Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  内国葉書の郵便史 >  内国葉書の郵便史

内国葉書の郵便史

昨年の全日本切手展に出品した、私の郵便史作品「内国葉書の郵便史」について、以前より執筆依頼を頂いていた北陸郵趣紙に、このほど二号連載で記事を執筆させていただきました。
編集の水村さんがご担当されるのは、この2、3月号が最後とのことで、なんとか最後のお手伝いをできてよかったと思います。

この作品はそもそもは、JAPEX2013に出品しようと思って集めてきたのですが、郵趣連合から急遽、全日展2013に何か出すよう要請があり、不十分なまま、全日展2013に出したという経緯があります。ですので、自分としては、再構成して、JAPEX2014に出品予定で、フレーム構成から練り直していた所で、ちょうどよい機会となりました。

なお、6フレーム以上の出品ができるJAPEXの特性を活用して、JAPEX2014においては、葉書料金52円時期までを含めた6フレーム作品として出品予定です。最終フレームに7円もしくは10円から52円までの使用例を詰め込む形になりますので、競争展出品としては蛇足になるかもしれませんが、それでも全体を表す事ができますので、自分でも楽しみにしています。

あわせて、年内には欧文機械印同様、当コレクションも単行本化することを検討しています。

20140129_3.png

葉書料金改正3日後の使用例
関連記事
[ 2014年02月07日 12:45 ] カテゴリ:内国葉書の郵便史 | TB(0) | CM(1)
tabito
「北陸郵趣」の記事を拝見しました。後半が楽しみです。
[ 2014/02/07 20:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索