Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  未分類 >  メルボルン・アジア展

メルボルン・アジア展

二泊三日の短期滞在でしたが、メルボルン展より本日帰国しました。

20170403_04.jpg3.31には、メルボルン展特集の掲載された、全日本郵趣の新刊も会場で配布され、日本人の皆さんの作品も楽しませていただきました。

審査員の皆さんにおかれましては、審査日程が短い中大変だったと思うのですが、基本的に妥当な審査結果だったのではないかと感じました。(ただし唯一、長島さんのカンガルーだけは厳しいなぁと感じました。。。)



個人的には、昨年の全日展で大金銀賞(国際展の『金銀賞』に相当)をいただいた『第三次動植物国宝』が、賞を維持でき、ホッとしています。これは、日本の『動植物国宝』として、国際展初の金銀賞となりますので、改めて後日ブログに書きたいと思います。

国際展の目的は人それぞれでしょうが、私の場合は、外国人、中でも英語ネイティブな出品者の作品を参観し、使える言い回しを得ることです。そのような中で期間中何度も鑑賞したのは、私が8月の国際展に同一トリートメントで出品予定の『プロイセン』を出品したオーストラリアの方の作品でした。知識面や料金解析でいくつかヒントをいただくことができた大変素晴らしい作品でした。

20170403_03.jpgところで、この展覧会は、(1)都市中心部から離れた競馬場付属施設を会場として使用し、(2)コストパフォーマンスの良いホテルを公式ホテルに指定し、(3)パルマレスは水族館(写真左:GPナショナルを獲得された永井さん、国際展初出品の英国部会の安藤さん、ご存知やまれんさん、初出品の菊地さん)にデリバリーを持ち込み、(4)スタッフ数も少ないものに抑えた、大変効率の良い切手展でした。

Australia 2012と比較すれば格落ち感は否めませんが、そもそも昔の切手展が無意味にバブリーだっただけで、会場の中は快適でしたし(強いていえば灯りが若干暗かった)、出品者は大した寄付ができるわけではないのですから、国際展を開催してもらえただけでもよかったと考えるべき時代でしょう。

むしろコミッショナー経験を持つ出品者として国際展で毎回気になることは、堅牢なフレームを使用しているか否かです。NY2016の様に予算がいかに多く、立派な会場で開催しようが、展示作品の保全が担保されないフレームを使用することは取り返しのつかないほど問題が生じる可能性を孕んでいると考えています。しかしながら今回の展覧会はアジア展であるにもかかわらず、国際展だったNY2016で使用されたフレームよりもはるかに堅牢なフレームを使用しており、当たり前のことではありますが、大変安心できる展覧会でした。

その上で予算規模が小さいのであれば、なお素晴らしいと思います。今回の展覧会を開催したオーストラリアのチームには、優秀なリーダーがいたのかもしれません。拍手を送りたいと思います。

関連記事
[ 2017年04月03日 11:58 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索