Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  その他の切手展 >  暑中お見舞い申し上げます

暑中お見舞い申し上げます

※ 全日本切手展初日に、今回の切手展でお会いできなさそうな関東地方以外の方宛てに送った暑中見舞いをWEBにて掲載します。
==============
大手町で開催されている、全日本切手展会場よりお送りいたします。
全日本切手展に出品するのは三回目となります。今回は「目打が発明されるまでの全ての切手」という5フレーム作品を展示します。Treatment点が余り稼げない作品で上位賞は見込み薄ではあるのですが、毎回審査員の方だけでなく多くの収友よりアドバイスを頂き、私を育ててくれた競争展でもある全日展の新たな門出ですので、祝砲の意を込めて、あえて話題になりそうな作品を作る事にしました。
 
今年の上半期は、いくつかの切手の雑誌にて記事を書かせて頂きました。その中で「郵趣」連載の「仏領切手物語」、「北陸郵趣」「郵趣研究」の玉六のヨ落札関連の記事は共に書くことで自分の整理となり勉強になりました。下半期は他誌で記事を書くだけでなく、昨年より私が主幹で発行を始めた「Philatelic Journal」の2012年版の刊行を予定しております。ありがたいことに国内外のフィラテリストの皆様に記事のお約束を頂けており、夏はこちらの編集に時間をさき、昨年よりもよい文献を発行できたらと考えています。
 
ところで私は郵趣品は文化財だと考えていますので、所有している間は積極的に展示をしていきたいと考えています。今後のコレクションの展示予定についてお知らせいたします。
以下の5つの展覧会につきましても、今回の全日本切手展同様に全力投球で良い作品を展示したいと思います。もしお越し頂いてお目通し頂く機会がございましたら、ご批評・ご意見などご教示頂けましたら幸いです。
 
11/2(金)-4(日)iphla2012(独・マインツ)郵趣文献の国際展です。Web部門に「Stampedia」をエントリーしました。
11/9(金)-11(日) JAPEX2012(池袋)何を出すか全日展が終わってから吟味したいと思います。二大競争展ですからもちろんベストを尽くします。
11/21(水)-23(金・祝) 南方占領地切手展(目白)僕が所属する数少ない切手クラブの非競争切手展です。中学二年生以来の占領地切手に取り組みます。
11/21(水)-25(日) Emirates2012(UAE・シャールジャ)4ヶ月前にして詳細未定のFIAP展ですが開催されるならエントリーします。
2013/1/19(土)-1/20(日) 第一回ヨーロッパ切手展(目白)友人の板橋君と主催する非競争展です。自分の理想とする切手展を実現したいと考えています。
 
最後にご紹介したヨーロッパ切手展は、日本郵趣協会のミニペックスの一つで、一発で終わるのではなく、テーマを変えて毎年冬に開催していく予定です。ドイツ、エストニア、ルーマニア等で世界的にも有名な板橋祐己氏の発案でご一緒させて頂いています。本年のテーマは「黒海」で、黒海沿岸七国について多くの収集家の協力の下開催予定です。
 
切手コレクションの展示や小型印の使用はもちろん行いますが、あわせてビデオを使った解説やインターネットを通じた作品集の展示も行い、理想の切手展について訴求していきたいと考えています。
 
暑さ厳しき折、ご自愛ください。
これからも何卒よろしくお願いいたします。
 
 
平成24年盛夏 
スタンペディア・プロジェクト
 代表 吉田 敬
 
※(画像)ブースでの衝動買いより。

関連記事
[ 2012年07月16日 01:00 ] カテゴリ:その他の切手展 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索