Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  競争切手展 >  TEL AVIV 2013 後日談(1)

TEL AVIV 2013 後日談(1)

イスラエルから帰国後、複数の方から色々な質問を頂き、改めて今回の Multi National Stamp Exhibition が実は注目をもたれていたんだな、と感じました。また、日本も招待されていたのに参加できなくて残念だったなーと思いました。

出品作品の話はまた改めてしますが、ライトなところで今日は二つほど。

最近発行された、イスラエル観光の切手(10種で1シート)に、不統一印みたいな記念印をべたべた押してきました。はんこ集めレベルの事をするのも楽しいものです。。

20130604_1.jpg

イスラエルの新聞。全く読めません。表紙はいきなり銃殺ですか??切手展の話がこの号には掲載されています。
20130604_2.jpg

今回の切手展の事も2ページにわたり掲載されています。やっぱり郵政がスポンサードしてるからですかね。右下の若いお兄ちゃんは日本で三ヶ月くらい流浪の旅行をしたことがあるという人。今は郵政の郵趣家向け窓口の仕事をしているそうです。
20130604_3.jpg

今回の実行委員会の人々。右端の人は日本でも有名なイガル・ナタニエル氏。その左はイスラエル郵趣連合の会長。
20130604_4.jpg
関連記事
[ 2013年06月06日 12:00 ] カテゴリ:競争切手展 | TB(0) | CM(3)
イスラエルはいってみたいが
イスラエルでもっともきらわれてアラブでもっともすかれる日本人の苗字なのでなかなかためらうものがあります。
続編を期待してます。
[ 2013/06/08 16:44 ] [ 編集 ]
管理人様。彼の地より差し出しのお葉書を拝受しました。ご旅行として考えると乗り換えが沢山あって、魅力ある旅程ですね。ありがとうございました。
[ 2013/06/09 08:24 ] [ 編集 ]
ありがとうございます!
 拙宅にも、昨日、お葉書が到着いたしました。ヤシの木にもたれて座っている少年の切手を見た家族は、メタボ解消のために腹筋せよとの暗喩ではないかと申しております。(笑)
[ 2013/06/09 11:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索