Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  2015年02月

WSS NY2016 への出品についてのご案内 第2回

World Stamp Show NY2016へのご出品をお考えの方は、同展覧会の特別規則(PDF 5ページ 156kb)を熟読することが求められます。

従って出品者は英文で書かれた、特別規則の原文に当たっていただくのが必須となりますが、概要に関してはご出品されない方も関心あると思いますので、便宜上必要な部分の解説を日本語で以下、行いました。
あわせてご活用ください。



New York 2016 特別規則(全17条)

第1条 目的 省略

第2条 開催団体・場所・時期 省略

第3条 適用される諸規則など 省略

第4条 出品資格
 競争部門と非競争部門(招待制)があります。
 競争部門については、国際郵趣連盟に加盟する組織からの出品者であることが要件の一つです。
 日本の場合は、日本郵趣連合の会員であることが要件を満たすことになります。
 これに加えて第5条で示される出品クラスのうち、class1〜9と12については、国際郵趣連盟規則に準拠して審査することを宣言している国内切手展で75点以上を獲得している事が必要です。

第5条 出品クラス
 競争部門は15クラスが設けられています。こちらについては詳細を原文でご確認ください。
 なお文献部門については、A:2012.1.1以降発行物、C:2015.1.1以降発行物に限定されます。

 また珍しいクラスとしては下記が挙げられます。

 クラス8  マキシマフィラテリー
 クラス13 モダンフィラテリー
  最近20年の郵趣マテリアルにより構成される伝統郵趣、郵便史、ポスタルステーショナリー作品
  3から5フレームが割り当てられ、各国コミッショナーの推薦によりエントリーが可能となります。
 クラス14 オープンフィラテリー
 クラス15 ファーストデーカバー
  このクラスのみは国際郵趣連盟ルールではなく、米国ローカルの郵趣団体である、アメリカ郵趣協会(APS)の独自ルールで審査されるとのことです。

第6条 展示物の審査および賞について
 当然のことですが、競争出品については、国際郵趣連盟の審査員により審査されます。審査にあたっては、一般規則およびNY2016の特別規則に示された内容が適用されます。事前に国際郵趣連盟の役員会の承認がない限りは、これらのルールを逸脱する審査方法は認められません。

第7条 フレームサイズと割り当て
 1項 フレームサイズは98cm*120cmで、どのフレームも4列4段の合計16リーフを展示できます。この場合のリーフサイズは保護ラップ込みで最大で22cm*30cmです。レターサイズ(216*280mm)やA4(210*297mm)がこれらには含まれます。これよりも大きなリーフの展示にあたっては、他のリーフと重なっても良いのであれば展示ができますが、実行委員会はその結果、リーフやマテリアルが傷ついても責任はとりません。
 2項 リーフの色は白もしくは薄い色つきに限定します。黒地リーフは展示しません。
 3項 鑑定書の原本がある場合は入れること。
 4項 フレーム数について

第8条 出品申し込みと出品許諾について
 1項 出品申し込みを行う者は、一作品につき一枚の出品申込用紙を、各国コミッショナーを通じて提出すること
 2項 実行委員会は出品の可否について決定する。ただし、その理由は開示しない。
 3、4項 省略
 5項 出品可否の連絡は、2015.12.30までに各国コミッショナーに通知予定である。(なお年末年始の休暇の関係で各出品者への連絡は2016.1.10頃とお考えください。)
 6項 出品料は各国コミッショナーを通じて、2016.2.29までに実行委員会に納めること。
 7項 出品作品は、出品申し込み書に記載のあるタイトルを、展覧会の展示作品カタログに記載する。
 8項 展示作品のタイトル変更の場合の処理について

第9条 出品料
 1項 非競争部門は無料
 2項 競争部門はclass10,11,12を除き、フレームあたり95ドル。
 3項 文献部門(class 11)は一作品100ドル。
 4項 ワンフレーム部門(class 12)は一作品150ドル。
 5項 ユース部門(class 10)は無料
 *なお、当項目は実行委員会への支払金額のみであり、コミッショナーによる運搬を依頼する場合は別途費用が発生します。

第10条 展示物の取り扱い
 1項 遅延もしくは不適格展示物については展示されず出品料も返却しない
 2項 リーフには保護ラップをかけ、右下にナンバリングすること
 3項 実行委員会は展示作品の受取証を発行すること
 4項 実行委員会は作品を入れる封筒と内容物記載フォームを事前に送付すること
 5項 出品物は、1フレームごとに上記封筒一枚にいれて提出すること等
 6項 実行委員会は各国のコミッショナーによる運搬を強力にすすめるとのこと
 7項 文献出品について。2点ずつ送付すること。返却はしない。第5条とあわせてよむと定期刊行物は2015.1.1以降発行のすべての分のの提出が必要とのこと。事前審査の為、2016/2/29必着で提出すること。
 8項 省略
 9項 文献出品の送付先

第11条 展示物の展示および撤去 省略

第12条 税関規則
 各国コミッショナーが作品を持ち込むにあたり迅速な処理ができるよう実行委員会が用紙を作成し配布する予定であること、及び展示物は一時的な輸入品として取り扱われ、免税されることが明記されています。

第13条 セキュリティについて
 1項 実行委員会が会期中に相応のセキュリティ対策を講じる旨が記載されていますが、それ以外の期間は責任を追わない旨が記載されています。
 2項 また、そもそもすべての期間において、出品物への保険については出品者個人の責任と負担においてかけるものと明記されています。(日本コミッショナーも一切の責任を負いません。)

第14条 エキスパート・グループ 省略

第15条 実行委員会の権利
 すべての出品者は当特別規則を受け入れなければならない旨などが記載されています。以下省略。

第16条 当規則の承認について
 出品申し込み書にサインして提出することで、当特別規則を受け入れたことになる旨が記載されています。以下省略。

第17条 住所
 各国コミッショナーがやりとりする相手であるCommissioner General などの住所が記載されています。省略。
関連記事
[ 2015年02月27日 09:45 ] カテゴリ:WSS NY2016 | TB(0) | CM(0)

WSS NY2016 への出品についてのご案内 第1回

World Stamp Show NY2016は、ニューヨークで来年(2016年)5月28日から6月4日にかけて開催される国際切手展です。同切手展への日本からの出品については、日本コミッショナーである私、吉田敬を通しての申し込み及び、文献以外については運搬(帯同含む)が、実行委員会より求められております。

今後の予定
・出品申込期間       :本年7月下旬(二週間ほど設ける予定)
・アクセプト通知      :2016年1月10日頃
・出品料等の支払い     :2016年1月20日頃
・文献出品の送付期間    :2016年1月〜2月29日(必着)
・運搬に先立っての作品の送付:2016年5月の出発直前
・日本コミッショナーの渡米日:未定ですがNY直行便の予定です。
・日本コミッショナーの帰国日:未定ですがTOKYO直行便の予定です。
・作品の返送        :2016年6月の帰国直後

以上の通りスケジュール上は、まだまだ先のことですが、当国際切手展はこの10年間に開催される展覧会で質量ともに最大規模と言われており、出品のご検討をされる方も多いかと思いますので、事前に広く告知をするために早めのご案内をすることにいたしました。

なお各種情報は、当ブログへの掲載に加えて主要郵趣メディア編集部等にもお送りしております。「The Philatelist Magazine」「全日本郵趣」「郵趣」「たんぶるぽすと」「外国切手出品者の会」「テーマティク出品者の会」
*この4誌2団体以外でご関心のある郵趣メディアのご発行者の方、いらっしゃいましたらご連絡下さい。

同展覧会の特別規則(PDF 5ページ 156kb)につきましてはこちらよりダウンロードしていただけます。
日本語訳を近日中に作成予定ですが、まずはこちらをごらんください。

Stampedia Founder's BlogにおけるWSS NY2016に関するポスト
WSS NY2016 のホームページ

関連記事
[ 2015年02月21日 20:21 ] カテゴリ:WSS NY2016 | TB(0) | CM(0)

2015年4月以降開催のミニペックス決定(一覧表付き)

日本郵趣協会の今年4月から1年間のミニペックスの予定が、同社ホームページにて先ほどから公開されております。多彩な団体・個人が主催する多彩な展覧会が今年も見れることについて、主催者そして日本郵趣協会に感謝です。ちなみに4月開催の二つを皮切りに本年は出品予定の非競争展がたくさんありますので、スケジュール感をもって臨まねばですね!


郵便制度史切手展 4月10日(金)~4月12日(日) 行徳国宏氏
イギリス切手発行175周年記念
2015イギリス切手部会展
4月18日(土)~4月19日(日) 公益財団法人日本郵趣協会
イギリス切手部会
第11回変わり種切手展 5月1日(金)~5月3日(日・祝) 変わり種郵趣グループ
第13回天野安治・魚木五夫郵趣展 5月5日(火・祝)~5月7日(木) 天野安治氏・魚木五夫氏
第13回絵画切手部会展 5月9日(土)~5月10日(日) 公益財団法人日本郵趣協会
絵画切手部会
なでしこ切手倶楽部展 5月29日(金)~5月31日(日) なでしこ切手倶楽部
楽しいメータースタンプ展2015 6月5日(金)~6月7日(日) 公益財団法人日本郵趣協会
メータースタンプ部会
第30回昆虫切手展 6月13日(土)~6月14日(日) 公益財団法人日本郵趣協会
昆虫切手部会
東大OBによる切手を楽しむ切手展
/満月印展
6月19日(金)~6月21日(日) 東京大学切手研究会
/山田廉一氏
日韓国交正常化50周年記念
コーリア切手部会展2015
6月26日(金)~6月28日(日) 公益財団法人日本郵趣協会
コーリア切手部会
アメリカ切手展2015 america’15 7月8日(水)~7月12日(日) 公益財団法人日本郵趣協会
アメリカ切手部会
航空部会展2015 9月25日(金)~9月27日(日) 公益財団法人日本郵趣協会
航空部会
第3回ヨーロッパ切手展 10月9日(金)~10月10日(土) ヨーロッパ切手展実行委員会
第12回震災切手と震災郵趣展 10月13日(火)~10月15日(木) 震災切手研究会
ペンシルロケット60周年記念★
2015宇宙切手部会展
10月16日(金)~10月18日(日) 公益財団法人日本郵趣協会
宇宙切手部会
北欧切手展 NORDEX2015 10月24日(土)~10月25日(日) 公益財団法人日本郵趣協会
北欧切手部会
第6回世界の植物切手展 11月5日(木)~11月8日(日) 公益財団法人日本郵趣協会
植物切手部会
チャイコフスキー生誕175年記念
音楽切手展
11月21日(土)~11月22日(日) 公益財団法人日本郵趣協会
音楽切手部会
第7回テーマティク出品者の会切手展 1月17日(日)~1月20日(水) テーマティク出品者の会
第11回中国郵票展 1月23日(土)~1月24日(日) 公益財団法人日本郵趣協会
福井和雄理事長
パソコン郵趣部会展2016 2月19日(金)~2月20日(土) 公益財団法人日本郵趣協会
パソコン郵趣部会
第7回世界の郵趣展 3月6日(日)~3月9日(水) クラシックフィラテリー研究会
第8回聴覚障害者切手クラブ切手展 3月11日(金)~3月13日(日) 公益財団法人日本郵趣協会
聴覚障害者切手クラブ
菊田沢MINIPEX2016 3月18日(金)~3月20日(日) 公益財団法人日本郵趣協会
菊・田沢切手部会
第17回ドイツ切手展 Germania2016 3月25日(金)~3月27日(日) 公益財団法人日本郵趣協会
ドイツ切手部会
関連記事
[ 2015年02月14日 19:53 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

武蔵野地区合同切手展

英国部会で交流させて頂いている早瀬さんより2/7の切手市場で誘われて、三鷹郵趣会と方寸会の合同切手展を参観してきました。開催期日は2015/2/6-8、開催場所は目白の切手の博物館でしたので、最終日のラスト一時間のみの見学でしたが、日本だけでなく外国切手の展示も多い楽しい切手展でした。

どの展示も楽しかったのですが、特に参考になった6作品は次の通りです。

  • U小判5銭の国内仕様例(浅井治):U小判5銭は外信使用目的で発行された切手であるため、内国使用例は少なく、専門収集家でも国内使用例だけで1フレーム作るのは難しいと、バッタリお会いした柿原さんに解説して頂きました。勉強になりました。
  • 最近の日本特殊使用済み切手・カラーリーフ集(藤吉敏):Stampediaの会員特典として図入りリーフを作っている身として、郵趣家が、最近の記念切手をどう整理しているかはたいへん気になります。この方のリーフは、記念切手シートの切手以外の部分をリーフに印刷して、そこに使用済み切手を貼る事でリコンストラクションを完成させるやり方で、これも一つのやり方で将来ビジュアル版を出す際には取り入れてみたいなと思いました。
  • 大英帝国の興隆とビクトリア女王の崩御・ビクトリア王朝の終焉(早瀬英雄):今回この切手展を参観するにあたり、最大の目玉作品でした。以前早瀬さんがまとめられた文献でモノクロコピーで拝見した事はあったのですが、現物を見るのは初めてでした。とても参考になりました。
  • ヨーロッパ諸国の初期の切手(池内昇):クラシックの使用済みを整理したコレクションです。同じゼネラルコレクターとして、このようなゼネラルの展示がある切手展はやはり一段上のものとして見てしまいます。
  • 楽しい切手収集〜インドシナ〜(飯島賢太郎):初心者による作品と前振りがありましたが、丁寧な作りのカタログコレクションで、何と言ってもあまり見ない地域の切手であり、見入ってしまいました。
  • 英国統治香港の普通切手(佐々木隆):ある国の通常切手のみのゼネラル収集は、外国切手収集の導入としてありなのでは?と思っていた中で出会った作品であるため、参観しながら色々な事を考えてしまいました。香港は僕も好きな地域なのですが、日本国内で出版されている香港切手カタログはあくまで中華人民共和国返還後の香港切手のみを掲載しているので、英領香港時代の香港切手カタログがあるといいなーと思いました。(スタンペディアで作っちゃう?)


東京での開催ではありますが、地域切手展の枠組みに入る切手展です。
地方で開催される地域切手展も含めて、地域切手展は当たり外れが大きいと思うのですが、当切手展はあたりの切手展でした。出品者の皆様、運営の皆様ありがとうございました。
関連記事
[ 2015年02月13日 07:53 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

Stampedia図入り日本切手2014のリーフを持ち込んで、切手市場で2014年の切手を一枚ずつ買い集めた結果

先日土曜日に日本橋で開催された切手市場には、Stampedia図入り日本切手2014を持ち込んで、2014年に発行された切手を一枚ずつ買い求めてみました。

知り合いのベテラン収集家からは「そんな収集もやってるの?」と驚かれましたが、実は私の本分はゼネラルコレクター。スイスクラシックはそこから派生した専門収集であって、本来は頭を使わない絵合わせをラジオを聞きながらやるのが一番好きなのです。

でも、日本の最近の切手の使用済みはこれまで全く真剣に取り組んでこなかったので、知識がない。そこで知り合いの河内さんが店主をつとめられる「おさむショップ」で、どう集めたらいいか相談してみました。

20150207_1.jpg教えてもらったのは、

  1. 2014年に発行された切手の相場は水はがしされたもので、一枚10-30円。
  2. 切手市場の店舗では、佐々木誠さん、おさむショップ、10円ショップ内田、早瀬さんなどが扱っているのではないか?
  3. 封書用の額面である82円以外は、各店とも在庫が少ない。特に52円は少ない。
  4. 発行間近の切手ほど少ない。出現には時間がかかる。

ということでした。
三点目の52円切手が少ないという話は初耳で正直驚きました。52円切手のセット等は売り物を持ってきても、切手市場オープンと共に全部完売してしまう程だそうです。(へーへーへーへーへー)



さて、私の実際のお買い物についてですが、一枚10-30円のお店があるということで、「まずは安いところから見よう!」と思い、10円で販売されている佐々木誠さんというお店に伺いました。

20150208_3.jpg
いやー。あるある。2014年前半はかなりの割合で10円で販売されました。セットが揃わない物もありますが、とにかく一枚10円ですから買いました。その後は20円で販売されているお店へ。二店をまわり終わった時点で128種類の使用済みを入手する事ができていました。

8月以前に発行された切手の内で入手できていない物を分類すると、
・葉書額面の記念切手 50種
・封書額面の記念切手 30種(内、地方自治法施行15種)
となりました。この内、入手しづらい葉書用額面の切手は別にすれば、入手できていない切手はわずか30種のみ、しかも内半分を占める地方自治法施行のふるさと切手は僕の探し方が悪いだけで、後になってみればどこかで10-20円で売っていたのではないかと思います。

さて、この後の動きですが、まぁ大人買いをして、一枚30円のお店でそれなりに揃えてしまう事は簡単なのですが、本収集については、できるだけリーズナブルに楽しみたいと思い、以下の様にする事にしました。

  1. 82円切手については、消印データが読めるものを買う様にする。
  2. 82円切手については、なるべく@10-20円での入手を心がける。
  3. 82円以外の額面の切手、特に52円切手については、短期での入手にこだわらないようにする。
  4. 82円以外の額面の切手、特に52円切手については、紙付き切手も購入候補にする。

20150208_2.jpg特に4点目に記載しました、紙付き切手については、1ピース10円で販売しているお店もあるくらいです。1ピースに複数の切手が貼られていればその分安く入手する事ができますし、外せない調達ルートです。(慎之介ショップなど)




最後になりますが、今回図入りリーフを持ち歩き、買物をする中で気付いたのは、このリーフがカタログ代わりになるということでした。また販売ショップの方や周りの収集家の方からもご注目頂く事ができました。

10円ショップを毎月開かれている内田さんからは、図入りリーフ自体にご意見をくださるようお願いして、色々とアドバイスを頂く事ができ、改めて感謝申し上げます。そして、私自身が利用者の立場になり、切手を買い求める中で気付いた事も多数あります。

  1. 切手を貼付ける枠が狭く、ものによっては切手がはみ出してしまう。
  2. 変形切手の図版が切手をはみ出している場合がある。
  3. ペアやブロックを納める為に、より実際のシート構成に近いレイアウトを取った方がよい。仕切り線は不要。
  4. 二つ穴をあける事を考えると、もう少しでよいので、左右にマージンを設けた方がよい。
  5. 切手の格納されている部分と、図入りの部分が区別しやすいようにする。(サイズ変更や印面への斜線追加)
  6. 当リーフはあくまでA4での使用を前提としている事を明確にすべき。
  7. 半年に一度の発行を検討する。


2014年リーフについては、上記ポイントを反映させて、また新しいバージョンを2、3月中にリリースできればと思いますので、どうぞご期待下さい。



*「スタンペディア日本版」の2015年度会費(2000円)をお支払いの会員に与えられる特典の一つに、図入りリーフダウンロード権利があります。当ブログで紹介した「Stampedia図入り日本切手2014リーフ」は、その特典によりダウンロードしたPDFを印刷した物です。
関連記事
[ 2015年02月09日 19:47 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(1)

スタンプクラブ2015 ユース郵趣サポーターご協力のお願い

ユース層に向けた郵趣普及の為に「誌代無料のフリーペーパー」である「stamp club」を2013年に創刊し、本年が三年目となります。経営的な面をお話ししますと、当誌プロデュースにおける経営課題は、経費調達と配布先確保の二点にあります。

経費調達については、初年度こそ全額当社負担で発行しましたが、事業継続の観点から昨年より全国のフィラテリスト及び収集団体の皆様に一口2,000円でサポーターになっていただくお願いを、昨年より開始させて頂きました。そして昨年は50口 100,000円ものご支援を頂戴する事ができました。本ブログ末にも記載いたしましたが、本年はより多くの方より、サポーターのご支援を賜りたいと考えております。郵便振替でもお受けしておりますし、明日の切手市場ではその場でのご支援も承りますので、どうぞよろしくお願いいたします。(スタンペディアブースにて)

配布先確保については、初年度はスタンプショウ入場口での配布に重点を置き、発行一万部の内3,500部を配布いたしました。しかしスタンプショウにおける配布は初年度を最後にお断りをいただいています。これは日本郵趣協会さんの経営方針上、他社の媒体のプロモーションになるのは望ましくないという考えですので致し方ないと思います。私は恨みがましく思うことはありませんし、今後何かでご一緒する機会を持てればよいと考えています。

もっとも仮に配布が認められたとしてもスタンプショウでの配布が費用対効果に見合うかというと疑問を感じているのも事実です。重複入場者を除くとスタンプショウの正味入場者数は一万人ではなく3,500人です。またその内ユースの割合はせいぜい5%かと思います。(150-200人に相当)配布にあたり協賛金の支払いが求められる為、一人あたりの配布コストは@200円ほど増加してしまい、全国のサポーターの皆さんからの貴重なご支援をあてるには勿体ないという考えもあります。

そこで昨年は博物館ルートに力を入れることにいたしました。特に3月に開館した郵政博物館で多く配布できることを期待し、3万部の印刷を行いましたが、これは期待しすぎだったようです。若干の増加はあったものの郵政博物館には期待した程の人の入りが無く、特に大手町時代に多かった学生の団体訪問が皆無になってしまったため、ユース層への浸透は爆発的に伸張したわけではありませんでした。それでもスタンプクラブの登録会員(未成年で毎月ニュースを受信している会員)は、約70名にまで伸びてまいりました。

本年については更にユースへの郵趣普及を推進すべく、図書館100館への配布を試験的に開始いたします。この為に3万部の印刷経費に加えて郵送費も大きく掛かり、一人でも多くの方にサポーターになって頂きたく存じます。

ご支援賜った方のご芳名(団体名、ニックネームも可)を2015年号等に掲載すると共に、次号発行と共に見本紙を20部贈呈いたします。(それ以上の数量の配布をご希望の場合も最優先で対応します。)
ご送金方法
(1)郵便振替:00100−6−323638 加入者名:吉田敬
(2)PayPal:kaimono@kitte.com 宛てにご送金下さい。


関連記事
[ 2015年02月06日 10:28 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

菊・田沢 MINIPEX2015

20150201_1.jpg

2015/2/20-22に開催される、菊・田沢切手部会のMINIPEX。過去に何度か展示を拝見してレベルが高いなーと思っていた同展覧会にて初めての展示をすることになりました。

展示作品は、
・記念切手使用例に見られる欧文機械印(JAPEX2014企画出品)
・日本とスイス 途切れることのない150年の国交(第2回ヨーロッパ切手展 企画作品)
の二つでいずれも昨年、非競争展示し好評だった作品となります。

菊や田沢じゃないじゃないかー、との声が聞こえそうですが、実は開催団体の「菊・田沢切手部会」はそもそも菊切手と田沢切手以外にも幅広く日本の各分野の専門収集をしているフィラテリストの集まる団体です。ポスターにある、電信切手からしてそもそも小判切手時代の産物だったりします。従いまして、当日の展示もあっと驚く多種多様な展示作品となっております。あいにく私は大阪出張と重なり、会場にいられないのですが是非ご期待頂きたいと思います。
関連記事
[ 2015年02月01日 21:00 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(1)
このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索