FC2ブログ

Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  2019年03月

STOCKHOLMIA 2019 のご案内(3)

私が入会している切手サークルの一つである、Royal Philatelic Society London 英国王立ロンドン郵趣協会は、創設 150 周年記念切手展を、 スウェーデンの首都ストックホルムで5月末から6月にかけて開催します。

詳細はFIP公認切手展と比較しても遜色ない出来のホームページstockholmia2019.seで閲覧できますし、日本語による情報提供を「スタンペディア 日本版」が機関紙の「フィラテリストマガジン」22号(3.30発行)で案内していますので、ご存知の方も多いとは思いますが、日本から行く場合の勘所の情報をセレクトしてお伝えしますので、ご出品者、参観予定の方、参観を検討している方はどうぞ参考にしてください。

名称 STOCKHOLMIA 2019
日時 2019年5月29日−6月2日 10時ー18時(但し 6/1 17 時閉場、6/2 15 時閉場)
場所 Waterfront Congress Center(ストックホルム駅前)
HP stockholmia2019.se

Q9.日本人はなん人くらい参加しますか?(参観者)

公式ホームページで審査員として告知されている、佐藤浩一さん、およびコミッショナーの私以外の方の動向については、プライバシーの関係で本ポストに記載するのはやめますが、現時点で配偶者も含めて7名の参加をお聞きしており、個別メールでフライト情報や現地情報の交換をしています。参加されたい方はご連絡ください。


Q10.パルマレスのようなパーティーはありますか?(出品者)

展覧会公式の晩餐会・授賞式である「ストックホルミア・バンケット」が Vasa Museum で 6/1 19:00より開場(受付)されます。参加費は1850クローネで事前申込が必要です。なおこれ以外に展覧会主催で、5/29 夜に、ストックホルミア2019クラブディナーが開催され、私は参加予定です。
なお、これらのパーティーは出品者以外であっても事前申込が可能です。


Q11.プリペイドSIMはどこで入手できますか?(出品者、参観者)

会場のWaterfront Congress Centreはストックホルム中央駅前にあると以前書きました。この駅にはキオスクなどもあり、そこでプリペイドSIMは販売されています。高いものではありませんので、フリーSIM対応のモバイル端末をお持ちの方は是非お買い求めされることをお勧めします。予約プランにもよりますが、ラディソン ブルー ウォーターフロント ホテル ストックホルムは、WIFIは有料オプションだったと思います。


Q12.入場料はかかりますか?(参観者、出品者)

入場無料だったと思うのですが、HPに記載が見当たりません。また事前登録が必要だった気もします。どなたかご存知の方おられませんか?

関連記事
[ 2019年03月31日 09:37 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(1)

今、最も再訪したい場所

2018年5月にスイスの国内競争切手展(トップレベル)への参加で訪れたルガーノ。

あれから10ヶ月経ちましたが、今でもまた猛烈に訪問したい都市の一つです。また同地で競争展やってくれないかなぁ。。。


20190330_01.jpg

20180710_02.jpg
関連記事
[ 2019年03月30日 05:18 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

「フィラテリストマガジン」23号(2019-6-30発行)寄稿のご案内

tpm023 寄稿募集
関連記事
[ 2019年03月28日 13:32 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

STOCKHOLMIA 2019 のご案内(2)

私が入会している切手サークルの一つである、Royal Philatelic Society London 英国王立ロンドン郵趣協会は、創設 150 周年記念切手展を、 スウェーデンの首都ストックホルムで5月末から6月にかけて開催します。

詳細はFIP公認切手展と比較してもトップクラスのホームページstockholmia2019.seで閲覧できますし、日本語による情報提供を「スタンペディア 日本版」が機関紙の「フィラテリストマガジン」22号(3.30発行)で案内していますので、ご存知の方も多いとは思いますが、日本から行く場合の勘所の情報をセレクトしてお伝えしますので、ご出品者、参観予定の方、参観を検討している方はどうぞ参考にしてください。

名称 STOCKHOLMIA 2019
日時 2019年5月29日−6月2日 10時ー18時(但し 6/1 17 時閉場、6/2 15 時閉場)
場所 Waterfront Congress Center(ストックホルム駅前)


Q5.ストックホルム空港からのオススメの行き方は?(参観者)

ストックホルムには複数の空港が存在し、国際線の大半は Arlanda airport アーランダ空港に到着します。同空港と切手展会場のある Stockholm Central Station の間の移動は、Arlanda Expressが断トツにオススメです。260クローネ=3000円で20分ほどですが、タクシーで同一区間を移動すると、5000円近くで30分と全く割りが合わなかったのを覚えています。よほど大荷物でない限りはArlanda Expressをお勧めします。なお切符を購入してから乗車する方がお得です。


Q6.ストックホルム中央駅から会場までの行き方は?(参観者)

会場のWaterfront Congress Centreは、Stockholm Central Stationの建物西側から30メートルくらいの距離にあるWaterfront ビルの中にありますので、「Arlanda Expressで駅に着いたらすぐ」と言っても過言ではありません。方向で言えば、駅の西側になります。


Q7.会場にもっとも近いホテルは?(参観者)

会場のWaterfront Congress Centreと同一の建物郡であるWaterfront ビルにある、ラディソン ブルー ウォーターフロント ホテル ストックホルムがもっとも近く会場との距離は10メートル程度です。五つ星ホテルではありませんが、綺麗なホテルです。部屋の機能性も問題ありませんでした。又、同ホテルには多くのフィラテリストが宿泊滞在するでしょうから、朝食を一緒に取れるなどのメリットも計り知れません。
ただし会場はストックホルムの中心部ですので、周りにいくつもランクが高くより安価な宿泊料金のホテルが存在しますので、利便性を金で買う感じでしょうか。割高な宿泊料金は他のコンベンション会場近くのホテルでも同様です。どちらに宿泊するかについては比較検討しても良いかもしれません。


Q8.展覧会は何時から何時まで見ることができるの?(参観者、出品者)

会期は5/29-6/2で、午前10時開場、午後6時閉場です。(6/1は5時、6/2は3時閉場)なお出品者は会期前日の5/28に特別な前日参観ができます。(午後3時から午後7時)一般観客もいないこの時間帯は、作品を見る上でも、又友人に会う上でもベストな時間帯ですので、私はこの機会をぜひご活用したいと考えています。
関連記事
[ 2019年03月24日 20:08 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

STOCKHOLMIA 2019 のご案内(1)

私が入会している切手サークルの一つである、Royal Philatelic Society London 英国王立ロンドン郵趣協会は、創設 150 周年記念切手展を、 スウェーデンの首都ストックホルムで5月末から6月にかけて開催します。

詳細はFIP公認切手展と比較してもトップクラスのホームページstockholmia2019.seで閲覧できますし、日本語による情報提供を「スタンペディア 日本版」が機関紙の「フィラテリストマガジン」22号(3.30発行)で案内していますので、ご存知の方も多いとは思いますが、日本から行く場合の勘所の情報をセレクトしてお伝えしますので、ご出品者、参観予定の方、参観を検討している方はどうぞ参考にしてください。

名称 STOCKHOLMIA 2019
日時 2019年5月29日−6月2日 10時ー18時(但し 6/1 17 時閉場、6/2 15 時閉場)
場所 Waterfront Congress Center(ストックホルム駅前)

Q1.どんな作品が展示されるのですか?(参観者)

英国王室ロイヤルコレクションなどのコートオブオナーもすごいですが、本展覧会の中心である、会員による競争展示については、一部日本語翻訳済みの出品作品一覧を、前出の「フィラテリストマガジン」22号の付録としてつけていますので、ダウンロードしてご利用ください。

Q2.作品の搬入方法についてわからなくなりました。(出品者)

実行委員会は、出品者に対して、懇切丁寧な電子メールを送っていますが、英文手続きに慣れない方もいらっしゃると思います。今回の展覧会における作品搬入方法は、切手コレクション・文献とも、
(1)FEDEXによる納品
(2)自分でビンルームに、5/26もしくは5/27午前までに搬入
(3)コミッショナーに依頼して搬入してもらう
が認められています。

(3)のコミッショナーについては、切手コレクション展示作品出品者で相談し、私が提供することになりました。
多くのの「出品者」に好評だっった、世界切手展 NY2016 と同等水準のコミッショナー(作品の運送委託) サービスを同等金額で提供します。「コミッショナー作品持ち込みについての承諾書」を用意していますので、ご利用される場合はご連絡ください。

Q3. 一番安く行くとどれくらいでしょうか?(参観者)

8万円代が一番安く、中国東方航空経由が多いですが、日本人で好きな方も多い、タイ国際航空経由でも86,000円とお安め(移動時間21時間)です。また中国国際航空で北京経由の便ですと移動時間は16時間と短めです。他の選択肢としてはアエロフロート、スカンジナビア航空、ポーランド航空、トルコ航空などが13万円代以下では見当たります。(いずれも往復航空運賃)

Q4. ついでに欧州旅行したいのですが、どこがお勧めですか?(参観者)

人の好み次第なので、行きたいところに行けばいいと思います。この時期の欧州は、場所によっては暑いと感じるところもあるほどで、寒暖の差にはお気をつけてお楽しみください。なおパートナーと一緒ではなく、フィラテリーに没頭できる一人旅の方の場合は、6月に開催される大きめなオークションハウスの下見会やディーラー巡りをすることをお勧めします。直接アポ無しで訪問も可能ですが、事前に連絡をしたり、紹介を受けて訪問する方がはるかに楽しい思いができるでしょう。


(つづく)
関連記事
[ 2019年03月21日 19:10 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

フィラテリストマガジン第22号は、明日PDF配信を開始予定です。

tpm022 中吊り1
関連記事
[ 2019年03月14日 13:39 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

メモ

昨日のサミットでは色々な気づきがありました。多忙につきワードをメモ
審査競技における得点源の区分
技術点
演技構成点
何を幸せと感じるかは一人一人異なる
恩送り
関連記事
[ 2019年03月10日 09:30 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

国際切手展凱旋展ブースで色々と買い物!

「JSDA春の切手祭り」という名称の、JSDA(日本切手商協同組合)主催の催事が始まったのは、私が中学生か高校生の頃だと思います。当時の私の認識は「展覧会のないJAPEX / JUNEX」でした。決してExhibitorでなかった私にとっては、多くの切手商が集うイベントは純度も高くむしろ毎年楽しみにしていたものでした。

毎年3月23日の春分の日ごろに開催されていた気がするのですが、今年は日程が若干早くなり、3月8−10日の開催となりましたので、地方からご上京される方のことも考えて、国際展凱旋展2019をこの日程に合わせて開催できるように、郵政博物館さんと話をつけたという裏話があります。まずは、この会期でやらせてくださった、郵政博物館さんに感謝したいと思います。

また、本日の国際展凱旋展では、エージェントスタンプさんが展覧会場に協賛出店され、朝10時の開場とともに多くのお客様がブースでお買い物を楽しまれていました。三日間のみ二割引セール実施中とのことで、多くの方にとって買いやすかったのではないでしょうか?私も良いものが入手できましたのでご紹介を!


1926 風景2銭 最初期シェード? 10枚マルチプル
20190308_4.jpg

知る人ぞ知る珍品で、先日のジャパンでも銘版付きが高騰し、私も全く手が出ませんでした。多分、そのシェードだと思うのですが・・・。何れにせよ、平面版のマルチプルは少ないので、素版解析の観点からも入手できてよかったです。今日買ったもので一番よかったのはこれですね。


1943 マライ正刷4c 昭南発日本宛て葉書 2604-5-22(1944)
20190308_3.jpg

少々汚いカバーではありますが、日本宛にしては安かったのでつい手が出てしまいました。マライ正刷は唯一集めている南方占領地なのですが、日本宛て使用例もだいぶ増えてきました。


板橋からの独立前の練馬宛ての郵便物
20190308_2.jpg20190308_1.jpg
地元史として取り組んでいる「板橋からの練馬区独立運動」に関するマテリアルで、昭和11年の板橋区練馬南町宛葉書です。練馬南町は、現在の桜台、練馬、羽沢あたりの旧町名です。なるべく多くの旧町名について、板橋区時代の宛先を集めたいと考えていて、渡会さんがとっておいてくれたマテリアルで、もちろん全部買わせていただきました。(こういうのは全部買わないと次がないので・・・)ちなみに全て同一コレスポンデンスですが、新京中央、奉天中央発であり、その点も気に入っています。


My珍品2007
20190308_5.jpg
これはひょっとしたら毎年投稿している、「駄物であそぼ」(いずみ切手研究会、近辻喜一氏による編集)の昔の体裁ではなかろうか?と思い買ってみました。2007年夏といえば、丁度私が切手収集を再開し、毎日ヤフオクやイーベイで興奮していた頃ですね。懐かしい。


ということで、国際切手展凱旋展2019は今週日曜まで毎日10:00−17:30で会場しております。最終入場事項は17:00ですのでお気をつけてください。





展示作品一覧
コレクション名Fオーナー名
Japan 1871-1876 Hand Engraved Issues8山田祐司
Japan: Showa Series, 1937-468伊藤純英
Indian Feudatory state: Hyderabad5佐藤浩一
FRANCE 1849-18628有吉伸人
The Development of Japanese EXPRESS DELIVERY Service in Early Period8池田健三郎
Advertised Postmarks in Japan1岩崎朋之



いずれの作品も今回を逃すと、日本国内で見る機会がすぐにはないコレクションばかりです。同期間には日本切手商協同組合による「JSDA切手まつり」も開催され、全国から東京にお越しになる方も多いのではないかと存じます。ぜひ今から参観のご計画をおたてください。

展覧会名:国際切手展凱旋展2019
(郵博 特別切手コレクション展、2018年度第8回)

開催日時:2019/3/8-10(金土日)10:00-17:30

場  所:郵政博物館



20190308_11.jpg
関連記事
[ 2019年03月08日 19:49 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

国際切手展凱旋展2019 開幕しました

2019/3/8-3/10
国際切手展凱旋展2019
郵政博物館 にて開催中です。


関連記事
[ 2019年03月08日 11:07 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

ジャパン・フィラテリスト・サミット 2019 最終案内

すでにご案内の通り、郵趣振興協会は、今週末の「国際切手展凱旋展2019」の中日夜に、「ジャパン・フィラテリスト・サミット 2019」を開催いたします。これは、年に一回程度は一定の格式を備えたフィラテリストの交流会を開催することが我が国におけるフィラテリーの社会的認知の向上に資するとの考えを元に、スタンペディアで始めた事業を、その公的サービスの引き継ぎ先である、郵趣振興協会で主催する形で引き継いだもので、本年で3度目の開催となります。

今回は開催が急遽決まったため、ショートノーティスになってしまい、ご来場者が何名集まるだろうかと心配しておりましたが、蓋を開けてみれば杞憂に終わり、現時点で33名の参加申し込みを承っております。会場の都合もあり、お申し込みは3月4日月曜日で締め切らせていただきますので、もし今から参加申し込みをされたいという方がいらっしゃいましたら、本日中にこちらのページの申し込み方法に従い、お申込ください。

ご来場者に差し上げる豪華28ページだての目録もほぼ完成し、あとは印刷に出すだけとなりました。現時点までにお申し込みが完了している方のご芳名は目録の席次にも掲載されますので、どうぞ記念になさってください。なお、この目録はサミット参加者のみへの贈呈品で非売品です。参加者の皆様はどうぞ記念にお持ち帰りください。






関連記事
[ 2019年03月04日 00:01 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索