Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  日本通常切手  >  超現行 >  切手収集を始めた頃のカバーを入手

切手収集を始めた頃のカバーを入手

先月一ヶ月、日本切手の整理をしましたが、その中で、自分が切手収集を始めた頃に発行された切手のカバーも出てきました。
下に示すのは、昭和52年に発行された新国宝シリーズ2集・低額面の国内宛簡易書留使用例です。単貼りでないし、封筒も大型で一昔前だったら見向きもされなかった存在だったでしょうが、記特研の友人の横山さんもなかなかいいカバーだねーとおっしゃってくれた一品です。

ゼネラルコレクターなので、日本の記念切手は一応すべて集めていますが、深く収集するのは封書料金50円時代にしようかと考えています。メイン収集はあくまで旧ドイツとスイスという超クラシックなので、この分野については、むしろ新しい所を集めてみたいと思います。ほかにやってる人も少ないようですし。

新国宝2集50円切手4枚ブロック+通常75円切手ペア貼り=350円、静岡県宛て簡易書留書状。

柏局、昭和53年4月16日引き受け、櫛形印

 

 

関連記事
[ 2012年04月12日 14:57 ] カテゴリ:超現行 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索