Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  競争切手展  >  WSS NY2016 >  WSS NY 2016 コミッショナー業務終了の報告

WSS NY 2016 コミッショナー業務終了の報告

「World stamp show New York 2016 は、2016/5/28から6/4まで米国ニューヨークで開催された国際切手展です。私吉田は、池田健三郎さんと共に、同展覧会の日本コミッショナーに選任され、2015年頭より活動してきており、ほぼすべての活動を無事に完了しました。」と、8/15に書いて以来のWSS NY 2016 コミッショナー業務についてのブログポストとなります。

同日のポストで「ほぼすべての活動を無事に完了」と書いた通り、ほぼすべてのコミッショナーとしての業務は完了していたのですが、一業務だけ本日まで完了しておりませんでしたが、ようやく本日完了し、本日安堵のため息とともに、このブログポストを書くことができ、喜んでおります。

唯一の残存業務は、現地で配布に漏れがあり「後日郵送する」と言われて帰国して以来、何度も何度も電子メールで催促しても届かなかった、3名の出品者の方の表彰状をお渡しする業務でした。

どの切手展でも変わらないと思いますが、切手展終了後の、追加発生業務への対応は、期間前や期間中の対応に比べると、はるかに遅くなります。それはNY2016ですら変わらず、何度も何度も催促してようやく到着したかと思えば、表彰状の表示内容にミスがあり、再度依頼するという有様でした。

NY2016の熱狂が終わり、早半年が経ちますが、これを持って、WSS NY 2016 コミッショナー業務の終了報告とさせていただきます。幾つか重大な問題は生じましたが、私にとってコミッショナー業務は、言われていたほど大変ではありませんでした。これも事前に多大なるアドバイスをくださった佐藤浩一さん、内藤陽介さんのおかげです。お礼申し上げると共に、コミッショナーマニュアルが存在しないために『コミッショナー業務は大変だ』という概念が一人歩きして、コミッショナー候補者の受け皿が広がらず、一部のフィラテリストに過重なご負担が偏る現状を改善するために、この貴重な経験をどこかでまとめて発表できればと思います。

なお最後になりますが、2015年12月より全日本郵趣連合からセカンドコミッショナーとして追加選任された池田健三郎さんの果たした役割は、特に入国から帰国までの現地での行動において大きなもので、感謝しております。彼とは時々ブログを通じて意見の衝突があり議論を何度かしておりましたので、周囲には『呉越同舟』を心配される向きも多かったのですが、お互い理性的に議論できるビジネスマンであることがベースでしたので、とことんまで話をして各種業務に当たることで、むしろ相互理解が深まり順調な業務遂行が可能となりました。

もっとも彼と一緒に働くことを開始せざるをえなかった1年半後に、NPO郵趣振興協会を一緒に設立するところまで関係が進んだのは、私にとっては軽い驚きです。何しろジュニア時代は片や満月印撲滅派、片や満月印コレクターでしたから。お互い丸くなったものです。





(腹が)



関連記事
[ 2016年12月21日 00:00 ] カテゴリ:WSS NY2016 | TB(0) | CM(2)
仲良し
趣味の世界ですから「仲良く」が一番!!
議論は大いに結構ですが、喧嘩ばかりでは何も生まれません。虚しいだけです。



[ 2016/12/23 21:23 ] [ 編集 ]
孫文さん、誤解されているかと思いますので、コメントします
「議論をすること」と「喧嘩をすること」は似て非なるものです。

私は池田さんと意見の衝突があり議論を何度かしましたが、それを「喧嘩している」等と捉えたことはありません。なぜなら異なる人間で全ての点において意見が一致しないことは普通のことだという共通認識のもと、お互いに理性的に話をしていたからです。この議論を通じて、NYコミッショナーの業務がうまくまわったことからも、議論のおかげでうまくいったことが証明できると思います。

したがって「理性的でない議論から生まれるものは少なく虚しいだけ」と考えるほうが良いのではないでしょうか。

次に、意見の衝突を恐れて全ての事柄を議論もせずになぁなぁで決めることがフィラテリーのプロモーションにとって一番良いかというと極めて疑問です。実際には、理性的でない大きな声の人のやり方が通ってしまうことだって、郵趣の世界では未だにあります。サイレントマジョリティーが不満を持ちつつ、それに従うというような「仲良し」が良いとは私には思えません。

これらは理性的な議論をしないことのツケだと私は思います。むしろ一部の人の暴走を止めるためにも理性的な議論をできる人はどんどんやるべきだと思います。加えて、池田さんと私は、郵趣の振興を行う団体を経営するわけですから、今後皆様からお金を集めることに対して説明責任が生じます。趣味に関わることだからこそ、しっかりとした経営をしたいと思います。
[ 2016/12/23 21:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索