Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  未分類 >  メルボルン展、出品作品の返却

メルボルン展、出品作品の返却

先週末メルボルンで開催されていたアジア展の出品物がコミッショナーの長島さんより返送されてきました。長島さんの帰国翌日には早速ご発送いただけた様で、本当にありがたいことです。内容も一瞥しましたが、マテリアルの損傷なく全て戻ってまいりました。

20170405_01.jpg

コミッショナーの仕事は多岐にわたりますが、運搬に関わる個別契約を締結する場合にもっとも重要なことは、運搬を依頼されたコレクションを損傷なく依頼者に返却することです。今回は多少のトラブルでいくばくかの追加徴収料金がありましたが、昨今の世界情勢の激変のもと、海外運搬に多少の追加経費がかかるのは当たり前です。出品者は自分で運搬できないのですから、その分感謝してコミッショナーに費用の按分を支払うのが当たり前でしょう。

また、コミッショナーマニュアルの不在がかようなトラブルを減らせない一因でないとは言い切れない現状を見るにつけ、私と池田さんとで行い、問題なく全てを完了したNY国際展のコミッショナーマニュアルをまとめなければならないことを再度思い出させられました。色々なプロジェクトが同時に走っており、時間がなかなか取れないのではありますが、優先順位を再検討して、少しでも早く実現できればと考えております。

さて、本日からストックホルムに5日ほど行ってまいります。Philatelic Summit 2017参加のためで、ここでの講義内容を4/23に浅草で行う、第3回国際展ルール勉強会のブリーフィングに使いますので、今から楽しみです。ちなみに最近の私はすっかりJAL派なので、ラウンジでカレーを食べた後に、大門美智子のシリーズを見ることが機内の楽しみです。(どうでもいっか。そんなこと。。。プライベートをだらだら書くのは私の美学に反するので、これくらいで。)

関連記事
[ 2017年04月06日 10:10 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索