Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  競争切手展  >  WSS NY2016 >  WSS NY2016 出品料の支払いについて その2

WSS NY2016 出品料の支払いについて その2

World stamp show New York 2016 は、2016/5/28から6/4まで米国ニューヨークで開催される国際切手展です。

私吉田は同展覧会の日本コミッショナーに選任され、2015年頭より活動してきており、順次報告を本ブログ並びに、共有の必要がさらにあると考えたものについては国内各団体へ電子メールでお送りしております。

1/22の本ブログで掲示したように、同展覧会より日本からの出品に関わる展示料金(Frame Fees)の合計金額の請求がありました。これは同展覧会への展示を申し込みアクセプトされた人が負担する料金で、各出品者に対して本日支払金額並びに方法をお伝えいたしました。

気になる交換為替レートですが、私の判断が当たったようで、立て替えて実行委員会へ支払った時の為替レートは117円88銭でしたが、現時点のレートは121円05銭ですので、少しはみなさんに喜んでいただける結果になったと思います。
一人一人に直すと数千円ほど負担金額が減っただけなのですが、為替交換って不利なレートになると不思議に悔しくなる博打ですから、精神衛生的によかったかなと思います。

20160122_1.png20160131_1.png

実行委員会からの出品フレーム料金の立て替え請求に加えて、希望者に対する「出品物運搬サービス」の詳細も決定し、文献部門以外の出品者にはお送りしましたので、ご活用いただければと思います。

なお現時点でのコミッショナーのフライト予定は以下の通りです。
NH010: TOKYO(NARITA) 27MAY16 FRI 1100発 NEW YORK(JFK) 27MAY16 FRI 1045着
NH103: NEW YORK(JFK) 05JUN16 SUN 1805発 TOKYO(NARITA) 06JUN16 MON 2100着
関連記事
[ 2016年01月31日 09:40 ] カテゴリ:WSS NY2016 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索