Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  無料世界切手カタログ・スタンペディア  >  Philatelic Journal >  Stampedia Philatelic Journal 2014 のご案内 その3

Stampedia Philatelic Journal 2014 のご案内 その3

20141004_1.jpg毎年一回秋に発行している、フィラテリックジャーナルについて6回連載で見所をおつたえしたいと思います。(画像は昨年版の表紙です)

毎年一回秋に発行している、フィラテリックジャーナルについて6回連載で見所をおつたえしたいと思います。(画像は昨年版の表紙です)


第3回目となる今回は「初期の記念はがきの使用例」のご紹介です。
ご執筆頂いたのは、天野安治さんです。私から改めてご紹介させて頂かずとも皆さんご存知の日本の大フィラテリストです。日本のステーショナリーは一度掲載したいと考えておりましたところ、切手展で天野さんからお声をかけていただいたのをきっかけに、ある時ご寄稿をお願いし、ご快諾頂いた次第です。

フィラテリックジャーナルでは英訳文章のチェックをしている関係で、編集をする中で、当該分野に自然と詳しくなります。その観点に到達した上で自分の手持ちのステーショナリーを見返してみると、天野さんがお書きになられた範囲であるフォアランナーから憲法公布迄の記念はがきの使用例で満足行くマテリアルをほとんど持っていない事に気付きます。各オークション紙を見ても出品数は決して多くなくかつそれなりの価格で落札されています。

今回の記事を契機によりこの分野の珍しさがクローズアップされることになると思いますが、その状況が伝わるように、カラー画像をふんだんに用いて編集を行いましたので、どうぞお楽しみになさってください。



閑話休題2
<JAPEX2014 企画出品のお知らせ>
先日少し書きましたが、JAPEX2014の企画部門に次の2作品を出品する事になりましたのでお伝えします。

1)記念切手使用例に見られる欧文機械印
今年の企画出品テーマは発行120年を迎える「記念切手」ということで、記特研メンバーの端くれとして何かを出したいなと思ったのですが、ホームページを見てもどうも出し方がよく分からない。
そこでJPSさんの会員事務局に問合せに行ったところ、翌週には是非という話になりまして、本展示を行います。

展示内容は、マルコフィリーの観点で収集している欧文機械印の収集品から、一軍・二軍を問わず、記念切手のカバー、単片を全部抜き出してきたものになります。企画展示だからできるのですが、戦前の古いところから昭和40年代の物までをカバー中心に、単片も配してレイアウトしました。

欧文機械印のカバーをお持ちの方はご存知だと思うのですが、普通のリーフには正しい向きに展示ができません。そこですべてダブルリーフで展示を行いますので、見た目もよくなるのではないかと思います。どうぞご期待下さい。


2)スイスクラシック
今年の企画出品テーマのもう一つである「スイス」について色々と悩み考えましたが、実行委員会よりご依頼頂いた当該作品を企画出品かつ競争出品する事にしました。

悩んだ背景の内最大の物は、私がメインコレクションであるGerman Statesとスイスクラシックについては、国内、海外問わず初出品から全ての切手展で自己負担で保険をかけているという点にあります。
今回も保険会社に見積もりを依頼しているのですが、今迄保険をかけなかった展覧会はありません。この点については全日展、JAPEX、国際展とも信用はしていますが信頼はしてはいけないと思います。というもの各主催者からは全ての出品者にとって保険の問題は自己責任だと明示されているからです。

おかげさまでミニペックス「第2回ヨーロッパ切手展」が在日スイス大使館のご協力を頂き、36フレームを埋める展示ができ無事開催できた事もあり、国内のカントン切手保有者としての努めは十分果たせたと思いますし、私としてもこの切手展をやることが本年の最大の目標でしたから良かったと思っています。

そうしたところ、8月下旬に上記「記念切手使用例に見る欧文機械印」の出品申し込みをした時に、事務局よりスイスクラシックの競争出品部門への出品を打診されました。口頭での話に即座に判断できる金額の話でないので「文書で依頼があれば検討します」と回答申し上げたところ、そこから3週間後くらいに先日書いた様な依頼状が届き迷っていたところまでは既に書きました。その後、郵便史研究会や各種MTGで色々な方に相談したところ、最終的には保険金を負担するのだから個人の判断次第だが、出してもらった方が日本の郵趣界の為には間違いなくなるというご意見が大半で、最後はえいやっで出品する事に決めました。うーん。保険金が。。。。

手続き面について気にされている方がいらっしゃる様なので若干の補足をしますと、文書依頼と僕の判断に日数がかかると、優秀な事務局のご担当の方が予め予測していたのでしょうかね。その方から9月の頭の時点で申込書の記入を強くお願いがありましたので「文書でご依頼を頂いても必ずしも受諾するという事ではなく、そこから初めて検討を始めるというのでよいのであれば書きます」とお伝えした上で申込書を書くと同時に、作品も早目に預かりたいという事だったので、これも「預けたからと言って出品する確約という意味にはならなくていいのであれば、第2回ヨーロッパ切手展での各出品者の展示作品を一週間前に持ち込むのにあわせてお持ちするのは可能です」とお伝え、持ち込んでおりますので念のためかきそえます。

僕はJAPEXの実行委員会側の人間ではありませんので、出す確約もしていないのに、何でこんなにせっつくんだろうとその当時は思っていたのですが、コメントで気にされている方がいらっしゃいましたので、なるほどねー、と思った次第で、その点はクリアできる様になってみるみたいです。たまたま第2回ヨーロッパ切手展が締切時期に開催されていて、作品を事前に持ち込んでいたというのも偶然ですが、事務局的には良かったみたいですね。

ということで以上2作品を本年の企画に賛同して出品致しますので、もしお時間ございましたら是非ご覧頂けましたら幸いです。
特に欧文機械印は、ここでしか展示できない様な作品ですので、ご批評も含めて感想をおきかせください。






関連記事
[ 2014年10月11日 12:35 ] カテゴリ:Philatelic Journal | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索