Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  未分類 >  第3回国際展ルール勉強会、30名の出品者・審査員が参加して、無事開催。

第3回国際展ルール勉強会、30名の出品者・審査員が参加して、無事開催。

今回で3回目となる『国際展ルール勉強会』が、外国切手出品者の会ならびにNPO法人郵趣振興協会の協力を得て、先週日曜日に開催されました。朝9時過ぎの開場と早いにも関わらず講師含めてちょうど30人、遅刻するかたもなく、約3時間の講義が行われ、みなさん熱心に聴講されていらっしゃいました。

すぐ近くに、郵便制度史展やスタンプショウの切手商ブースなど、楽しい催事の誘惑があるにも関わらず、多くの方がご参加くださり、熱心にご聴講くださいましたことに、まずは主催者として御礼申し上げます。

この勉強会は発足以来、スウェーデンで開催される郵趣サミットのブリーフィングを行ってきました。当初の対象は外国切手出品者の会のメンバー限定でしたが、前回日本切手やテーマティクの収集家の方に公開したところ、大きな反響があり、今回の開催で30名もの参加があるに至りました。

前回より出品者に加えて国内展審査員も参加されるようになりましたが、このように出品者と審査員が一緒に国際展ルールを勉強するという機会は欧米では当たり前の光景なので日本でもようやくそれが始まりました。ここまで長くかかりましたが、継続してきたことが良い結果をうんでいると思います。

講師としては、開催から二週間と記憶もクリアな内に実施できたことに加えて、これまでのように全てを紹介するのではなく、特に伝えたいと思う講義3つに絞り、詳細に説明を行ったことで、より多くの方々に理解されやすい内容になったのではないかと思いますが、これはあくまで仮説ですので、現在実施中の参加者へのアンケートにより、次回以降の勉強会の工夫をしたいと思います。まずは開催の報告まで。

20170424_02.jpg
(写真:池田健三郎氏)
関連記事
[ 2017年04月25日 00:00 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索