Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  その他の切手展 >  2014年残り期間の、出版・展示の予定について

2014年残り期間の、出版・展示の予定について

正月に本年の予定を書きましたが、今年も残すところ三分の一となり、後半戦の予定が若干変わりましたので改めて告知。

雑誌の発行
9/15 The Philatelist Magazine 試験発行第4号発行
10/27 Stampedia Philatelic Journal 2014発行
12/15 The Philatelist Magazine 試験発行第5号発行

切手展での展示
10/4 スタンプショウ鹿児島 「近代日本の城」(トピカル)を展示予定
10/10 第2回ヨーロッパ切手展 「スイスクラシック」(伝統・外国)等複数作品を展示予定
10/31 JAPEX 2014 出品 「内国葉書の郵便史」(郵便史・日本)等を展示予定
12/1 Malaysia 2014(FIAP展) 「German States before German Empire」(伝統・外国)を展示予定

雑誌以外に単行本の出版も計画しておりますが、今年前半郵趣活動があまりできなかったため、計画が後倒しになっており、現時点で発行日を公表できる物はありません。

JAPEX2014 で展示する「内国葉書の郵便史」は、昨年の全日展で出品要請に応えて中途半端な完成度で無理矢理出品したコレクション(5フレーム)を、その後切手市場始めとする百円均一で時間をかけてマテリアルを探し強化し、リーフの作成も一からやり直したもので、8フレーム化して現在までを展示します。

チャンピオンクラスを除き、8フレーム展示できる国内の競争展はJAPEXしかないので、この作品はそもそも最初からJAPEXへの出品を前提に取り組んできたものなので、帰国後ずっと、これに取り組んでいます。

ちなみに時間に余裕があれば、ワンフレーム部門とテーマティク部門に出したい作品の構想があるのですが、雑誌二冊の編集ピークと出品期限が重なるので、余程すべて順調にいかない限りは難しいかもしれません。

これ以外で頑張りたいのは正月にも書きましたが、WEBメディアのテコ入れです。
1月にはstampedia 世界切手カタログの新バージョンの件を書きましたが、現在それより優先順位を上げているのはバーチャル切手展「スタンペディアエキシビション」のリニューアルで、こちらは10月迄にはなんとかしたいと考えております。
関連記事
[ 2014年08月19日 10:57 ] カテゴリ:その他の切手展 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索