Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  未分類 >  スタンペディア英国クラシック切手カタログ 増刷(初版第2刷)のお知らせ

スタンペディア英国クラシック切手カタログ 増刷(初版第2刷)のお知らせ

本年4月に200部発行した、スタンペディア英国クラシック切手カタログですが、たいへんご好評をいただいております。版元在庫がほぼなくなり、郵趣8月号掲載により郵趣サービス社様取扱分も一旦在庫がなくなり、増刷のご依頼をいただきました。

今後の需要も大きく見える事に加えて、当カタログはなるべく長期間に渡り在庫を保持し、新たに英国切手収集を始めようと思う方のお役に立ちたいと考えておりますので、60部ほど増刷することにいたしました。従いまして引き続き、郵趣サービス社ならびに目白の切手の博物館のミュージアムショップでお求めいただけます。

ちなみに初版第2刷となり、内容は変わりませんが、体裁を若干変えましたので、万一世田谷区の方に文献コレクターの方がいらっしゃいましたら、個別に「第二版希望!」とご連絡下さい。

今回のカタログの評価は発行元が思うよりもはるかに高く、嬉しい限りです。その評価は(1)カタログ部分と(2)読み物部分の二つに大別されます。

前者については代表図版でごまかしていないことに加えて各図版が大きなサイズのカラーで掲載されていることと、英国の最新相場を調査した上で、完全品・普及品の二つの評価を掲載するといった、現実の収集家のニーズに応えた再録だったことが奏功しました。

また後者については、伊藤昭彦さん、畠山茂樹さん、早瀬英雄さんの御三方による専門論文により、これまでのカタログでは理解の及ばなかった初期シリーズの製造面や使用面の理解が進んだ事が、今流行りの「ワンランク上のゼネラルコレクション」に臨む上で評価されました。

各所より今回と同形式の同程度の金額のカタログの第二弾の発行のご要望をいただいております。どこの国で出そうか?色々と考えおりますので、どうぞご期待下さい。

ちなみに要望は圧倒的に外国クラシックが多いですね。私も基本的にはそこが収集範囲なので、面白い物も提供できると思います。イギリス切手にしてもQE2の記念切手になってしまうと紙のカタログに掲載する必要をあまり感じません。
そんなところにコストをかけるのではなくネットのスタンペディアを見ていただくか、図入りリーフを埋めてもらう方がいいと思うので、それはそれでまた別のプロジェクトとしてご提供したいと思います。



英国クラシック切手カタログ
関連記事
[ 2015年08月14日 12:32 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索