Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  日本通常切手  >  超現行 >  レターパックライトの新種が郵便局窓口に出現(2014.10.6 海事ビル内局)

レターパックライトの新種が郵便局窓口に出現(2014.10.6 海事ビル内局)

昨日ようやっと、Stampedia Philatelic Journal2014を校了し、印刷会社にデータを渡すことができました。石の上にも三年と言いますが、当誌はそれを越える4年目を遂に迎える事になり、発行者兼編集者として喜んでおります。

特に今年はプライベート面で3-5月が多忙になってしまい、そのしわ寄せが、後の各種切手展への展示や雑誌の発行に波及し、フィラテリックジャーナルの発行も綱渡りの連続でした。ご執筆頂いた皆様のおかげで無事校了でき、今となっては喜びもひとしおです。

ところでその編集もまさに最終コーナーを回っていた10日程前に、レターパックライトの一目瞭然の「新種」を見つけました。ずっと記事にしたかったのでやっと書く時間が取れて嬉しい限りです。(図の右が従来の物。左
が今回見つかったもの)
20141016_8.jpg

新種を最初に確認したのは、2014.10.6 海事ビル内局で、午後5時の閉局直前に一枚だけレターパックライトを買った後、喫茶店で気付きました。その場でそれを実逓にした翌日、再び郵便局に行ったところ、海事ビル内局のライトはすべて新種。至近の麹町本通郵便局は従来型のライトを販売していました。

レターパックプラスの方(赤い封筒)は両局とも新種を確認できず、海事ビル内局の局員と立ち話をした中では、ポスト投函のライトに比べて、プラスの方は手渡し配達なので、詐欺に使われる事は少ない為、新種が出回っていないのではないかとのことでしたが、あくまで現状結果からの推測なので、今後発行されないとは限りませんので定期的に500円を購入してチェックして行きたいと思います。

20141016_9.jpg
細部の違い(上が新型、下が従来型)

20141016_91.jpg
細部の違い(左が従来型、右が新型)
関連記事
[ 2014年10月16日 03:48 ] カテゴリ:超現行 | TB(0) | CM(5)
レターパックについて
上が新型ではないでしょうか? 私の持っていますのは、全て下ですから。
[ 2014/10/16 13:37 ] [ 編集 ]
訂正しました。
tabitoさん、その通りでした。訂正しました。
[ 2014/10/16 13:49 ] [ 編集 ]
郵便局
海事ビル内局、麹町本通局のどちらも一時期大変にお世話になりました。懐かしいですね。
ところで、新刊、楽しみにしています。
[ 2014/10/17 22:59 ] [ 編集 ]
孫文様
ひょっとして大学があのあたり?ですか?
それともお仕事?
孫文さんはずっと関西というイメージがあっただけに意外です!
[ 2014/10/19 00:10 ] [ 編集 ]
東京都民
東京都民は12年間やっていました。
その内の3年間は、麹町6丁目でしたので昼休みに上智大学の学食に寄ってから郵便局にマネーオーダーを依頼するという事を数えきれないくらいやりました。Paypalなんて誰も知らない(というか存在しなかった)時代です。そう言えば結婚式のパレードで会社の前の通りが警備の対象となり休みになったのもこの頃でしたね。
[ 2014/10/21 21:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索