Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  競争切手展  >  WSS NY2016 >  NY2016後日談(1)

NY2016後日談(1)

NY2016のコミッショナー業務もほぼほぼ終了しました。
(まだ3つほど表彰状が届いていないので、それの催促を週一くらいでやっています。)

コミッショナー業務とは別のところで、出版社として進めていた「フィラテリストマガジン」におけるNY2016特集も無事終了。アンケートを見る限りは過半数の方からお喜びの声を頂いており、出版社冥利に尽きます。

そして、一緒に行った仲間ほかの書いた手記や投稿も徐々に、郵趣メディアに登場した模様。
出るたびにリストアップしていきたいと思います。


(1)安藤源成さん

メールで地元紙に投稿された「World Stamp Show NY2016 参観記」をご恵贈いただきました。
安藤さんは今回のNY旅行ならびに国際展を本当に楽しんでくださったのだということがわかり、読んでいて僕も嬉しくなってしまいました。
出展ブースに多数の人が居て寄りつけず何も買えなかったとのこと、それだけがお気の毒です。実は僕も今回は時間の都合で何も買えませんでした。
文末に「NYまではながかった!疲れた!!」と書いてありましたが、安藤さん、あの80歳を前にして、本当にお若いな、と思いました。
「独り旅、今回が最後かな・・・・。」とも書いてありましたが、2年後のプラハ展会場に安藤さんがいる確率は限りなく100%に近いのではないでしょうか。(笑)


(2)木戸裕介さん

「たんぶるぽすと」に参観記を投稿されていました。社会人2年目にして4泊6日でNY行きした木戸君。自分が同じ境遇にいたとして、社会人2年目のことを考えると、多分色々と理由をつけて行かなかったんじゃないかなと思います。そういうフィラテリストが大半の中、若いのに木戸さんのフィラテリーへの情熱は素晴らしいと思いました。

しかし、とはいえ現地で過ごせるのは正味5日間となると、見ることのできる範囲は限られてきます。
実は2年前のマレーシアで開催された半分アジア展/半分世界展という展覧会で木戸さんと僕は全フレームを見るということを達成したのですが、あれはせいぜい1000フレームでしたから、今回の切手展の20-25%に過ぎません。加えて作品の重味はやはり欧米に一日の長があり、流して見ようにも、どんどん切手が勝手にこちらに主張してきます。

案の定、木戸さんが見ることができたのは伝統郵趣だけ。郵便史に入りかけたところで無情にも帰りのフライトでタイムアップ。そこまでの作品参観の真面目なレポートは是非ご一読いただければと思います。


(3)福井和雄さん

「郵趣」7月号目次に掲載の「クローズアップ」にNY展参観のコメントがあって、あれ!と思いました。僕はコミッショナーだったので、毎日会場に居て日本作品のお守りをしていたのですが、JPSの方は玉木さんしかお見かけしなかったので、福井さんもいらしているのを存じ上げませんでした。存じ上げていればご挨拶しておりましたのに失礼いたしました。向う10年で最大とも言われているNY展でしたので、出品者であるか否かにかかわらず、また一人日本からフィラテリストが参加されたことを知り嬉しい限りです。

コラムではNY展に対して若干ネガティブなコメントもお見受けしましたが、人の少ない時期のご訪問だったのかもしれません。というのも日本のスタンプショウ2016が、初日大混雑、二日目・三日目ガラガラだったように、ブース狙いの人はやはり初日に殺到するのが洋の東西を問わず同じだからです。

また会場が広いという米国の規模に僕も圧倒されました。例えば作品数が5分の1程度でフレームの間に人が二人すり抜けられないような昨年の香港アジア展と比べると人口密度は相対的に低くなります。しかしこれはむしろ良いことだったと考えたらいいんじゃないかなと僕は思います。むしろ会場全体の人口は比べ物にならないほど多かったと思います。これに加えて地階では、国際的オークションが連日開催され、さらに100を超える専門例会があり、全部を楽しみ切るのは誰にもできないことでした。確かに同様のものは向う10年はできないと感じました。

国際的なディーラーも含めての200ブースは米国ならではの物量で、知人のフィラテリストは中国関係のマテリアルをかなり掘り出せたと言っていました。ブースが空いていたなら知識のあるフィラテリストにとってはむしろ掘り出しのチャンスで、ブースで購入できなかった僕としては羨ましい限りです。




関連記事
[ 2016年06月27日 12:00 ] カテゴリ:WSS NY2016 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索