Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  2016年09月

IZUMI365号発行

季刊「IZUMI」の第365号が、本日例会の席上、配布されました。
山田克興さんが会報発行担当者となってから12号目となる今号は、日本切手コレクターにとっては充実した28ページ立てとなっています。

フィラテリストマガジン第12号P.28に掲載しましたが、日本で発行されているフィラテリー雑誌の内、200 部以上の発行実績が確認されるものを、現時点 で判明した発行部数で区分すると以下の表のようになります。 

10,000 部超

フィラメイト、スタンプマガジン、stamp club

5,000-10,000 部

郵趣

1,000-5,000 部

郵趣ウィークリー、ジャパンスタンプオークション、スタンペディアフィラテリックジャーナル

200-1,000 部

郵趣研究、フィラテリストマガジン、たんぶるぽすと、JPS オークション、スターオークション、IZUMI


これを見ると、「IZUMI」が既に地域切手サークルの雑誌ではなく、日本を代表する中規模郵趣雑誌になっていることがわかるのではないかと思いますし、また本日一会員として例会に参加させていただき、講演や即売の充実度を見て、さもありなんと感じました。欧州の切手を主に収集している私にとって、日本切手の収集に充てる時間はどうしても限られてしまうためベストな例会に参加したいと常々願ってきましたが、ようやく私に最もフィットするサークルを見つけることができたと喜んでおります。

本日の例会ではサプライズとして、近辻喜一会長編集の「駄物であそぼ2016」も配布され、例会に参加した全執筆者から長くならない程度に一人ずつ発表が行われ、完封袋を掲載した私もブリーフィングをさせていただきました。皆長くならない程度に発表するものの、20名近い発表者がいたのでしょうか。終了までには小一時間かかりました。しかし飽きないのは次々発表者が変わるからでしょう。いろいろな切手サークルの例会に参加し、盛り上がらない最たるものは、会長がズーーーーーーーット一人で話し続ける会であることを体感している私にとって、いずみ切手研究会がうまくいくのには道理があるなと思う次第です。

ところで、フィラテリストマガジンでは、「IZUMI」のPDF配信権を販売しており、本日発行された365号もお申込者は既にマイ・スタンペディアからダウンロードできるようになっております。また、明日には一斉電子メールで告知を流す予定です。「駄物であそぼ2016」は、本契約に含まれない別冊なのですが、近辻会長のご好意により、本年は、これらもPDF配信権をお買い求めの方には、無料で提供することになりましたので、合わせてマイ・スタンペディアよりダウンロードしていただければと思います。



関連記事
[ 2016年09月18日 23:36 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

第2回製造面勉強会の開催について

当社の主催により、2016年7月2日(土)に開催した「第1回製造面勉強会」は、64名の参加者(スタッフ・講師を含む)を迎え、大変な盛会となりました。

アンケートを取ったところ、参加者の評判も良く、同勉強会を「日本のフィラテリーの製造面の研究発展」の為に継続して開催することにいたしました。

「第2回製造面勉強会」については、当初は本年10月の開催を検討しておりましたが、アンケートにおけるご要望を下に、講演の本数と時間をそれぞれ倍増させ、一日イベントに進化させるため、十分時間を取り、来年正月明けに開催することにいたしました。


勉強会の概要
会名 第2回製造面勉強会
主催 無料世界切手カタログ・スタンペディア株式会社
日時 2017.1.7(土)10:00AM-18:00PM(開場09:30AM)
会場 綿商会館1階(東京都中央区日本橋富沢町8-10 ℡ 03-3662-2251)
会費 4,000円(昼食の弁当付き)
講演内容・講師(50音順)
 「昭和切手の版式別の版別研究----総論」新井紀元氏
 「グラビア普通切手の製造面収集(仮)」桑野博氏
 「手彫り切手と手彫り印紙の共通点や類似点に関しての勉強(仮)」長谷川純氏
 「文化人切手を通じて理解する戦後初期の凹版印刷(仮)」宮崎幸二氏
 *講師及び講演内容は変更の可能性がございます。
 *一講演は90分で、講演および質疑応答で構成されます。
 *講演の間には30分の休憩時間を設けます。(ランチ休憩のみ60分とします)
 *休憩時間のみ、切手商ブース(エージェントスタンプ等)が開設されます。



お申込 
本勉強会は、参加にあたり事前申込が必要です。 
ネットでの申込は以下にお願いします。



第1回勉強会からの改善予定事項
 多数のアンケートを頂き、参考になりました。感謝申し上げます。
 以下箇条書きになりますが改善点です。(抜粋、予定含む)

・事前支払完了されている方の入場が、円滑になるように、受付フローを見直します。
・ブース開場より前に、受付と入場だけはできるように見直しいたします。
・プロジェクターを1台増設します。
・プロジェクターと講師が重ならないようなレイアウトを検討します。
・講演時間を2時間から6時間に延長し、講演本数を増加させました。
・講演の間に十分な休憩時間を入れるようにしました。




関連記事
[ 2016年09月01日 05:21 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索