Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  競争切手展  >  WSS NY2016 >  NY2016出品リストの公式発表がされる

NY2016出品リストの公式発表がされる

World stamp show New York 2016 は、2016/5/28から6/4まで米国ニューヨークで開催される国際切手展です。

私吉田は同展覧会の日本コミッショナーに選任され、2015年頭より活動してきており、順次報告を本ブログ並びに、共有の必要がさらにあると考えたものについては国内各団体へ電子メールでお送りしております。

先週、同展覧会の出品リストが実行委員会の公式発表よりも先にLinn's特別号に掲載された旨をご報告いたしました。その後もなかなか実行委員会のホームページにはリストが掲載されませんでしたが、ようやく日本時間本日午前1時に、掲載が開始されたとの連絡がありましたので、皆様にお伝えします。

公式ホームページにおける出品一覧

Linn's特別号との差があるかどうかは未確認ですが、今回のものが公式発表になります。また実行委員会では今後の修正もある旨認めています。

なお連絡時には他にも競争展に関する面白い情報が掲載されていたので、幾つか共有します。
・展示フレーム数は当初計画が3800、実際には一割近く増強して4125になった。
・応募作品の総フレーム数は6500に達した。
・展示されることになった4125フレームの顔ぶれを見れば、ここ何年ものFIP展で最高レベルであることがわかるだろう。
・三大部門の出品数は、TR159,PH204,TM61。
・他に多いのは、ワンフレーム(米国ではSingle Frameと呼ぶみたいです)、ユース52
・文献は175で予期していたよりもはるかに多かった。
・メダルのデザインが公開された。(図)銅製。裏面のルーペの内側には出品者の名前を彫る予定。ネヴァダ州北部で作っている。
・展示フレームはテキサス州で製造しており、続々とニュージャージに集まりつつある。5/25には会場に運び込む予定。
・展示フレームは会期終了後に販売する。
20160411_01.jpg

関連記事
[ 2016年04月11日 07:46 ] カテゴリ:WSS NY2016 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索