Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  無料世界切手カタログ・スタンペディア >  バーチャル切手リーフ展示の準備中です。リーフ画像の推奨スキャン仕様について検討中です。

バーチャル切手リーフ展示の準備中です。リーフ画像の推奨スキャン仕様について検討中です。

stampedia Philatelic Journal の「ITの活用で切手収集はこんなに変わる!」の記事内で予告しておりました新サービス stampedia Exhibitionを現在鋭意開発中です。プログラミング以上に頭を悩ませているのが、アルバムリーフの画像の推奨をどのようなものにするかです。DPIを高くすればするほどファイルサイズが大きくなり、操作性が落ちますから、何を推奨にするかは大事です。しかし、それ以前にDPIはプログラマーの僕にとっても今一馴染みの薄い概念で、一般の方はスキャナーを持っていてもよくわからないのではないでしょうか。そこで実験して皆さんにお見せする事にします。事例はなんと僕が高校一年生の時に作った第一自身動植物国宝シリーズの60円延暦寺のフリーフです。いやぁ見事に金のかかってないリーフです!(笑)

 



同一リーフを次の3条件でスキャンします。
1)実寸72DPI     =>   157kb
2)実寸200DPI    =>   852kb
3)実寸300DPI    =>  1,972kb

今、上記に表示しているのは、(1)の実寸72DPIでスキャンしたリーフ画像です。他のDPIでスキャンしたものもこれ以上にはきれいにならないため、この大きさで表示するなら十分です。しかもファイルサイズが、(2)と比べて八割減、(3)と比べたら92%減なのは大きいです。アクセスは世界中の色々な環境からされるわけですから、この差はそのまま表示速度の差になります。

しかし、話はこれで終わりではありません。実際の切手展でも珍しいコレクションがあれば、目を近づけて見たいものです。同じ事がバーチャル切手リーフ展示でもすぐに求められてくると思います。そこで、三つの方式別に、画像を拡大したらどうなるかについて以下に示します。



 

 

 




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左が(1)の72DPIを拡大した様子で、右が(2)の200DPIを拡大した様子です。72DPIは拡大を前提とする場合には論外になることが分かります。200DPIはここまでの拡大なら十分に使用に耐えます。では、さらに拡大するとどうなるでしょうか?

上が(2)の200DPIを拡大した画像で、下が(3)の300DPIを拡大した画像です。建物の背景の木の見え方を比べてみると、上の方はちょっと見栄えがよくありません。

結論はまだ出ていないのですが、300DPIを拡大した画像を提供できるとするとリアルな切手展以上の知識を閲覧者に与えることが可能です。とはいえ、ファイルサイズの大きさは否めません。しばらく思案したいと思います。

 

関連記事
[ 2011年05月13日 23:40 ] カテゴリ:無料世界切手カタログ・スタンペディア | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索