Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  opinion >  散文:切手の処分(1)

散文:切手の処分(1)

最近はやっているこの本をご存知ですか?首都圏の電車では3月初旬から広告が出ていますね。著者はこの「老前整理」を登録商標として所有する企業の起業家です。


我々コレクターは、一般的な人の老前整理に比べてはるかに難題のコレクションを所有しています。
そこで、一番幸せな切手の処分方法を追求するため、何回か散文を書散らしていこうと思います。

「大したコレクションは持ってないよ」という人であってもそれなりの思入れのある切手が沢山あるでしょうし、以前ルーズベルトコレクションの話を書いた時にも書きましたが、トップコレクターであれば、大抵の場合その背景には沢山のアキュムレーションがあるのが普通です。
また、「大したことない」と謙遜しているコレクターであっても、処分にあたっては、入手した時の想いを捨てる事が難しく、なかなか納得のいく価格を着ける事が難しいと思います。

一方、処分しやすいコレクションの筆頭は国際展で大金賞もしくはグランプリを獲得した作品ですが、国際展でグランプリを取った作品であれば簡単に売れるか?というとそんなことはなく、かつてスタンペディアエキシビションで紹介した、ニューファウンドランド 航空切手と航空郵便 1919-1948はLondon2010で大金賞を獲得した作品でしたが、世界中に顧客を擁するクリストフ・ガートナーをもってしても、一括4000万円で売りに出てNoBidで結局バラバラにして販売されました。「国際展で勝つには1億じゃぁ足りない」という噂話を耳にすることもありますが、日本切手よりも収集人口が多く競争の激しい英領ですらその半分で大金賞コレクションが入手できるのが現在の郵趣界の趨勢です。

このような状況下で切手を処分するには、行き当たりばったりではなく、よく考える事が大事だと思います。

まず、売る作業(商品説明、集客、代金回収、発送)を他人に任せて処分する場合に最大の満足が得られるのは、その郵趣品がジャパンスタンプ等のオークションでもカラー写真入りで取り扱ってもらえるような、珍しく、高い商品である場合に限定されると思います。この場合、現行切手なら斧田さんのSEVENがいいとか、スイス切手であればCorinphilaに頼んだ方がよいとか、まぁ細かい所では色々とあるでしょうが、国内業者経由で落札価格5000円以上、海外業者経由で落札価格5万円以上のものかと思います。海外にも数千円からリストしているオークション業者はたくさんありますが、彼らは小資本であり日本からの出品に慣れていない為、その利用は余り現実的ではありません。
またオークションの売りは値付け設定が先方任せになる事が多く、その辺りのルールをオークションハウス側は各々開示していますので、それを理解した上で参加する事が肝要です。この辺りのトラブルは多いので、オークションハウス側はきっちりルールを明示してビジネスをしています。

一番満足がいくのは、売る作業を他人任せにせずに、自分でやることだと僕は思っています。日本だとヤフーオークション、海外だとebayがその筆頭でしょうが、このようなマーケットプレイスを通じて自分の所有品を販売するお店を持つ事は一番納得の行くコレクションの処分方法だと思います。













関連記事
[ 2013年03月31日 20:03 ] カテゴリ:opinion | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索