FC2ブログ

Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  未分類 >  スタンペックスジャパン2020 関連諸々

スタンペックスジャパン2020 関連諸々

新型コロナウイルス感染症の拡大により、先週末から各所と調整していた、催事がらみですが、やるもの・やめるものなど、昨日までに色々と発表しましたので、スタンペディアプロジェクトがらみをまとめて掲載します。

無料世界切手カタログ・スタンペディア株式会社
・号外(スタンペックス2020 公式ガイドブック)の、マイスタンペディア 会員向け発行
・上記ガイドブック(PDF)の一般提供を開始(郵趣振興協会HPにて無料でダウンロード可)

スタンペディアオークション 株式会社
・第13回セール カタログ の公開開始(オンラインカタログ
・第13回セール大阪下見会の中止(カタログ冊子の無料配布のみ)

特定非営利活動法人 郵趣振興協会
・ジャパンフィラテリストサミット2020の中止(記事

スタンペックスジャパン2020 実行委員会
・全国切手展の展示と審査を行うことを再確認
・セミナー・クリティーク形式の変更(記事


本方針を決めた時点では、切手業界ではあまり催事の自粛がありませんでしたが、昨日、公財)日本郵趣協会でも関西スタンプショウ 2020をはじめとする一部催事の中止を発表したことをホームページで確認しました。

また、昨日午後には、厚労相が今後の基本方針について記者会見で発表しましたが、その中でも『イベントの開催については、一律自粛することは要請しないものの、集団感染がある地域ではイベントの自粛を検討することを求めている。』という点に私は注目しました。引き続き私どもを含めて各主催者は気を揉むところではないかと思います。

ジャパンフィラテリストサミット2020 の中止については、ご参加を表明してくださった55名の皆様に感謝すると共に、これまで半年以上にわたり、運営の準備に携わってくださった、スタンペックスジャパン2020 実行委員の9名の皆様にもお礼を申し上げます。しかしながら現状を分析した結果、ご参加者並びにそのご家族のご健康を考えると、飲食を伴う閉鎖空間での2時間近い70名近い人間(司会、技術担当、接客も含む)の集まりについては、リスクが高いとして中止する判断を、全体の責任者として私が致しました。この中止の判断については、半年先には吉田の杞憂だったなで終わる可能性もあるかもしれませんが、それで笑われてもご参加者の健康が確保されれば、それで良いじゃないかと私は考えております。どうぞご了解いただければと思います。

なお、ジャパンフィラテリストサミット2020をお申し込みいただき、参加費をお支払いいただいた皆様には、すでに電子メールで昨日連絡いたしましたが、本日合わせて郵便でも中止のご連絡を差し上げ、連絡漏れがないようにします。また、参加費については全額返金いたします。



関連記事
[ 2020年02月26日 10:49 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(1)
危機管理
正しいです。
危機管理の本質を見据えたご御決断に敬意を表します。
必要条件を積み上げることよりも、十分条件を満たしているかの観点が、リーダーには求められます。
私も杞憂だったと笑ったりしない常識を身につけていきたいものです。

「悲観的に準備し、楽観的に対処せよ。」 佐々淳行
[ 2020/02/26 14:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索