賞を受賞されている玉木淳一さんです。玉木さんは同分野の単行本も本年ご出版されており、私も勉強させて頂いておりますが、現在日本の軍事郵便に関する情報を最も積極的に発信されているフィラテリストの一人です。

フィラテリックジャーナルでは今回からバックナンバー索引(1、2、3、4号分)をつけたのですが、それを見ますと、二年前の2012年版で英国のケニス G クラークさんが「日露戦争」という軍事郵便の郵便史の記事を執筆されているのが思い出されます。

今回の記事はその前の日清戦争の記事であり、マテリアル数の少なさもあり、貴重なカバーも惜しみなくカラーで大きく紹介されています。

こんなStampedia Philatelic Jounral 2014ですが、今の所11/1発行予定で、価格は今年も我慢の千円据え置きです。どうぞお楽しみになさってください。

20141016_03.jpg
関連記事
[ 2014年10月21日 03:48 ] カテゴリ:Philatelic Journal | TB(0) | CM(0)

藤沢、目白と博多の切手展

Stampedia Philatelic Journal 2014の編集中は、第2回ヨーロッパ切手展の主催以外はほとんど見る時間が取れなかった切手展をこの二日で立て続けに三つ見てきました。

一つ目は楽しい湘南切手展2014(藤沢駅)で、収集再開した何年か前に一度来たことがあるのですが、その時は20分くらいで帰って、湘南の方にドライブに行ってしまったので余り印象に残っていません。今回はPhilatelist Magazineでもお世話になっている内田さんからもお誘いを受けたのでじっくり見ようと思い、落ち着いて行ってきました。

印象としては会場のど真ん中にブースがでーんとあって、その周囲を囲むように展示がされているという、昨年訪れた市川切手展に近い会場構成でした。この構成は、作品が明るく見える上に、死角となる場所に作品が置かれないため、変な輩のいたずらもふせげるという点で一つの成功例ではないかと僕は考えています。

でもってブースは日本切手の面白い物が沢山あり、結構色々買ってしまいました。
「日本なんて買うの?」と良く聞かれますが、日本なんて良く買います。通常も記念も古いとこも新しいとこも集めてます。スイスと日本はゼネラルでやってますんで!
国際展狙う展示に使えるマテリアルもありましたし、どう考えてもゴミになるだろってつっこまれるものもかなり買いましたが、カバンがパンパンになる(スキャンしてカタログにしようと思った消印コレクションのバインダーが一つあったので)ほど買って1万円でお釣りがでるほどでした。

返す刀で今度は藤沢から目白に向かいます。昔なら小田急使ったんでしょうが、今は湘南新宿ラインという便利な物があるので、JRでの移動です。向かう先は鉄道部会の鉄道切手展。ここは中二の時に人物部会でお世話になった三浦正悦さんがやってらっしゃるミニペックスで、会場でもその話を三浦さんとしました。今年は鉄道の当たり年(新幹線50年や鉄道シリーズの発行などで)で、特に新幹線をテーマにした10フレームの展示は圧巻でした。この内容なら正直一般層へのアピールも大きいだろうなぁと思い、是非このミニペックスに限らず他の所でも展示の機会があるといいなぁと思いました。ただ、この展覧会はブースはほとんどなしでした。

でもって今日は日帰りで博多に行ってきました。行き先はスタンプショウはかた2014に併設される全九州ジュニア切手展で、JAPEXよりも全日展よりも多くの作品が展示されていたので、その秘訣を聞いてきました。残存率の高いジュニアへの郵趣振興の為に、どのようなジュニア向けの切手展を開催したら良いかを今色々と考えているので、非常に参考になる話をうかがうことができました。

九州のフィラテリストの展示は面白い着眼点の作品も多く勉強になることしきりでした。特に鹿児島の永吉さんの新昭和切手は、解説付きで講演をお聴きすることができ、よりよく頭に入ってきました。ブースは何件か出ていましたが、いつも大阪駅前バザールでは時間切れとなりがちなアベノスタンプで今日はじっくり腰をおちつけて在庫を見てみることにしました。1時間半ほど物色しましたかね、カバーを中心に色々と珍しい物を入手することができ、来た甲斐がありました。どうしても大阪ではジャパンスタンプのブースを中心に時間をさいてしまうので、アベノスタンプは気にはなっていたのですが舐めるように全部見ることがこれまでできなかったので。

夜は福岡支部の懇親会に参加させて頂きました。地方の切手展に参加するときはなるべく懇親会に参加するように最近はしていますが、楽しい時間を過ごすことができました。特に田畑さんからは勉強になる話を多数お聴きすることができ、今後の郵趣活動に参考になりました。

次のイベントはいよいよJAPEXです。
それまでにやらなければならないことが若干ありますが、今から多くのフィラテリストの皆様とお会いしたり再会できるのが楽しみです。

各地でお世話になりました皆様、ありがとうございました。






関連記事
[ 2014年10月19日 00:07 ] カテゴリ:その他の切手展 | TB(0) | CM(0)

Stampedia Philatelic Journal 2014 のご案内 その4

20141016_01.jpg毎年一回秋に発行している、フィラテリックジャーナルについて6回連載で見所をおつたえしたいと思います。
(2014年版はJAPEX初日に発行予定です。ネットの予約注文はこちらへどうぞ



第4回目となる今回紹介する記事は「戦後の切手で国際展を戦えるか?」です。
ご執筆頂いたのは、アンソニー・ウォーカーさんという英国のフィラテリストで、数年前から執筆をアプローチしていた方です。昭和40年代前半に発行された英マーチン切手(通貨単位変更前)という超モダンな切手の専門家で、国内展の低い賞の受賞に始まり、ついには複数の国際切手展で金賞を受賞する迄に到達した異色の収集家の文章です。

ウォーカーさんにお願いしたのはマーチンの解説ではなく、競争展への参加を諦めてしまっているモダンな切手の収集家の励みになるような道しるべ的な記事を書いて欲しいという事でした。異なる母国語を話し、世代も違い、メールでしかやり取りできない関係で、うまくコミュニケーションできるか心配しておりましたが、受け取った記事は思った通りの物で本当に嬉しく思いました。

実は私自身が、第三次動植物国宝を深く集めており、いつかは競争展に出品したいと考えています。しかし周囲からは評価されないから絶対やめた方が良いという声も耳に入ってきます。西暦2000年以降に開催された二大競争展で、同シリーズを単独出品された場合の受賞歴を調べたところ、銀賞(09年, 11年, 12年, 13年)銀銅賞(04年, 07年, 11年, 13年)でした。つまり現在のところ、最高賞は銀賞止まりのようで、国際展出展基準を満たしている作品はまだないという判断だということになります。

一方、これまでの出品活動を通じて競争展のルールを勉強してきた身からすると、どんなに新しいシリーズであれ、競争展のルールに基づいて構成されていれば、もっと高い受賞が可能なのではないかとずっと考えていましたので、皆様からのアドバイスはありがたく頂きながらも、充分競争展は戦えるという考え方は変わりませんので、収集品を単に集めるだけでなく、上手なストーリー展開とオリジナル研究に力を注いでおります。

このような考えの収集家が、ウォーカーさんの記事を読めば更に鬼に金棒で、タイトルリーフに始まり、モダンの切手の展示で気をつけなければならない点に気付かされます。このような観点からすると、英文も併記されている当記事は単に日本国内のモダン切手収集家を勇気づけるだけのものではなく、世界中のモダン切手収集家にとって参考になる記事なのではないかと考えています。そして私はまずその恩恵をさずかるべく、三次動植物の研究を進めるのでありました。

こんなStampedia Philatelic Jounral 2014ですが、今の所11/1発行予定で、価格は今年も我慢の千円据え置きです。どうぞお楽しみになさってください。


20141016_2.jpg
関連記事
[ 2014年10月18日 03:31 ] カテゴリ:Philatelic Journal | TB(0) | CM(2)

レターパックライトの新種が郵便局窓口に出現(2014.10.6 海事ビル内局)

昨日ようやっと、Stampedia Philatelic Journal2014を校了し、印刷会社にデータを渡すことができました。石の上にも三年と言いますが、当誌はそれを越える4年目を遂に迎える事になり、発行者兼編集者として喜んでおります。

特に今年はプライベート面で3-5月が多忙になってしまい、そのしわ寄せが、後の各種切手展への展示や雑誌の発行に波及し、フィラテリックジャーナルの発行も綱渡りの連続でした。ご執筆頂いた皆様のおかげで無事校了でき、今となっては喜びもひとしおです。

ところでその編集もまさに最終コーナーを回っていた10日程前に、レターパックライトの一目瞭然の「新種」を見つけました。ずっと記事にしたかったのでやっと書く時間が取れて嬉しい限りです。(図の右が従来の物。左
が今回見つかったもの)
20141016_8.jpg

新種を最初に確認したのは、2014.10.6 海事ビル内局で、午後5時の閉局直前に一枚だけレターパックライトを買った後、喫茶店で気付きました。その場でそれを実逓にした翌日、再び郵便局に行ったところ、海事ビル内局のライトはすべて新種。至近の麹町本通郵便局は従来型のライトを販売していました。

レターパックプラスの方(赤い封筒)は両局とも新種を確認できず、海事ビル内局の局員と立ち話をした中では、ポスト投函のライトに比べて、プラスの方は手渡し配達なので、詐欺に使われる事は少ない為、新種が出回っていないのではないかとのことでしたが、あくまで現状結果からの推測なので、今後発行されないとは限りませんので定期的に500円を購入してチェックして行きたいと思います。

20141016_9.jpg
細部の違い(上が新型、下が従来型)

20141016_91.jpg
細部の違い(左が従来型、右が新型)
関連記事
[ 2014年10月16日 03:48 ] カテゴリ:超現行 | TB(0) | CM(5)

第2回ヨーロッパ切手展は無事閉場いたしました。

20141012_01.jpg在日スイス大使館「日本・スイス国交樹立150周年記念事業」の第2回ヨーロッパ切手展は、10/10-11の二日間の開催を無事閉場することができましたので、まずはご報告申し上げます。
ご出品者の皆様、ご来場者の皆様、ありがとうございました。

私はぼーっとする間もなく、来る火曜日に迫りつつある、Stampedia Philatelic Journal 2014の最終校正中です。

画像のタイトルは「つわものどもが夢の跡」です。展示されていた「アニメ版・アルプスの少女ハイジ」を当日早朝まで作成していたことがよく分かる画像です。(笑)
関連記事
[ 2014年10月12日 11:41 ] カテゴリ:その他の切手展 | TB(0) | CM(0)

Stampedia Philatelic Journal 2014 のご案内 その3

20141004_1.jpg毎年一回秋に発行している、フィラテリックジャーナルについて6回連載で見所をおつたえしたいと思います。(画像は昨年版の表紙です)

毎年一回秋に発行している、フィラテリックジャーナルについて6回連載で見所をおつたえしたいと思います。(画像は昨年版の表紙です)


第3回目となる今回は「初期の記念はがきの使用例」のご紹介です。
ご執筆頂いたのは、天野安治さんです。私から改めてご紹介させて頂かずとも皆さんご存知の日本の大フィラテリストです。日本のステーショナリーは一度掲載したいと考えておりましたところ、切手展で天野さんからお声をかけていただいたのをきっかけに、ある時ご寄稿をお願いし、ご快諾頂いた次第です。

フィラテリックジャーナルでは英訳文章のチェックをしている関係で、編集をする中で、当該分野に自然と詳しくなります。その観点に到達した上で自分の手持ちのステーショナリーを見返してみると、天野さんがお書きになられた範囲であるフォアランナーから憲法公布迄の記念はがきの使用例で満足行くマテリアルをほとんど持っていない事に気付きます。各オークション紙を見ても出品数は決して多くなくかつそれなりの価格で落札されています。

今回の記事を契機によりこの分野の珍しさがクローズアップされることになると思いますが、その状況が伝わるように、カラー画像をふんだんに用いて編集を行いましたので、どうぞお楽しみになさってください。



閑話休題2
<JAPEX2014 企画出品のお知らせ>
先日少し書きましたが、JAPEX2014の企画部門に次の2作品を出品する事になりましたのでお伝えします。

1)記念切手使用例に見られる欧文機械印
今年の企画出品テーマは発行120年を迎える「記念切手」ということで、記特研メンバーの端くれとして何かを出したいなと思ったのですが、ホームページを見てもどうも出し方がよく分からない。
そこでJPSさんの会員事務局に問合せに行ったところ、翌週には是非という話になりまして、本展示を行います。

展示内容は、マルコフィリーの観点で収集している欧文機械印の収集品から、一軍・二軍を問わず、記念切手のカバー、単片を全部抜き出してきたものになります。企画展示だからできるのですが、戦前の古いところから昭和40年代の物までをカバー中心に、単片も配してレイアウトしました。

欧文機械印のカバーをお持ちの方はご存知だと思うのですが、普通のリーフには正しい向きに展示ができません。そこですべてダブルリーフで展示を行いますので、見た目もよくなるのではないかと思います。どうぞご期待下さい。


2)スイスクラシック
今年の企画出品テーマのもう一つである「スイス」について色々と悩み考えましたが、実行委員会よりご依頼頂いた当該作品を企画出品かつ競争出品する事にしました。

悩んだ背景の内最大の物は、私がメインコレクションであるGerman Statesとスイスクラシックについては、国内、海外問わず初出品から全ての切手展で自己負担で保険をかけているという点にあります。
今回も保険会社に見積もりを依頼しているのですが、今迄保険をかけなかった展覧会はありません。この点については全日展、JAPEX、国際展とも信用はしていますが信頼はしてはいけないと思います。というもの各主催者からは全ての出品者にとって保険の問題は自己責任だと明示されているからです。

おかげさまでミニペックス「第2回ヨーロッパ切手展」が在日スイス大使館のご協力を頂き、36フレームを埋める展示ができ無事開催できた事もあり、国内のカントン切手保有者としての努めは十分果たせたと思いますし、私としてもこの切手展をやることが本年の最大の目標でしたから良かったと思っています。

そうしたところ、8月下旬に上記「記念切手使用例に見る欧文機械印」の出品申し込みをした時に、事務局よりスイスクラシックの競争出品部門への出品を打診されました。口頭での話に即座に判断できる金額の話でないので「文書で依頼があれば検討します」と回答申し上げたところ、そこから3週間後くらいに先日書いた様な依頼状が届き迷っていたところまでは既に書きました。その後、郵便史研究会や各種MTGで色々な方に相談したところ、最終的には保険金を負担するのだから個人の判断次第だが、出してもらった方が日本の郵趣界の為には間違いなくなるというご意見が大半で、最後はえいやっで出品する事に決めました。うーん。保険金が。。。。

手続き面について気にされている方がいらっしゃる様なので若干の補足をしますと、文書依頼と僕の判断に日数がかかると、優秀な事務局のご担当の方が予め予測していたのでしょうかね。その方から9月の頭の時点で申込書の記入を強くお願いがありましたので「文書でご依頼を頂いても必ずしも受諾するという事ではなく、そこから初めて検討を始めるというのでよいのであれば書きます」とお伝えした上で申込書を書くと同時に、作品も早目に預かりたいという事だったので、これも「預けたからと言って出品する確約という意味にはならなくていいのであれば、第2回ヨーロッパ切手展での各出品者の展示作品を一週間前に持ち込むのにあわせてお持ちするのは可能です」とお伝え、持ち込んでおりますので念のためかきそえます。

僕はJAPEXの実行委員会側の人間ではありませんので、出す確約もしていないのに、何でこんなにせっつくんだろうとその当時は思っていたのですが、コメントで気にされている方がいらっしゃいましたので、なるほどねー、と思った次第で、その点はクリアできる様になってみるみたいです。たまたま第2回ヨーロッパ切手展が締切時期に開催されていて、作品を事前に持ち込んでいたというのも偶然ですが、事務局的には良かったみたいですね。

ということで以上2作品を本年の企画に賛同して出品致しますので、もしお時間ございましたら是非ご覧頂けましたら幸いです。
特に欧文機械印は、ここでしか展示できない様な作品ですので、ご批評も含めて感想をおきかせください。






関連記事
[ 2014年10月11日 12:35 ] カテゴリ:Philatelic Journal | TB(0) | CM(0)
このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索