Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  German States >  こ、これは手強そうだ。。。

こ、これは手強そうだ。。。

僕の German States 競争展コレクションから仲間はずれにされてしまった、Heligoland。
Australia2013の準備が一段落したこともあって、ドイツ切手を整理する中で、Heligolandだけ抽出してみました。

1867年に切手発行を開始した英領ヘリゴランドは、1890年にヘリゴランド=ザンジバル条約により、ドイツ領となり、名称もHelgolandとなり、ドイツ切手が使用されるようになりますが、それまでは主にヴィクトリア女王を描いた切手が使用されていました。

この国の切手の最大の問題は、切手発行数がさほど多くない状況で、Julius Goldner というハンブルグの切手商が、郵政の許可を取ってほぼ同時代に大量のリプリントを発行したことにつきます。印刷版も当時の物を使用し、当初はベルリンで、次いでライプチヒで、そして最後はハンブルグでとリプリントを作って、切手収集家だけでなく、お土産目当ての観光客にも売ったそうです。

ということで、僕のコレクションの整理も、まずは、このゴールドナーのリプリントのある切手と無い切手に分けて分類しており、以下に示したリーフは、ゴールドナー・リプリントの存在しない切手(ある意味、安全な切手)です。ちなみにMichelの1Ⅰ, 13-16,18-20が安全な切手です。なお、カタログを見ると、これらにもNDが存在する事が記載されていますが、これは真正な切手よりも珍しく、価格も高いので、あまり気にしなくてよい公式リプリントです。

20130509_2.jpg

必ずしも状態の良い切手ばかりではないのですが、シェード分類もしてみました。
使用例は安い物も結構あるので、一万円以下のものなら買おうかな、くらいに考えています。
関連記事
[ 2013年05月12日 19:45 ] カテゴリ:German States | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索