Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  2017年02月

【おしらせ】リーフ作成文具のAmazonにおけるサプライ事業の継続決定について

スタンペディアでは、2015年12月よりインターネット通販大手AMAZONに倉庫を借り、郵趣文具を即日発送するサービスを提供してまいりました。一年2ヶ月ほどの間の当サービスの利用者数は約100名、客単価1,200円程度とビジネスには程遠いものの、首都圏・地方の区別なく多くの方にご利用いただき、郵趣文具の即日発送サービスの需要が根強いことを再確認いたしました。

しかしながら郵趣振興のために始めたものの、当サービスは年間7万円近い赤字事業となりました。これはAMAZONで倉庫を借りて販売を行うための固定費と変動費がともにくらくらするような高額で、市価より高い金額を購入者にはご負担いただいているものの、全てを吸収するには、現実的な価格転嫁では収まらないため、スタンペディアがかぶっていたためでした。

このあたりの分析については、昨年10月に、リーフ作成文具のAmazonにおけるサプライ事業の検証と言うブログポストに詳細を記載しましたので、ご関心のある方はご覧いただければと思います。

赤字の中でも構造的に大きな部分であるAMAZONへの基本出店料については回収可能性がほぼゼロであることが判明したため、昨年末には契約2月末の契約更新時期でのサービス中止すら考えたこともありましたが、同時期に立ち上げたNPO郵趣振興協会の活動の中で、赤字の大きな割合を占めるAMAZONへの基本出店料について、NPOが負担し第三者に業務委託するスキームが成立し、その初年度の担当事業者として当社が委託を受けることとなりました。(NPO郵趣振興協会ホームページにおける「3月より当協会「フィラテリー必需品サプライ事業」いよいよ開始!」より)

これにより、サービス中止の可能性もあったリーフ作成文具の日本国内即日発送は、当面の間継続して提供することができるようになりましたので、皆様にお伝えするとともに、本事業は、スタンペディアに加えて、NPO郵趣振興協会も加わり、郵趣振興のために行われていることを改めてアピールしたいと思います。

通販サイトAMAZON
切手収集用ヒンジ ハウイドマウント フィラートコーナー などで検索してください。




関連記事
[ 2017年02月27日 17:53 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

「年賀フィラテリー」の企画展示募集のお知らせ

掲題について、NPO郵趣振興協会のホームページ http://kitte.com/ (定期的に更新しております)にて取り上げましたので、ご覧下さい。

関連記事
[ 2017年02月25日 01:00 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

充実の2017年2月

床に伏して三週間過ごした昨年の経験から、私にとって1、2月のインフルエンザは鬼門です。



上記を使って、秋口からインフルエンザにかからない努力を開始しました。
  1. 喉の潤いを保ち扁桃腺を腫らさない
    扁桃腺をはらさないために水を飲んだりしてきましたが、飲量に限界がある反面、喉を潤すには不足でしたが、昨秋から使用した喉スプレー、これは確実に扁桃腺にあたるため、ききました。
  2. 睡眠時間中の雑菌の排除。
    寝てる間に食事しないという理由で長らく起床時の歯磨きはしてこなかったのですが、歯科衛生士から理由を聞き、起床時の歯磨きを再開しました。
  3. 強化された花粉症の薬
    体力を消耗させる花粉症の状況を少しでも弱めて、インフルエンザにかからないようにすべく!

まだまだ気は許せませんが、2/22現在元気にすごせています。当たり前のことですが、元気に過ごせれば色々な仕事もはかどるもので、2月は充実した時間を過ごすことができました。


充実の2月のオークション!大物を次々と入手!
現在のメイン収集範囲であるプロシアは8月のバンドン国際展に向けて準備中です。今年最初の大きな売り建てが2月に行われ、対象のマテリアルを30点近く落札しコレクションを補強することができました。

昨年のJAPEXに7フレームで出品した折に、多くの方に5フレームでの展開、8フレームでの展開について相談しました。プロシアは4つのシリーズで構成されるため、最終的に2-2-2-2でいく前提で、LVを獲るまでの5フレームをどのように構成したらいいのだろうか?と悩んでいたからです。

一番気になっていたのは、2-1-1-1で5フレームを作った後に、2-2-2-2-と8フレームにすると、審査員に「前が変わらず、後ろを伸ばしている」と捉えられてしまうのではないかという危惧でした。

この点について、国際展審査の経験豊富な方に伺ったところ、2-2-2-2自体のバランスは悪くないため、2-1-1-1から増えても問題ないとの回答をいただくとともに、その質問とは全然別の観点からのアドバイスとして、できうるならば3-2-2-1を目指し、ファーストイシューを充実させる展開を考えたら良いとの思ってもいないアドバイスをもらいました。

実はプロシアの場合、最後の部分が半年しか使用されず珍しい切手です。とはいえ、国際展におけるプロシアの認知度はそこまで高くないため、ドイツ国内で展示する場合に比べて、国際展でその努力が理解されにくいという点があります。ところがファーストイシューは普通に考えて難しいと思われがちなので、最初を厚めにしたら?というアドバイスだったのです。

現在はそのアドバイスに納得して、マテリアルを充実させており、今回もファーストイシューを充実させましたが、中でもお気に入りはこのカバーです。日本はまだ江戸時代真っ只中の時期のカバーなのですが、「フィラテリックか?」と突っ込みたくなるような使われ方のカバーです。

440-1450.jpg


順調な郵趣振興活動
スタンペディアでの郵趣振興活動の取り組みをさらに本格的にするために昨年からNPO郵趣振興協会を設立して、郵趣振興に取り組んできてまいりましたが、公表できるところ・できないところ含めて、多くのアウトプットが出てきております。

公表できるところでは、4月から開始される「郵博 特別切手コレクション展」の準備に向けて、開催団体にマニュアルを配布したのを受けて質疑応答や各団体における具体的な活動が開始され、そのフォローを行っております。

また郵政博物館における展示に、よりフィラテリーを入れていただくための協力を行っており、その一環として「日本郵趣切手展」への協力を要請され、展示、講演を実施いたしました。同展覧会には多くのフィラテリストが訪れましたが、開館から3年経過する郵政博物館に行くのは初めてという方が多いのが印象的でした。

これに加えて国際展情報をタイムリーにホームページ上に配信し、注意喚起を高める活動を継続してまいりましたが、こちらも好評につき、今後とも質量ともに高めてまいりたいと思います。

来月リリース予定の案件もあり、こちらの活動はますます本格化していく予定です。

NPO郵趣振興協会以外の郵趣活動では、世話人の一人を務める、JPSの alps欧州切手部会の活動が軌道に乗ってきました。例会への参加者も増えてきましたので、2ヶ月に一度の例会活動を今後とも重視してまいりたいと思います。


スタンペディアの出版活動
2月の新刊はありませんが、1月に発行した「初心者コレクターによる 競争切手展に出品するリーフの作り方 伝統郵趣コレクション編」が未だに売れています。

また昨年秋に発売したフランスクラシック切手カタログが増刷を重ね、遂に200部発行されるまでになりました。先々の出版対象としては、ドイツやデンマークのクラシックや日本や英国のセミクラシック、モダンが要望されており、積極的に検討してまいりたいと思います。

3月は雑誌2誌の出版を予定しております。15日にはフィラテリストマガジン、また月末にはスタンプクラブを発行予定で、両方とも編集を開始しておりますので、ご期待ください。

最後になりますが、2月中旬に面白いお申し出を若手フィラテリストからいただきました。おそらく一両日中に公表されると思いますが、スタンペディアとしては全面的に協力しようと考えております。発表をお待ちください。


いずれにしましても、健康だからこそできる、諸々の活動。まだまだ寒い日が続きますので留意して過ごしたいと思います。
関連記事
[ 2017年02月22日 11:15 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

【国際切手展情報】MELBOURNE2017(アジア展)展示作品一覧

掲題について、NPO郵趣振興協会のホームページ http://kitte.com/ (定期的に更新しております)にて取り上げましたので、ご覧下さい。

展示作品リストを見て改めて感じるのは、日本人は満遍なくどの分野にも出品しており、エグジビターの層が厚いな、ということです。そのような国は他にはオーストラリアしか見当たらず、大半の国のフィラテリストは自国切手コレクションの展示が主なようです。ただテーマティク部門だけは中華人民共和国が強く9作品中7作品が中国のものでした。

なお個人的に最も楽しみなのは、伝統その他に展示される「PRUSSIA 1850-1867」(オーストラリア、Gert EBINGさん)で、私がバンドン2017世界展にエントリーしている作品と全く同一のtreatmentです。この分野は現在世界に3人のエグジビターがいて、私もそのうちの一人なので、どのような構成なのか、そしてどのような目玉マテリアルをお持ちなのか、多分会期中何度も見にいくことになると思います。現地の人なので居る可能性が高いので交流できたらより良いですね。

メルボルンは行きにくいため日本人の参加は少ないのかと思っていましたが、訪問予定の方が意外と多く、今から楽しみです。
関連記事
[ 2017年02月21日 09:11 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

レターパックの新種情報、続々集まる!

2.16に「レターパックに新種登場!情報求む!<九州地方?>」を書いたところ、読者の方4名から続々と情報をお寄せいただきました。お忙しい中皆様ご連絡くださいましてありがとうございました。

以下で出現しているとの情報をお寄せいただきました。

29年2月10日 (兵庫県・PN比嘉さん)
 
29年2月13日 伏見東郵便局にて購入(静岡県・○○さん *ご連絡ありがとうございました)
 なお「ご依頼主様保管シール」と「配達郵便局保管用シール」の大きさが、大きくなっております。

29年2月13日 多治見・明和の印が押され到着。差出人住所は岐阜県可児市。(三重県・小坂さん)

29年2月14日 ローソン博多東駅店で購入(神奈川県・菊池さん)
 なお同時に購入したレターパック・ライトは従来品でした。

現在の日本郵便の組織における、東海支社、近畿支社、九州支社の管内での販売若しくは使用がこれまでに確認されたことになります。一方、私は東京支社管内では確認しておりません。また現時点で確認されているのはレターパックプラスのみで、レターパックライトには確認されていません。

レターパックは金券屋に大量に持ち込まれる商品ですが、見慣れている店員が見たら「偽物では?」と疑いを持つほどに違いがある用紙の変化ですので、フィラテリストなら大抵の方がその違いに気付くと思います。引き続き販売情報と、最古使用例(現在は29.1.31 熊本大江六、木戸裕介さん)の情報を求めます。
関連記事
[ 2017年02月20日 08:42 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(2)

第20回千葉郵趣人のつどい

本日は全国各地で郵趣イベントが集中した一日でした。首都圏でも主なものだけでも、いずみ切手研究会例会、タカハシスタンプオークション、ジャパンスタンプオークション東京下見会が開催されましたので、体が二つあったら・・・と思った人は多いはず。

私は午前中ジャパンで過ごし、そのあとは千葉駅至近で開催された「第20回千葉郵趣人のつどい」に参加してまいりました。千葉県はスタンペディア日本版(フィラテリストマガジン)の読者数が全都道府県第4位の18人で知り合いの方が多いだけでなく、市川郵趣会は私の住む四ツ谷からも電車で28分と近く例会にも何度か参加させていただいており、催事があればできるだけ顔を出させていただいております。5月の舛添ホテル合宿例会では講演を依頼されており、書留葉書についての発表を考えております。

本日の集いにも30名近くの方がお集まりになられ、怒涛の盆回しが行われ、一緒に参加した岩崎朋之さんと目を回しながら楽しい時間を過ごさせていただきました。ワンフレーム展もレベルが高く、中でも昭和28年12月25日に、奄美群島が本土復帰した時点の年賀特別取扱郵便物、つまり琉球切手を貼った、昭和29年1月1日の年賀はがきに驚かされました。ベストスリーの表彰には入っていませんでしたが、素晴らしいものを見せていただき、感激しました。一体どなたのコレクションのものだったのでしょう。。。おおいに楽しめました。

閉場後の懇親会には所用のため参加できませんでしたが、主催者の皆様に御礼申し上げて閉場に合わせて帰宅いたしました。
関連記事
[ 2017年02月19日 22:43 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

レターパックに新種登場!情報求む!<九州地方?>

木戸裕介さんから頂いた情報ですが、1月に熊本県から到着したレターパックプラスに、これまでのものと比べて、初見で明らかに異なる用紙で製造されたロットが見つかりました。(29.1.31 熊本大江六)
全体を撮影しても分かりにくいので一番違いのわかる裏面上図の拡大画像を掲載します。

特徴
1。用紙のツヤが強い。
2。インクの色が明るめ。
3。裏面上部の商品コード末尾の3文字の英文が「NSI」

発売状況と現時点の不明点
1。熊本県差し出しのレターパックプラスとして発見
2。発売地域は不明(熊本県だけか?九州郵政だけか?)
3。今後切り替わるかどうかが不明
4。レターパックライトに出ているかは不明



ということで、九州地方の方は、もちろん、その他の地域の方でも、販売状況及び受け取ったレターパックをご覧いただき、少しでも情報ありましたらおしらせください。
関連記事
[ 2017年02月16日 09:53 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(3)

クリックポスト

ほとんどのフィラテリストの知らないところで、2017年2月1日に、クリックポストに仕様変更がありました。
以下の二つは、昨年秋のカバーと、2/1の変更初日のカバーですが、かなり広範囲で表示内容に変更があります。

2017年02月07日12時36分40秒_ページ_1
↑上 2016年10月「受取人」など

↓下 2017年2月「お届け先」など
2017年02月07日12時36分40秒_ページ_2

クリックポストは引き受け消印が省略されるため、郵便局留置にしないと、実逓である事の証明が難しいので、面白味がありませんが、最近以下のようなカバーを手に入れました。これは私が差し出したものの、うっかりして差し出し期限を過ぎてしまったもので、付箋付きになったものです。

2017年02月07日12時33分59秒

クリックポストを真面目に集めているフィラテリストは僕の数える限り、片手で足りるほどですが、この時代の郵便の中心的役割を担う制度の一つですので(ネットオークションの商品配達などでよくつかわれている)、これからも制度の変容を追いたいと思います。
関連記事
[ 2017年02月07日 18:41 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

全日本郵趣連合が、国際郵趣連盟の我が国分担金を、国際展出品者により公平に負担させるシステムを導入

本日届いた「全日本郵趣」に会長の正田さんの名前で「2017年継続のお願いと正会員・賛助会員会費システムのご案内」という文章が掲載されました。

タイトルだけを読むと会費制度を変えるかのように見えますが、焦点は、我が国のフィラテリストが国際展に出品するために、必要な国際郵趣連盟に支払う分担金について、受益者が公平に負担しましょう、という話で、私は両手を上げて、新たな仕組みの導入に賛成いたします。

きちんとした国際郵趣連盟という組織が存在するから、世界で統一した国際展が運営されるわけですから、国際展に出品するフィラテリストにとって、その組織を支えることは自分に利することになります。国際郵趣連盟の構成員のかなりの部分はボランタリーに動いてくれる方だとはいえ、国際組織の運営にはそれなりの費用がかかることは、社会通念上も理解できると思います。この負担を国際展に出品しないフィラテリストに求めるのはお門違いだと思いますから、その費用は我が国のエグジビター全員で公平に負担すべきです。

この「公平に」というところは大事だと思います。
というのは、国際郵趣連盟の日本の分担金は、国際郵趣連盟のデータベースに登録された日本の作品の数に影響を受けるのですが、該当する作品を持ちつつ、その負担をしていない方もいらっしゃったからです。

しかし、これはそのような方だけが悪いのではなかったと私は思います。データベースから消し分担金を削減する事だってできたにもかかわらず、これまでの案内が不十分だった事は否めません。今回の全日本郵趣には、このような点すべてについて再検討の上、改善を行い、私でも全面的に賛成できる仕組みになったと思います。

全日本郵趣には2017年3月31日までに正会員にならなかったフィラテリストの作品については、国際郵趣連盟のデータベースから抹消する手続きをとる旨を明言しています。是非通知を確実に行った上で、該当作品の抹消作業も確実に遂行していただきたいと思います。それにより、これまで正会員以上の会費を支払っていたエグジビターの不公平感は解消すると思います。

なお、複数作品がデータベースに登録されている方についても、より多くの負担を求める改正も同時に行われました。国際分担金の金額には、出品者数ではなく作品数が影響することを考えれば、これも当然です。

会長の正田さんの文章には「恐れ入りますが」など恐縮した文章が並んでいますが、受益者負担の原則に鑑みれば、全く恐縮される必要はなく、むしろこれまで他人の分まで分担させられていた大多数の正会員以上の会員こそが恐縮すべき相手だと思います。とにかく、これでまた一つ日本のフィラテリーにおける矛盾点が解消したことは喜ばしく、その決定をした正田さんはじめとする全日本郵趣連合の皆さんに拍手を送りたいと思います。

さて、新システムによると、ドイツとスイスをデータベースに登録している僕の場合、正会員会費12,000円と追加一作品8,000円の合計20,000円が負担金額になります。ただし僕は2014年以降の支払いにおいては原則として(*1)郵趣連合と郵趣協会には賛助会員として参加し財政を支援できればと考えてまいりましたので、本年の連合さんには喜んで賛助会費をお支払いしようと考えております。

*1 過去に一度だけ、ある団体が説明できないことをしでかした際に、一年間だけ賛助会員を降り、正会員に戻った例外あり


2017.2.7 追記。
一般的な日本人フィラテリストが参加できる国際展には、アジア展と世界展があります。全日本郵趣連合が今回対象としているのは、世界展のみです。従いましてこれまでにアジア展にしか参加したことのないエグジビターに対しては、今回のシステム変更および費用負担依頼は、なされておりません。



関連記事
[ 2017年02月06日 18:05 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

郵趣カレンダープロジェクト リリースのご案内と協力者の募集について

日本のフィラテリーに関するイベント類をGoogleカレンダーベースで一般公開する「郵趣カレンダープロジェクト」について、このほど、志賀格さん、谷之口勇さんのご協力を得て、無事リリースするとともに、マイスタンペディア内に同カレンダーをローカルカスタマイズして表示できるようになりましたのでお知らせいたします。


郵趣カレンダープロジェクトについて

プロジェクト名:郵趣カレンダープロジェクト
目的:郵趣イベントを、Googleカレンダーをベースとした統一フォーマットで提供し、郵趣振興を図る


今回提供されるカレンダーについて
個人でグーグルカレンダーをお使いの方は、上記カレンダーの一つないし複数を追加して表示させることができます。

カレンダー名GoogleカレンダーID説明
デフォルト郵趣催事stampedia.net_rhhrtqn97hv47u9pbebct55388大規模な切手展を始めとする全国的に周知すべき情報を選抜して掲載
フロアオークションstampedia.net_4bhjvdb5ob4c53qc5kb604o308大手フロアオークションの情報を掲載
郵政博物館 催事stampedia.net_63f7qc7cqlbpp9uc6dn3v7h4s4東京スカイツリーにある、我が国の郵政博物館で開催される催事の内、郵趣関連催事の情報を抜粋して掲載
切手の博物館 催事stampedia.net_c0035t52gkm4e4a694sml35dlc目白の切手の博物館で開催される催事を掲載
海外切手イベントstampedia.net_ocqgr3v72o1hqvn6j1469qq1c4世界切手展の情報を中心に注目イベント情報を掲載
日本の記念切手発売日cjea4kqls9nctt3ipgma0atucg志賀格さん提供の、日本郵便の新切手発売情報カレンダー
首都圏切手イベントstampedia.net_mcm31e6i2pojj0tq2dddpg3q20首都圏の切手展や即売会情報を掲載
首都圏お勧めサークルstampedia.net_a5trm8s86bvoc79o806mk924u0首都圏のお勧め切手サークルの例会情報をお知らせします
京阪神切手イベントstampedia.net_5uvfiogu535d3lfftqv18boao8京阪神の切手展や即売会の情報を掲載
九州切手イベントcsab3i9c1tc1n1clqclfbsvr0g谷之口勇さん提供。九州7県の切手展や即売会情報を掲載
九州お勧めサークルvbbuupgnfesstv3v9pl0tb7rv8谷之口勇さん提供。九州7県のJPS例会情報を掲載



郵趣カレンダープロジェクト 協力者の募集について


1。既存カレンダーのメンテナンスをしてくださる方を募集します。
  上記カレンダーの内「京阪神切手イベント」について情報のメンテナンスをしてくださる方を募集します。

2。新規カレンダーのメンテナンスをしてくださる方を募集します。
  首都圏、京阪神、九州以外の郵趣カレンダーについて、情報のメンテナンスをしてくださる方を募集します。
  また、それ以外にも面白い情報トビあるようでしたらご提案ください。

*いずれもコメント欄でご応募ください。



「マイスタンペディア」における「郵趣カレンダー」のローカルカスタマイズの開始について

約400名の会員を擁する「スタンペディア日本版」が会員に提供する「マイスタンペディア」には、会員の住む都道府県に応じて内容を変更した「郵趣カレンダー」を提供する機能があります。(下図)

「首都圏」「京阪神」「九州」の情報のみが現在は提供されており、会員の御住まいの都道府県に応じて、それらが表示されたり表示されなかったりしています。例えば広島県に御住まいの会員には「九州」と「京阪神」の両方の情報が表示されるようになっています。

スタンペディア日本版の会員はすでに400名おり、その大半がマイスタンペディアを利用しております。従いまして、Googleカレンダーでローカル情報を発信されても、誰にも利用されないなどということはなく有効活用されるようになっております。是非新たなローカル情報の発信をご検討の地方郵趣界の皆さんからのご連絡をお待ちしております。

20170205_02.png
関連記事
[ 2017年02月05日 13:41 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索