Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  内国葉書の郵便史 >  Overnight : 料金改正前夜投函の郵便物

Overnight : 料金改正前夜投函の郵便物

僕が中1の時、葉書料金が20円から40円に値上げされました。当初は無邪気に最終日使用例を作ったり、緩衝期間として設けられた70日間の30円料金の使用例を作ったりしていましたが、あとになって考えるとこの値上げがジュニア収集家の減少の契機だったと思います。

ところで、その時も料金改正前夜の深夜23時頃にポストに旧料金で郵便物を投函し、見なし適正料金として取り扱われるOvernightカバーを作ったりしていましたが、そのような例は昔もあり、戦後間もない昭和21年7月25日の葉書料金5銭から15銭への値上げ前夜投函のovernightカバーを入手しました。(しかも、小型楠公です)

内国葉書の郵便試作品を作るにあたり、最終日印とOvernight印がある場合にどちらを展示するかちょっと迷っています。どっちがいいんでしょうね?


20130304_3.jpg
関連記事
[ 2013年03月10日 18:16 ] カテゴリ:内国葉書の郵便史 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索