Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  超現行 >  47都道府県の花(80円額面) ドイツ宛てEMS使用例

47都道府県の花(80円額面) ドイツ宛てEMS使用例

実は現行切手好きだったりします。

昨今の日本切手は古今東西で最もゼネラルコレクター向きでない多種類の発行で、一つ一つの図案を楽しむ余裕もありませんので、逆に未使用で取っておこうという思い入れも無くて、小包でもなんでもいいからどんどん使って使用例を作っちゃえと思って、集めています。完集を狙ってるわけではないので、全くフィラテリックカバーを作らない月もありますが、7,8月はPHILANIPPON2011で盛り上がっていたこともあり、郵便局にしょっちゅう通っていたので、沢山在庫があります。

フィラテリックカバーを作るにあたり、変化をつけるには、速達や書留等の特殊扱いをつけたり、重量便にしたりという工夫が上げられます。見逃しやすいところではゆうパックは料金体系が複雑で遊べると思います。しかし、なんといっても華は外信便だと思います。9月の欧州出張にあわせてEMSにトライして見ましたので、まずは成功例をお目にかけます。

47都道府県の花(80円)の上部3列(=30枚)で2400円。710グラムのドイツ宛EMSとして資料を送りました。局で量ったらなんと軽かった。2200円ですんでしまい、過納料金に。。。ここらへんはまだまだ慣れません。港区外苑前局2011/8/25の欧文ローラー印で消印され、満足なカバーとなりました。僕は基本的に、フィラテリックカバー作るときに消印をどう押してくれとは頼みません。何も言わないでどうなるかを楽しみにしています。

関連記事
[ 2011年09月28日 15:22 ] カテゴリ:超現行 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索