Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  2016年05月

WSS NY2016 審査結果

本ページは、米国ニューヨーク市で5月28日から6月4日まで開催されている、World Stamp Show New York 2016 競争出品の審査結果を日本コミッショナーが発表するページです。

発表があるごとに更新していきますので、ご覧ください。

更新

5.31 18:00 予定より一日早く文献部門の審査結果が発表されました。

6.1  12:00 審査結果が発表されました





出品作品一覧

(作品タイトル、出品者名、審査結果。部門順に表示。)



L.V. Beethoven-his life in a historical context and his legacy. Yukio Onuma






Japanese Post and Foreign Postal Activities in Korea 1876-1909 Kazuyuki Inoue






The Flat Plat Printings of the Fourth Bureau Issue 1922-38 Kunihiko TamuraLV 85






Classic Germany Takashi Yoshida, LV 86






Austria & Lombardy-Venetia the 1850 Issues Tamaki Saito, LV 89






Japan 1871-1876 Hand Engraved Issues Yuji YamadaG 90






Australia-Kangaroo and Map design postage stamps Hironobu Nagashima, G 91






Private Printing Period in Victoria Masayasu Nagai, G 92






Japan Earthquake Emergency Issue 1923-1924 Tatsutoshi Kamakura, G 90






Japanese Occupation of the Philippines 1942-1945 Akira Kaburaki, V 81






RYUKYUS 1945-52 Tsukasa Ishizawa, G 90






Post Office Forms, Including Envelopes created for Conducting the Registered Mail Process 1842-1929. Fumiaki Wada, LV 87






U.S. Army Mail and G.H.Q. Postal censorship in Japan Gensei Ando, V 82






The Japan Couriers 1601-1873 Yoshiyuki Yamazaki, G 90






Prompt Delivery in Japan from Pre-adhesive Period to 1933 Kenzaburo Ikeda, G 92






U.P.U. Post Card of Japan 1877-1940 Masaki Sugihara, LV 86






The History of Cartography-Mapping the World and Regions- Takao Nishiumi, G 90






A History of Hong Kong Yosuke Naito, G 90






The History of Artist’s Portraits - The Transition of Western Art over 600 years- Kiyoshi Emura, V 83






A History of the Telephone-Telegraph to Digitalization- Akinori Katsui, G 93






The Hand Etched Documentary Revenue Stamps of Japan, 1873-1874 (Stephen) Jun Hasegawa, LG 95




Who is Liberty? What is She? Masaru Kawabe
, 78






Tonga Tin Can Mail History 1882-1947 Kazuyuki Inoue, V 84













120th Anniversary of Japanese Commemorative Stamps Japan Philatelic Society Foundation,  LS 76






International Exhibition History 1865-2004 Yukihiro Shoda,  S 72






General Collection of Japanese Definitives, Stampedia, Inc,  S 72






Handbook of the Roman Letter Machine Datestamps of Japan Stampedia, Inc,  S 73






Postal History of the Japanese Military Mail 1894-192 Jun-Ichi Tamaki,  V 82






Hiroyuki Kanai: “Classic Japan 1871-1876” The Philatelic Culture Museum,  G+SP 91






Stampedia Philatelic Journal Stampedia, Inc,  LV+SP 88






Stamp Club Stampedia, Inc,  S 73






Visual Japanese Stamp Catalog Vol. 1, Vol 2, Vol 3, Vol 4 Japan Philatelic Society Foundation,  V 83






日本コミッショナー

吉田敬



関連記事
[ 2016年05月31日 18:00 ] カテゴリ:WSS NY2016 | TB(0) | CM(0)

New York から(4)。フィラテリストマガジン現地号外 2016-05-31

お遊びですが、こんなものを現地で印刷して、不定期で発行していますので、画像版をご覧にいれます。
ny2016extra-4.jpg 
関連記事
[ 2016年05月31日 00:00 ] カテゴリ:WSS NY2016 | TB(0) | CM(0)

New York から(3)。フィラテリストマガジン現地号外 2016-05-30

お遊びですが、こんなものを現地で印刷して、不定期で発行していますので、画像版をご覧にいれます。
ny2016extra-3.jpg 
関連記事
[ 2016年05月30日 00:00 ] カテゴリ:WSS NY2016 | TB(0) | CM(0)

New York から(2)。フィラテリストマガジン現地号外 2016-05-29

お遊びですが、こんなものを現地で印刷して、不定期で発行していますので、画像版をご覧にいれます。
ny2016extra-2.jpg 
関連記事
[ 2016年05月29日 00:00 ] カテゴリ:WSS NY2016 | TB(0) | CM(0)

New York から、フィラテリストマガジン現地号外 2016-05-28

お遊びですが、こんなものを現地で不定期で発行していますので、画像版をご覧にいれます。
ny2016extra-1.jpg
関連記事
[ 2016年05月28日 00:00 ] カテゴリ:WSS NY2016 | TB(0) | CM(2)

第1回製造面勉強会の参加者が40名を超えました。

4月26日にご案内を開始した、第1回製造面勉強会ですが、大きなご反響をいただき、事前登録人数が40名となりました。製造面に関する情報の欲求の強さをひしひしと感じた次第です。

ちなみに現在予定している会場の収容人数は66名です。まだ受け付けておりますが、今月末の「郵趣」に掲載されることになっており、席が埋まってしまうこともありますので、参加を迷っていらっしゃる方はお早めにどうぞ。

また、週末に大阪に参りました折りに、参加費を支払い動画配信や資料送付を受けたいという首都圏以外にお住いの方からのご要望を数件承りました。これらについては既に電子メールによる連絡につきましても頂戴しております。第2回以降になるかもしれませんが検討してまいりたいと思いますが、現時点ではなるべく頭のCPUは、ニューヨーク展のコミッショナー業務に集中させたいと思っていますのでどうぞご了承ください。

最後に詳細を再掲します。

どのような勉強会か?

 年4回開催(1、4、7、10月)

 一回3時間。最初の1時間は即売タイム。残りの2時間で、講演を行います。

 即売をされたい方は事前にご連絡ください。

 講演は原則として毎回、以下3分野より一つずつとします。

 「明治時代(手彫・小判)」

 「大正時代から戦前(菊・田沢・昭和)」

 「戦後」

 会費は一人2000円。

 会場:綿商会館(「切手市場」開催日の同じビル、東京都中央区)

 


第1回勉強会のご案内

日時 2016.7.2(土)15:00-18:00

会場 綿商会館(東京都中央区日本橋富沢町)

会費 2,000円(当日支払の場合)スタンペディア会員の事前申込には割引があります。

15:00-16:00 歓談・特別即売(エージェントスタンプ)

16:00-18:00 講演3本

 「収集家から見た製造技術」魚木五夫氏

 「小判切手製造面調査研究の足跡」長田伊玖雄氏

 「グラビア印刷切手のスクリーンを図る道具」渡会・吉田

*第2回勉強会は2016.10.1(土)を予定しています。会場ビル同じ


ご参加にあたっては事前申込が必要です。こちらよりお申し込みください。


発起人

製造面勉強会は、渡会一裕(エージェントスタンプ)さん発案のフィラテリーのサークルで、吉田敬(スタンペディア)が具現化しているものです。既存郵趣団体のしがらみなく、オールジャパンな収集家が集まれる場を目指します。



関連記事
[ 2016年05月23日 09:07 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(2)
このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索