Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  日本通常切手  >  超現行 >  ピーターラビット切手 その2

ピーターラビット切手 その2

現在、郵便局で使用されている消印はたいへん面白い状況だと鈴木盛雄さんから聞いておりましたが、ピーターラビット切手の実逓作りに都内二カ所でポスト投函してみたらご覧の通りです。

左から目黒局和欧文機械印(失敗)、(成功)、銀座局新型機械印です。

和欧文機械印は1990年頃しゃかりきになって集めていましたが、この20年ほどのブランクで今は全く状況が理解できていませんが、絶滅しかけているとか・・・?面白い収集対象です。

銀座局に見られるこの新型機械印は、最初読みにくかったのを細かな改良を繰り返しているらしく、こちらもなかなか完全収集は難しいとか。

日本のこういった消印情報もどんどん英文で発信していきたいものです。

 

 

関連記事
[ 2011年08月17日 17:52 ] カテゴリ:超現行 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索