Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  未分類 >  スタンプクラブ2016 ユース郵趣サポーターご協力のお願い

スタンプクラブ2016 ユース郵趣サポーターご協力のお願い

ユース層に向けた郵趣普及の為に「誌代無料のフリーペーパー」である「stamp club」を2013年に創刊し、すでに三年間発行して参りました。まったく誰もやったことのないアプローチでのプロジェクトですので全てがうまくいった等とまでいう気はありませんが、三年間を総括すると、予想以上に効果がでてきたのではないか、と感じています。

これは当プロジェクトの目的が「30年後の郵趣人口の確保」にあると明確にしているから成果が感じられるのだろうと思います。スタンプクラブの発行部数や発行回数、配布数を伸ばす事自体はさほど難しい事ではありません。極端な話、切手展の展示数を増やすことも可能でしょう。しかしそれは大人の自己満足でしかないこともまた事実であり、私どもはそのような昔ながらのジュニア育成方法は、効果がないことがわかっているので、とらないことにしています。

正確な結果は30年後にしかわかりません。しかし、実際にジュニア、ユース収集家とやりとりをすると、30年後に彼らが郵趣活動をしてくれるためのロジック作りが見えてきます。そして、その手法として私どものプロジェクトでは、インターネット、なかでも電子メールに軸足をおき、なるべくお金をかけさせずに、切手集めの魅力を深掘りすることを第一のポリシーとしています。また第二の矢として、ユースが収集を中断することを前提にした復活の契機作りをこれまたインターネット上に整備することにしています。これは復活組のコレクターに対する導入としても成果をあげられる点で一石二鳥です。

この一年は特に電子メールによるジュニア、ユースとのやり取りが軌道に乗り、彼らのニーズがダイレクトに伝わってくるようになりました。それによりどのようなコンテンツを提供してあげればよいのかが見えてきた一年となりました。
またパイロットケースとして、岩手県、宮城県、福島県、千葉県、埼玉県の5県の公立・私立図書館300強を選択して、スタンプクラブの献本を実施しました。これはユースやジュニアの新規来場がほとんど見込めなくなった切手展や郵趣博物館での配布が分母拡大につながらない事からフィラテリーと接点のないジュニアへのアプローチ方法として設定したもので、来年はより多くの図書館に対しての配布を実施したいと考えています。


さて、ここで来年の話です。
スタンプクラブは四年目となる2016年ももちろん刊行致します。そして発行は4月をめどに考えています。
先ほども書きましたが、4年目となる来年はいかに多くの公立・私立図書館に献本できるかにあると考えています。そしてそのためには、発行部数3万部を減らしてでも郵送料(10冊送れるスマートレターで@180円)を確保し、今年の300館に対して500館以上は送付したいと考えております。

そこで、皆様にお願いです。
2013年より全国のフィラテリスト及び収集団体の皆様に一口2,000円でサポーターになっていただくお願いを開始させて頂きました。初年の2013年は50口 100,000円の、そして2014年は156口 312,000円ものご支援を頂戴する事ができました。この強力なサポーターの皆様のご支援により当初予算ではせいぜい100館に献本できればよい程度で組んでいましたが、結果として300館に献本ができたわけです。

2015年はこれにもましての、サポーターのご支援を賜りたいと考えております。どうぞ宜しくお願い申し上げます。


stamp club 2016 サポーター ご協力のお願い

一口2,000円で募集しています。

ご送金方法
(1)郵便振替:00100−6−323638 加入者名:吉田敬
(2)PayPal:kaimono@kitte.com 宛てにご送金下さい。

ご支援賜った方のご芳名(団体名、ニックネームも可)を2016年号等に掲載すると共に、次号発行と共に見本紙を10部贈呈いたします。(それ以上の数量の配布をご希望の場合も最優先で対応します。)
関連記事
[ 2015年10月28日 12:00 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索