Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  未分類 >  第20回千葉郵趣人のつどい

第20回千葉郵趣人のつどい

本日は全国各地で郵趣イベントが集中した一日でした。首都圏でも主なものだけでも、いずみ切手研究会例会、タカハシスタンプオークション、ジャパンスタンプオークション東京下見会が開催されましたので、体が二つあったら・・・と思った人は多いはず。

私は午前中ジャパンで過ごし、そのあとは千葉駅至近で開催された「第20回千葉郵趣人のつどい」に参加してまいりました。千葉県はスタンペディア日本版(フィラテリストマガジン)の読者数が全都道府県第4位の18人で知り合いの方が多いだけでなく、市川郵趣会は私の住む四ツ谷からも電車で28分と近く例会にも何度か参加させていただいており、催事があればできるだけ顔を出させていただいております。5月の舛添ホテル合宿例会では講演を依頼されており、書留葉書についての発表を考えております。

本日の集いにも30名近くの方がお集まりになられ、怒涛の盆回しが行われ、一緒に参加した岩崎朋之さんと目を回しながら楽しい時間を過ごさせていただきました。ワンフレーム展もレベルが高く、中でも昭和28年12月25日に、奄美群島が本土復帰した時点の年賀特別取扱郵便物、つまり琉球切手を貼った、昭和29年1月1日の年賀はがきに驚かされました。ベストスリーの表彰には入っていませんでしたが、素晴らしいものを見せていただき、感激しました。一体どなたのコレクションのものだったのでしょう。。。おおいに楽しめました。

閉場後の懇親会には所用のため参加できませんでしたが、主催者の皆様に御礼申し上げて閉場に合わせて帰宅いたしました。
関連記事
[ 2017年02月19日 22:43 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索