Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  内国葉書の郵便史 >  内国葉書料金の変遷(9)2円

内国葉書料金の変遷(9)2円

マルコフィリーを除けばJAPEXの日本・郵便史部門には初挑戦となりますが、今年の秋は「内国葉書の郵便史」を展示予定です。

出品テーマについてブログで記事を連載する事で、切手展でよく見てもらう事ができるのは全日展のスイスで経験済みですので、今回は同様の事を内国葉書の郵便史でやってみたいと思います。


2円(昭和23.7.10〜昭和26.10.31)
展示作品は日本の国内郵便史のかなりの割合を包含する物で全容の展示は難しいので、本作品の骨格である、基本料金の初期・後期使用例に絞って紹介する事にしています。

20140927_5.jpg
初期使用例:昭和23.7.18 大津発 京都市宛
* 2円葉書の初日使用例なんていくらでもありそうなのですが、全くご縁がありません。よくよく考えるとそれまで50銭だった料金が一気に四倍になるので、利用者もできうる限り料金改正前に郵便を出す様にしたのだろうか?等と考えています。

20140927_6.jpg
最終日使用例:昭和26.10.31 岩村田発 北佐久郡宛
関連記事
[ 2014年09月29日 23:47 ] カテゴリ:内国葉書の郵便史 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索