Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  未分類 >  青少年フィラテリストの育成を真剣に行わずに、考えているような発言するのは偽善です。

青少年フィラテリストの育成を真剣に行わずに、考えているような発言するのは偽善です。

維持会員として支援しているJPSの「郵趣」の巻頭には、毎月理事長が巻頭言を書いています。いいことを書いている月もあるのですが、2017年1月号の巻頭言を見て驚きました。まずは引用します。

それから60年。「おまけつきグリコ」は健在だが、切手と小中学生とはまったく無縁になってしまった。これは“グリコ切手ブームの生き残り”を自称する私にとっても全く悲しいことで、「還暦」を手掛かりにした復活の手立てはないか、思いを募らせながらの迎春となった。JPS理事長 福井 和雄

なるほど。WEB上に公開されている、「2015年度決算報告書」の「正味財産増減計算書補足説明」を見れば「受取会費会員在籍数 8,052名 終身維持会員50名、維持会員151名、正会員2,644名、普通会員5,184名、ジュニア会員23名」とあり、JPSのジュニア会員(年会費2400円でスタンプマガジンを発送)が23名しかいないことがわかります。

しかし、知的好奇心が高く、ネットの検索も使いこなせる今の、小・中学生にとって、2400円は切手自体の購入も含めて使いでのある金額であり、それを会員になることで使ってしまおうと思わせるには相当な価値の提供がなければ無理だと思います。顧客満足度調査を一度でもしてみれば見えてくると思います。

つまりこの「巻頭言」の嘆きは
  1. 魅力のない「日本郵趣協会のジュニア会員」の会員数が増えないことへの嘆き
  2. 嘆いているだけで無策
  3. 日本郵趣協会以外でのジュニア育成を一切無視する嘆き
と言う三点に集約できるでしょう。本質的に、青少年フィラテリストの育成自体を真剣に考え願ったものであるとは到底思えません。

あくまで年会費の取れる顧客ターゲットの一つのマスが埋まらない経営上の悩みの吐露でしかなく、判断のつかない青少年から取れるだけ取って、育成を考えない焼畑農業は20世紀の切手投資ブーム時代には通用したものの、そのカラクリのバレた今の情報化社会で再現できるはずはないのです。「切手と小中学生とはまったく無縁になってしまった」のではなく「日本郵趣協会と小中学生とはまったく無縁になってしまった」だけなのです

スタンペディアのスタンプクラブ事業はまだまだ小規模ですが、全国100人の青少年フィラテリストに毎月電子メールで情報を送っています。その中には収集歴が短期間であるにも関わらず有望な青少年もいます。ただし知的好奇心旺盛な彼らが必要とするコンテンツは、インターネットでも紙でも揃っておらず、当面の経営課題は彼らが切手への興味・関心を保持している間にそれら情報の準備が間に合うかどうかです。

なので「郵趣」巻頭言が「思いを募らせ」ているという「(小、中学生フィラテリストの)復活の手立て」はもうわかっていて、一にも二にもインターネットと紙で彼らの収集をリードするコンテンツを提供することなのです。

でもこれらのコンテンツ作成・販売は必ずしも黒字になるとはかぎらないため、日本郵趣協会としても、やるという決断を簡単には下せないでしょう。会員の中には「公益なのだからやるべきだ」という人も多くいらっしゃいますが、「赤字でも公益だからやってもいい」などという考え方は経営者の考え方ではありませんから仕方ないと思います。

しかし自前でできないだけでなく、日本郵趣協会の理事長は、既に青少年フィラテリストの育成で小さいながらも実績のあるスタンプクラブについて、協力を拒んでいます。もちろん選ぶ権利や断る権利は日本郵趣協会の側にありますから、これを問題視しているわけではありません。囲い込み戦略も経営の常套手段です。

しかしながら、ジュニア育成への効果的な投資を自らは行わず、他団体の効果的な青少年育成策に協力しない状況で、青少年育成の手立てがないか考えている旨の発言を、郵趣の普及をうたう公益財団法人の理事長として書くのは偽善です。日本郵趣協会の理事長がしていることは「うちの有料会員になったり、活動に参加する以外のジュニア収集家などいらない」です。

ある団体のできることには限界があります。日本郵趣協会の理事長が広く青少年フィラテリストを育成する気がないというのも一つの経営判断だと思いますから、私も維持会員として、その経営判断には納得のいく部分もあります。しかしながら偽善はやめていただきたいと思います。

関連記事
[ 2016年12月25日 00:00 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(2)
そもそもスタンプマガジンの年間講読料が1500円なのに、ジュニア会員の年会費が2400円なのがわからない。差額の900円の価値は何処にあるんでしょうか。
[ 2016/12/27 23:51 ] [ 編集 ]
スタンプマガジンを無料で受け取っている人も多いはず
ふむぬくさん、スタンプマガジンですが、私は一度も講読料を払ったことがありませんが、ここ数年受け取っています。さして高額ではありませんが、何度か通販で買っているからだと思います。このような人は私の周りにも多くいらっしゃいますが、今ホームページでみたら、確かにJPSのジュニア会員は講読料が2400円と一番高いのですね。
[ 2016/12/28 07:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索