Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  内国葉書の郵便史 >  葉書10円料金 最終日使用例 沖縄海洋博郵便局差し立て

葉書10円料金 最終日使用例 沖縄海洋博郵便局差し立て

昭和47年2月1日から昭和51年1月24日まで、葉書料金は10円でした。

その最終日に、沖縄海洋博郵便局(昭和50年7月1日から昭和51年1月31日まで設置)から差し立てられた使用例です。日本風景社というディーラー差し立てですが、那覇局留置にしていることもあって、センスの良いフィラテリックカバーなので、ロットの中から見つけた時はとても嬉しかったです。

最終日使用例だからと言って、この時代の葉書使用例としてはもっとまともなもの(商用速達など)があるわけで、これを競争展の郵便史作品には使いずらいですが、僕は切手展出品は沢山あるフィラテリーの楽しみ方のごく一部だとしか思っていないと、万博アイテムは郷愁をかき立てられるので自分のコレクションの中に大切に保管していきたいと考えています。


20130131_2.jpg
関連記事
[ 2013年02月02日 09:30 ] カテゴリ:内国葉書の郵便史 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索