Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  スイス >  スイス切手のリコンストラクション

スイス切手のリコンストラクション

スイスのコレクションを作るにあたり、Knowledge点を獲得するためにリコンストラクションを積極的にやっていくことにしました。スイス連邦初期シリーズであるRAYONは全てポジションとプレート分類がされているので解説書を見ながら手持ちを分類します。

RAYON3は単色刷りで、1シート180面構成ですが、10枚(横2枚 X 縦5枚)ごとの原板を18回繰り返して印刷版にしたため、赤の文様(うにょうにょ)を確認することにより、当初の10枚の中の位置を特定することが可能で、それをタイプ1-10と呼んでいます。

幸い僕の手持ちで6つまで埋めることができました。タイプ9の真贋はちょっと疑っていますが。。。

この切手を皮切りに色々なスイスクラシックのリコンストラクションを楽しみたいと思います。カバー一通買うお金でかなり楽しめそうですし、知識もつきそうです。

関連記事
[ 2012年07月21日 10:59 ] カテゴリ:スイス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索