Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  ユースへのフィラテリーのプロモーション >  今や、フリーマーケットを活用すれば中学生コレクターでもそれなりのコレクションが作れるだろうになぁーー。

今や、フリーマーケットを活用すれば中学生コレクターでもそれなりのコレクションが作れるだろうになぁーー。

昨日は池袋の切手市場に行ってきました。単価50−100円で数千円分のお買い物をしました。フリーマーケットはお金よりも時間がかかるところで、大量のブツの中から自分のコレクションに加えるものを探すのは楽しくもありますが、そうは集中力が続きません。今回も一時間半程でギブアップ。喫茶店で話する方がむしろ楽しくなっているかもしれません。中学生の頃はこのようなフリーマーケットはなくて、せいぜい盆まわし程度でしたから、物量や割安感が違います。時間さえあれば中学生でもそれなりのコレクションが作れると思いますが、残念ながら少年コレクターは皆無でした。。。

関連記事
[ 2012年08月05日 13:47 ] カテゴリ:ユースへのフィラテリーのプロモーション | TB(0) | CM(2)
ユース人口について
始めまして、京都の高校3年生(収集歴5年)です。
これから大学生になったら、発展的(リーフづくり)なことをしようかと考えています。
切手収集をしている若者(~大学生)は、どれくらい日本いるのでしょうか?
また、切手展でユースの部に出している人は、どれくらいいるんのでしょうか?
教えていただけるとうれしいです。
[ 2015/06/21 17:05 ] [ 編集 ]
さとし様
別途メールも頂きありがとうございます。
細かいこと全部メールでお返事しますね。高3から大学生は一番吸収力もある時期ですので、是非頑張って下さい。
日本のユースは長らく世界からは置いて行かれた部分もあったのですが、昨年ついに一人、世界チャンピオンが登場しました。(木戸裕介君、早大、今春卒業)
[ 2015/06/21 20:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索