Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  未分類 >  カバーの整理方法

カバーの整理方法

日本切手の整理をしてからずっと方針が決まらなかったカバーの整理ですが、やっと方向性が見えてきました。このブログを見てくださっている、色々な人に相談していたので、報告も兼ねてブログを書きます。

最後の最後迄ファイリングする事を前提で考えていました。この際に僕が譲れないのはクリアファイルにしろ、アルバムバインダーにしろ、ダストボックスが存在する事でした。しかし、以前のブログでも書きましたが、ダストボックス付きの文具を製造しているのは世の中で切手付属品メーカーだけになってしまったため、コストにどう目を瞑ろうかという問題になりました。

日本のメーカーでは郵趣サービス社が安定供給先として候補になったのですが、割安のバインダーを使えば、一冊1500円となんとか許容範囲だったのですが、最大の問題がストックリーフ等も同じサイズですが、ボストークリーフ3穴だと横幅が短すぎて、洋型7号封筒でもない限りは横に収まらないということでした。また、大きな封筒もかなり諦めなければなりません。これでは元も子もないので、一旦この案はおじゃんに。。。

次に検討したのは外国未使用切手の整理で多用しているドイツLindner社のリーフを白リーフで使用する事でした。リーフの方は自作できる印刷会社が手配できたのですが、バインダーが一冊5,000円にまではねあがるのが最大の問題でした。しかし、大抵の封筒を1ページに二枚はれたり、大型封筒も保存できたり便利でした。

しかし、途中経過と思い使用してみた無印良品のポリプロビレン製の引出しが実は仮貼り的な意味も含めてよいのかな、と思い、しばらくは展示用以外はここに保管することにしました。とりあえず引出しが20個ほどできましたので、大分類に分けてそこに入れています。

仮整理をするにあたり、切手はストックリーフがベストであるのに対して、カバーはベストでない最大の理由は閲覧性が低い事にあります。10枚のカバーを見るのに、アルバムバインダー整理だと5ページ以上リーフを見なければなりませんが、引出収納だと束をパパッと見たり横に並べたり、裏や文面を見る事が自由自在です。僕は、国際展に参加している事もあり、German Statesのカバーは多数バインダーに入れてもっているのですが、閲覧性が低い為かどうも見る事が少なかった気がします。

引出整理のポイントとしては、一つの引出しの中を余り細かく分けない事です。せいぜい5、6分類でしょうか。また、その分けたくくりごとをまとめるのに直接輪ゴムを使う事は絶対にさける事です。すぐダメになりますし、化学変化でカバーや切手をいためる事が確実だからです。展示に使用するカバー以外にも多くの二軍カバーを持っている事は更なる研究にとって必要です。しばらくこの方法を続けてみようと思います。

関連記事
[ 2012年03月10日 21:04 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索