Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  スイス  >  スイス - やっぱり鳩が好き >  やっぱり鳩が好き(最終回)

やっぱり鳩が好き(最終回)

昨日紹介した、ちょっと疑問も残る不足料使用例とは異なり、今日紹介する後期使用は、ずっと欲しいと願い、ようやく入手がかなった一品です。

スイスは1849年の市民革命の結果、連邦化の推進が決定し、郵政も州郵政から連邦郵政に1849年10月1日をもってかわります。「変わります」とはいうものの、現業ありきの郵政、そんな短期間でやり方を変えるのは無理です。スイス連邦の切手もすぐには発行できません。なのにこの10/1から郵便料金を変更しちゃった。その結果何が起きたかというと、チューリッヒ州やジュネーブ州では、書状の差立てにあたり適切な切手が存在しない状態になってしまったのです。

スタンプレス時代に逆戻りなんて、状況が許されるのか?と思ったのですが、実は当時の人々の郵便差立てで、切手が貼られるケースはせいぜい一割程度だったのではないかという推測が現存する切手貼りカバーとスタンプレスカバーの比較から、導きだされています。つまり郵便料金に合致する切手があろうがなかろうが大勢には影響なかったと言って良いと思います。

そんな中である偶然がバーゼル州に起きます。

新郵便料金(市内便 2.5 ラッペン、市外第一地帯 5 ラッペン)に適応する切手は、チューリッヒ(4、6ラッペン切手のみ存在)やジュネーブ(5サンチームのみ存在)には存在しなかったのですが、なんと一枚しか切手を発行しなかったバーゼル州郵政が出した唯一の切手「バーゼルの鳩」は、2.5ラッペンだったのです。

こうして、スイス国内すべてがスタンプレス時代に逆戻りする(か、もしくは過貼する)1849年10月1日以降も、ただバーゼル州においてのみ、切手が着々と使われ続けたのです。とはいえ、他の州に比べて規模の小さなバーゼル州ですから、この後期使用例は決して多くありません。なので、オークションカタログが到着する度に探していたアイテムで、ようやく展示する事ができました。

20140726_1.jpg

当初は、自分の期待以上の人気者だったために、斜に見ていた「バーゼルの鳩」ですが、こうやって色々と研究し、集めてくる中で、自分自身も愛着が湧いてきました。それはそもそもこの切手自体が製品として魅力的だからかもしれません。

でも、だいぶ集めては来ましたが、やはりマルチプルがないのは寂しいですね。価格が高いのでよっぽどのバーゲンでないと入手のチャンスはないと思いますが、ペアもしくはMix Frankingは欲しいですね。あと優先順位は下がりますが、初期使用例もしくは変わった消印の押されたカバーがあれば言うことなしですね。

ということで、PHILAKOREAに展示するスイスクラシック作品より、日本で人気のある「バーゼルの鳩」に絞って短期連載を書いてきましたが、本日で終わりです。
関連記事
[ 2014年07月26日 21:33 ] カテゴリ:スイス - やっぱり鳩が好き | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索