Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  内国葉書の郵便史 >  往復葉書の整理方法

往復葉書の整理方法

往復葉書の開き使用がだいぶ集まってきたので、整理方法を考えてみました。
返信部分の使用・未使用に関わらず、やはりここは裏面も示したいもの。
ということで、カラーコピーで70%縮小した裏面と共にクリアポケットに入れることにしました。(無印良品 557円)

20130605_2.jpg

これらの往復葉書は全日展で@100-300円で買ったものなのですが、購入時には、ボストークリーフに表面だけがヒンジで貼り付けられる形で整理されていました。昔はなんでもアルバムリーフに整理しないとダメという指導がされていた事が影響しているのかと思いますが、整理先をアルバムにするかストックリーフにするか、クリアフォルダーにするかが大事なのではなく、情報をどのようにぱっと分かるように示せるかの方が整理においては大事かと考えています。



往信と返信の料額印面の色違いも同一ページで示す事ができます。

20130605_3.jpg

関連記事
[ 2013年06月12日 11:33 ] カテゴリ:内国葉書の郵便史 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索