Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  2014年12月

2014年の寄稿一覧

自分で発行する出版物以外に、2014年に寄稿した記事をまとめました。(インタビューや引用は除く)
記事の索引は作っておくと便利なので今後も年末にまとめてみようと思います。
なお、自社で出版物を発行しているにも関わらず他誌に記事提供している理由についてはこちらをご覧下さい。

    伝統・日本
  • 明治初期の日本切手のデザインに影響を与えた外国切手(イオニア諸島そしてスイス等) (最近の情報120号・最近の情報発信10周年記念、小判振舞処)
  • 竜切手のデザインに影響を与えた外国切手 (最近の情報121号、小判振舞処)

    伝統・外国
  • 英領ヘリゴランド (英国切手部会報 202号、イギリス切手部会)
  • カリブ共同体加盟各国・地域初期の切手 1 (英国切手部会報 204号、イギリス切手部会)

    郵便史・日本
  • 内国葉書の郵便史(1) (郵趣研究 117号[2014-2]、日本郵趣協会)
  • 内国葉書の郵便史(2) (郵趣研究 118号[2014-3]、日本郵趣協会)
  • 内国葉書の郵便史(3) (郵趣研究 120号[2014-5]、日本郵趣協会)
  • 内国葉書の郵便史(4) (郵趣研究 121号[2014-6]、日本郵趣協会)
  • 日本内国葉書の郵便史(1) (北陸郵趣 732号[2014.2]、北陸郵趣連盟)
  • 日本内国葉書の郵便史(2) (北陸郵趣 733号[2014.3]、北陸郵趣連盟)
  • 江戸時代の国際郵便物(incoming mail )スイスとの150年前の交流など (郵趣研究 119号[2014-4]、日本郵趣協会)

    郵便史・外国
  • 切手導入時期の特別郵便制度 ースイス・チューリッヒの州内郵便・特別割引制度を見るー (郵便史研究 第37号[2014.3]、郵便史研究会)

    マルコフィリー・日本
  • 新発見相次ぐ、欧文機械印 分類・収集方法から入手方法まで (郵趣研究 116号[2014-1]、日本郵趣協会)

    その他
  • 切手でたどるヨーロッパの小さな山岳国 スイス (郵趣 2014年11月号、日本郵趣協会)


* こうして見ると、本年は掲載雑誌の幅が広がり、取り扱いジャンルに英領が加わる等、バラエティに富んだ執筆活動ができた一年でした。2015年は「郵便史研究」の記念誌が発行されるので、それに掲載できる論文を執筆する事が一つのイベントでもあります。
関連記事
[ 2014年12月31日 10:47 ] カテゴリ:他者の郵趣文献・寄稿 | TB(0) | CM(0)

The Philatelist Magazine 創刊のお知らせ

20141218_01.jpg 今月15日に The Philatelist Magazine 試験発行の最終号となる、第5号を発行しました。
今号冒頭で発表させて頂きましたが、無料での試験発行は本号をもって終了となり、第6号からは本発行を行う事を発表いたしました。年会費2000円という価格は、郵趣メディアとしては格安ではありますが、無料と有料の間には2000円をはるかに超える壁があると分かっていたので、本発行にあたっては、進むか止めるか私なりに迷いました。折角600人にまで増えたご購読者も弱気に考えれば一割の60人にまで減ってしまうのではないか?そう思ったのです。

しかし一年間の実績があったためか、現時点で購読申込はたいへん順調です。
第5号の発送は12/16深夜でしたが、その直後から、お申し込みが断続的に入り、約30時間で73名の皆様からのお申し込みを頂戴しております。またその会費もPaypalの方中心に既に半数以上がお振り込み頂いております。紙版の購読者35名は恐らくそのままご購読継続になると思いますので、現時点では、絶望目標の一割、そして最低目標の100人ともに越えることは確実となりました。

もちろん、これで満足しているわけではなく、引き続きマーケティングを行っていこうと考えており、それに先だち、目標購読者数を200人に引き上げることにしました。こうやって目標数値を設定していると、10年前の現役時代の事を想いだしてちょっと楽しんでいる自分がいます。

おまけの特典もたくさんついた、The Philatelist Magazineのご購読はこちらからどうぞ。(1分で終わります!)
関連記事
[ 2014年12月18日 16:04 ] カテゴリ:フィラテリスト・マガジン | TB(0) | CM(0)

ミニ切手展見学記

切手の博物館のミニペックスが中心となりますが、今年は競争展以外の切手展もなるべく時間を見つけて見る様にしています。これまでにも見学記を書いてきましたが、JAPEX以降、三つ程参観しましたので感想を。


第5回世界の植物切手展 11/20−22
トピカルコレクションで近年のスタンプショウのグランプリを総なめしている石田さんから、上京されるとの連絡をメールで頂いたので、出張の合間に時間を作り訪問してきました。

スタンプショウの時期は海外の重要な郵趣イベントと重なる事が多く、数年に一度しか参観できておらず、私自身がお城のトピカル作品を展示した本年についても残念ながら参観叶いませんでした。

そんなわけで石田さんの作品をじっくり展示するのもこれが初めてでしたが、伝統郵趣的な記述が多く、かつクラシックの展示も多く、時間を書けて素晴らしいコレクションを作られているなと関心した次第です。

近代の日本の城の天守閣を扱った私のトピカル作品は、日本切手の割合が多い事もあり、郵便使用例を展示し、郵便史的な記述を多く設けています。石田さんの作品は使用例の展示はあまり多くなく、その代わりに私の作品にはほとんど出て来ないプルーフやエッセイ等製造面の展示が多いと感じました。

トピカルコレクションの作り方についてはほとんど論じられる事が無いため、異なるアプローチによる上位作品を出品者の解説付きで拝見できるのはありがたい事で、展示の背景の考え方についても充分理解する事ができました。作品集のCD-ROMを購入し、来年のスタンプショウに向けて色々と考えてみたいと思います。


第10回変わり種切手展 11/28−30
参観する迄は、変型切手の展覧会かと思っていたのですが、会場に入ったら品川仁さんがいらっしゃり、ご主催のミニペックスなのだということでした。動植物国宝以降の通常切手をジュニア時代に一所懸命に収集していた私としては、日比さんの「印字切手」コレクションの展示6フレームがたいへん勉強になりました。丁度私が収集を中断していた期間に収集されたコレクションで製造面の観点からもたいへん貴重な考察がされているコレクションで、ご出品者の日比茂春さん直々に解説をして頂く事ができました。

印字切手は、国際切手展における現代郵趣のテーマとして面白いかなと思った時期がかつてあります。しかしながら、どうやら昨今、現代郵趣は原則として21世紀発行の切手に限る傾向があるため、1997年から十年間にわたり使用された同切手への関心は薄れていました。でも来春の台湾展の様に時々1980年代以降に限定する現代展もまだ開催されるようなので、そのような展覧会に3−5フレームの伝統郵趣として出品するには非常に面白いと再認識しました。


世界の農産物切手展 12/1−12(全農ビル4階@大手町)
都心の郵趣関連の施設外での切手展ということで珍しく思い見学に行ってきました。こんな機会でなければJAなんぞのビルに行くこともないので大手町のJAビルに初めて入館しました。4階のギャラリーはいわば社食機能があり、入口の展示とパンフレット置き場と常駐されている説明員の方を除くと、切手展とはかけ離れた雰囲気でした。展示も植物切手部会の有志によるトピカルを中心とした10フレームの展示で郵趣的には正直物足りない点がありましたが、それでも私はこの試みには拍手を送りたいと思います。

郵趣振興にあたり、マーケティングの様々な段階でのテコ入れが必要ですが、少なくともファーストコンタクトの観点においては、二大競争展やスタンプショウ、ミニペックスの果たしている割合はゼロとはいいませんが、かなり限定的だと私は考えています。つまりそれらの会場を訪れる時点で、対象者は切手や郵趣にそれなりの意識を持った人になる為です。ジュニア向けの郵趣振興をしていて実感するのは、切手の博物館だけでなく、郵政博物館ですら入場料の値上げにより小中学生の訪問が激減し、最早ファーストコンタクトの場としては適さないということです。

変わるファーストコンタクトの場の模索を早急にしたほうが良いとぼんやりと考えていたのですが、盛り場であればあるほど接触人間の量は増えるわけですから、ビルの4階とはいえ一日の降車人口の多い大手町駅でのトライに意義を感じました。また開催にあたりJAに主催をしてもらいフレーム運搬費等の費用負担をしてもらう試みも斬新ですし、この切手展はベンチャーだと思いました。

ちなみに参観者としての限られた視点からの感想ですが、改善できる課題が沢山あると感じました。
でもそれはこの切手展を開催した成果だと思います。
つまり開催しなければ見えず、参観すらしない人には全く見えて来ない課題が明確になった時点で大きな第一歩だと思います。だから開催にご努力された関係者に皆様に敬意を表します。

このようなイベントの挑戦がこれからも多くの方によってされれば、私はそこから何かを学びたいと思いますし、また、自分もそのようなチャレンジをする機会を今以上に多く設けなければ、と思いました。




関連記事
[ 2014年12月02日 20:09 ] カテゴリ:その他の切手展 | TB(0) | CM(0)
このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索