Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  German States >  Thurn & Taxis は German Statesか否か?

Thurn & Taxis は German Statesか否か?

ここ数日は、僕の作品 German States before German Empire の中で、外すかどうか迷っている発行主体について書いていますが、本日は、タクシス郵便です。ご紹介しているカバーはロンドン宛ての国際便で、切手の状態は今一なので展示には積極的には使用できないのですが、最近格安で入手した一品です。

タクシス郵便が使用されたのは、German States内ですので、その点では僕は外せない切手なのではないかと考えていますが、German States自体が発行した切手ではないので外した方が良いのではないかというご意見をお持ちの方もいらっしゃいます。

(後にドイツ領となる)英領ヘリゴランドは外しましたし、北ドイツ郵便連合についても外すという選択肢はありえると思うのですが、ことタクシス郵便になると、展示しないともってないから外したと思われてしまうのではないかと思い、外す決断ができないでいます。実際、未使用ブロックやアピールできるカバーがあるなら、省略して、「持っていないのでは?」と痛くもない腹を審査員にさぐられるよりは展示した方がよいというのが今の考えです。

20130208_6.jpg

関連記事
[ 2013年02月14日 09:09 ] カテゴリ:German States | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索