Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  未分類 >  第1回郵便制度史展開催 + 記念カンファレンスおよびレセプションのご案内

第1回郵便制度史展開催 + 記念カンファレンスおよびレセプションのご案内

第 1 回郵便制度史展 開催のご案内

日時:2015.4.10(金)-12(日) 10:30-17:00
場所:切手の博物館(目白)
主催:郵便制度史展実行委員会(委員長:行徳国宏)
後援:特定非営利活動法人日本郵便文化振興機構、無料世界切手カタログ・スタンペディア株式会社
展示:7名7作品
・内国郵便整備史(1883-1900)―郵便条例から郵便法へ― (片山七三雄)
・訴訟書類郵便(中村悟)
・内容証明郵便制度(町屋安男)
・日本における配達証明郵便(行徳国宏)
・外信低料郵便物 1947-1959(岩崎朋之)
・日本の急速送達郵便史 ― 飛脚時代から速 達全国化直前まで(池田健三郎)
・内国葉書の郵便史 1873-2014(吉田敬)
催し:作品解説および出品者による即売

展覧会の参観は入場無料です。どうぞお越しください。




第1回郵便制度史展の開催を記念して、カンファレンスとレセプションを開催いたします。
(有料・事前申込み必要・30席まで)詳細は下記になりますので、ぜひご参加ください。


第 1 回郵便制度史展 記念カンファレンスおよびレセプション 実施要領
日時:2015 年 4 月 11 日(土)
   17:00-17:30 受付
   17:30-18:30 記念カンファレンス
   18:30-20:30 レセプション
場所:Osteria Hada(オステリア ハダ)
   目白駅徒歩 4 分 (改札を出て左折、りそな銀行の脇を斜めに入ってすぐ)
   東京都豊島区目白 3-6-4 目白ビル B1F
   電話 03-5988-0030
プログラム:
  (1)開会
  (2)記念カンファレンス(17:30-18:30)
   「郵便制度史研究の現在・過去・未来」と題し、当展実行委員会メンバ ー
    3 名(行徳国宏・吉田敬・池田健三郎<ファシリテータ>)がディス カッショ
    ンを行います。当日は、カンファレンス参加者限定の文献を配布致します。
  (3)レセプション(18:30-20:30)
  イタリア料理のフルコース・ディナーをお楽しみいただきます。
  (4)閉会
会費:7,000 円(当日受付にて申し受けます)
   ※2 日前以降になりますとキャンセルできません(全額会費をいただきます)
ドレスコード:平服

ご参加のお申込み(3.20締切、先着30席)
メールにて、実行委員会・池田あてに 「お名前(フルネーム)および当日連絡可能な電話番号」をご連絡願います。 アドレスは、ikeda.kenzaburo@gmail.com です。 必ず折り返し確認メールをお送りします。予定数に達しましたら締切ります。


*パネリストおよびファシリテータ紹介

 パネリスト
 行徳 国宏 GYOTOKU, Kunihiro
  今回、「日本における配達証明郵便」を出展。
  速達郵便、第 1 種無封・第 4 種郵便等を研究。
   1938 年生(76 歳)。蒐歴 55 年。

 吉田 敬 YOSHIDA, Takashi
  今回、「内国葉書の郵便史 1873-2014」を出展。
  切手のゼネラル収集をメインとする。
  1967 年生(47 歳)。蒐歴 8 年。

 ファシリテータ
 池田 健三郎 IKEDA, Kenzaburo
  今回、「日本の急速送達郵便史 ― 飛脚時代から速 達全国化直前まで」を出展。
  急速郵便(別段急 便・別配達・別仕立・速達・航空)等を研究。
   1968 年生(46 歳)。蒐歴 39 年。



誠に恐れ入りますが、カンファレンスおよびレセプションにご出席いただける場合には、3 月 20 日(金)までにご 連絡をいただきたく、よろしくお願い申し上げます。なお、この記念カンファレ ンスおよびレセプションは会場の制約上、席数 30 までと限られておりますの で、お申込み受付は先着順とし、予定席数に到達次第、締め切らせて頂きますの で、何卒ご了承願います。

2015 年3月吉日

第 1 回郵便制度史展実行委員会
委員長 行徳 国宏
委 員 池田健三郎 岩崎 朋之 片山七三雄 中村 悟 町屋 安男 吉田 敬
関連記事
[ 2015年03月09日 17:00 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索